REVIEW

モンスターハンター

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ

全世界類型6500万本を超えるカプコンの大ヒットゲーム“モンスターハンター”を映画化した本作で、“バイオハザード”シリーズで成功を収めた、主演のミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督夫妻を始めとする製作陣が再集結。至るところでゲームへの敬意が払われているようですが、公式資料によると、まず超巨大モンスターはゲームに登場するモンスターをVFXで再現。また、ゲームの世界観を損なわないように、CGではなく本物の大自然でロケを行ったそうです。本作の脚本兼監督のポール・W・S・アンダーソンは、2008年からモンスターハンターのゲームをするようになり、2009年にはもうカプコンに映画化を持ちかけていたというから、並々ならぬ思いと気合いが伝わってきますね。
では、ゲームをやったことがない人が観るとどうなのかというと、何も知らないなら知らないで、倒しても倒しても出てくるモンスター達に素直に驚きながら観ることができます。どのモンスターが最強なのかも知らずに観る分、先が読めないので新鮮ですよ。そして、本作にはトニー・ジャーが出演しているので、せっかくなら接近戦が観たいと思う人もいると思いますが、そんな期待も裏切りません。むしろ、「なぜそこの2人そんなに戦うの!早く手を組みなさい!」とツッコミを入れたくなるくらい、見せ場がちゃんと作られています(笑)。ミラ・ジョヴォヴィッチの最強ヒロインぶりも健在で、超巨大モンスターを相手に勇ましく戦う姿を存分に見せてくれます。こういうアクション映画だとついつい俳優さんの筋肉に目がいくのですが、静かなシーンで観るミラ・ジョヴォヴィッチの腕には綺麗に筋肉がついていて、さすが〜という感じです(笑)。さらに、ロン・パールマンが超美味しい感じで登場。相変わらず存在感がスゴくて、主役をくっちゃうくらいのインパクトです。ストーリーはスピーディーに展開し、観終わってスカッとしますが、続きを予感させるエンディングで、こんなに激しい戦いだったのに序章に過ぎないのかもしれないと思うと、ぜひシリーズ化して欲しいと期待が高まります。

デート向き映画判定
映画『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ/トニー・ジャー

ストーリーに難しいことは一切なく、壮大なスケールと迫力のあるアクションなので、老若男女楽しめる作品です。恋愛的な要素もないので、気まずくなるようなこともなく、初デートや友達以上恋人未満の2人が観ても問題ありません。距離を近づけたい人や、お家デートをする仲に発展したい人は、本作を機に「家で一緒にゲームをしよう!」と、次のデートを約束してみるのもアリではないでしょうか。でも、誘う時はあざとくならないように要注意です(苦笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『モンスターハンター』トニー・ジャー

幼児にはまだ怖いと思いますが、小学生3年生くらいから上の年齢なら大好きなジャンルではないでしょうか。人間が次々とモンスターに襲われるシーンは刺激が強い部分もありますが、モンスターがすごくリアルに再現されていて大暴れするので迫力満点で、興味深く観られると思います。ティーンの皆さんの中にはゲームファンもいるかもしれませんね。いずれにしても、ティーンの皆さんにも人気のあるジャンルだと思うので、このスケールをぜひ大スクリーンで味わって欲しいです。

映画『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ/トニー・ジャー/山崎紘菜

『モンスターハンター』
2021年3月26日より全国公開
東宝、東和ピクチャーズ
公式サイト

© Constantin Film Verleih GmbH

TEXT by Myson

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP