REVIEW

人数の町

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『人数の町』中村倫也

借金で首が回らなくなった主人公は、借金取りから暴行を受けていたところを黄色のツナギを着た見知らぬ男性に救われ、ある町につれていかれます。そこでは衣食住が保障されていて、自由で平和な生活が送れると言われていましたが…。主人公が連れていかれた町と、その住人、そこを管理する者達の姿を、日本の社会問題にまつわる数字とともに綴った本作は、新型コロナウィルス感染症が流行した今では、ますますリアリティが増して感じられます。貧困や危険にさらされた生活を送ることを余儀なくされている人々が、とにかく生き延びることが大事という価値観になるのは否定できないし、他に生きる術がない人々にとって、そこはある意味ユートピアなのかも知れません。でも、“自由”という名の無責任が蔓延り、上っ面だけの人間関係でそれぞれが都合良く生きているこの町は実際はディストピアで、本作はそんなディストピアでの疑似体験をする機会を観客に与えることで、人生を他人に委ねてしまう恐ろしさを痛感させてくれます。観終わった後にズシンとしたものが残る作品ですが、エンタテインメントとしても見応えがあるので、こんな世界を体験するのが映画だけで済むように、ぜひご覧ください。

デート向き映画判定
映画『人数の町』中村倫也/石橋静河

ラブストーリーの要素もありつつ、カップルで観て気まずいということはないでしょう。人生観を問う内容なので、観終わった後の会話から、自然に自分達の相性がわかると思います。気楽に付き合っているうちは多少人生観が違っても合わせられるかも知れませんが、結婚を考えて付き合っている人は、敢えて相手を見極めるためにも、一緒に観て感想を聞いてみると良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『人数の町』中村倫也/立花恵理

小学生でも内容にはついていけると思いますが、人生観を意識するようになってから観たほうが見応えがあると思うので、せめて中学生くらいになってから観るほうが良さそうです。人の価値観はそれぞれなので、楽して暮らせるこの町に住みたいと思う人がいても仕方がないですが、人生が一生縛られてしまうという怖さを本作から知ってもらえたら嬉しいです。衣食住は大切ですが、それ以外にも人間らしい生き方に必要なものを考えるきっかけになるでしょう。

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河/立花恵理/橋野純平/植村宏司/菅野莉央/松浦祐也/草野イニ/川村紗也/柳英里紗/山中聡

『人数の町』
2020年9月4日より全国公開
キノフィルムズ
公式サイト

©2020「人数の町」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  2. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  3. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  4. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  5. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP