取材&インタビュー

『人数の町』石橋静河さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『人数の町』石橋静河さんインタビュー

社会的なしがらみや不安から解放され、自由と平等が約束された町の幻想と真相を描く『人数の町』。今回は本作でキーパーソンとなる紅子を演じた石橋静河さんにインタビューをさせて頂きました。本作のお話、俳優として、そしていち映画ファンとしての石橋さんについて、いろいろと質問させて頂きました。

<PROFILE>
石橋静河(いしばし しずか):木村紅子(きむら べにこ)役
1994年東京都生まれ。4歳からクラシックバレエをはじめ、2009年よりアメリカのボストン、カナダのカルガリーにダンス留学した後、2013年に帰国。その後、コンテンポラリーダンサーとして活動しながら2015年より俳優活動を開始。2016年にNODAMAP舞台“逆鱗”に出演。2017年には初主演作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で、第60回ブルーリボン賞、第91回キネマ旬報ベスト・テンなどで新人女優賞を数多く受賞。2018年にはNHK連続テレビ小説『半分、青い。』への出演で注目を集めた。主な映画出演作に『きみの鳥はうたえる』『二階堂家物語』『21世紀の女の子』『いちごの唄』『楽園』『37セカンズ』などがあり、舞台出演作に“ビビを見た!”“神の子”などがある。2020年にドラマ『東京ラブストーリー』(FOD、Amazon Prime Video配信)では赤名リカ役を演じた。


正義感だけでは生きられない世界

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河

マイソン:
映画の世界と似たようなことはありそうだけれど、実際にはここまでのことはまだ起きていないので、想像をすごく膨らませて演じられたのではと思います。撮影時はまだ新型コロナウィルス感染症が流行していなかったと思いますが、感染拡大した状況になってから観ると、すごく怖いというか、もっと映画の世界に近づいてきたと感じました。石橋さんは、撮影時と今とで本作への観方が変わった部分はありますか?

石橋静河さん:
撮影したのは去年の5月、初号試写が去年の10月くらいだったんですが、ちょうど昨日すごく久しぶりにこの映画を観ました。撮影は全然こういう状況になる前だったので、全く見え方が違って、それはすごくおもしろいなと思いました。

マイソン:
緑(石橋さんが演じた紅子の妹)の「生き残るのが重要」みたいな台詞があって、たぶんこれを2年前とかに観ていたら、そんな価値観はダメって思ったかも知れませんが、コロナで生活も苦しくなっている人が増えている今の状況だと、とにかく生き残るためにあの町に入りたいって思う人がいるのかなって思いました。

映画『人数の町』石橋静河

石橋静河さん:
そうですね、いるかも知れないですよね。撮影の時は私が演じた紅子からの視点で考えるから、やっぱり緑には本当に戻ってきて欲しいし、自分の大切な家族が幸せになって欲しいっていう思いのもと、一緒に元の世界に戻りたくても、その心が動かないとしたら、すごく悲しいことだなって思います。でも今コロナの感染が広まってから世界中でいろいろな問題が起きているのを聞くと、わからないですよね。紅子は最初本当に正義感でいてもたってもいられなくなってこの町にきますが、最後のシーンになる頃にはその正義感とか強さとか頑固さだけの紅子じゃなくなっているなって、脚本を読んで思いました。生きていく上ではそういうことだけではいられないし、そこが私はちょっと怖いなと。全然あり得る話だし、リアルだなって思いました。

マイソン:
私自身ディストピア映画は大好きなのですが、現実の世界が厳しいので映画を観る時くらいはハッピーになりたいっていう意見も世の中にはあるようです。ディストピア映画ともいえるこの作品の魅力というか、敢えて今これを観てもらう上での魅力は何だと思いますか?

石橋静河さん:
すごく笑えるシーン、シュールだなっていうシーンがいっぱいあるので、純粋にそれは楽しんでもらえると思います。「バカな人達ばっかりだな」って思って観て、でも観終わった後に「あれ?」って思う感じ。そういうおもしろさがあると思うので、怖がらずに観て頂きたいなと思います。

映画『人数の町』石橋静河さんインタビュー

思い通りにいかないことがおもしろい

マイソン:
映画の中で、人数の町の人は、いろいろな人の代わりをやっていましたが、もし石橋さんが俳優をやっていなかったらやりたかった仕事はありますか?

石橋静河さん:
10代の頃、もし数学がもっとできたら天文学者になりたいと思っていたんです。

マイソン:
星が好きなんですか?

石橋静河さん:
はい、星雲の写真などを見てすごいなって。真っ暗なのにその中にすごい色の星雲があって「わ〜!綺麗!!」と思って、そこからちょっと勉強したりしていました。

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河

マイソン:
すごい!!

石橋静河さん:
でも数学ができなかったので、諦めましたけど(笑)。やっぱり天文学って、かなり計算が必要だと思うので。そういう脳があったらやっていたかも知れないです(笑)。

マイソン:
なるほど〜。逆に俳優をやっていて良かったなって思うこととか、おもしろいなって思うことはありますか?

石橋静河さん:
思い通りにいかないことがおもしろいってことに気付けたことですかね。以前はバレエの学校に通ってずっとバレエをやっていたんですけど、バレエはある意味完成形があって、そこに向かっていく、もしくは型があるのでそれを維持するということが大事なんです。自分の体を思い通りに動かすということがすごく大事で、「このポジションは正しいけど、このポジションは間違っているから正さなくてはいけない」という考え方になるんです。でもお芝居って台詞があって役があっても、それ以外のことを自分で決められないじゃないですか。特に映画だったら、監督が何にOKを出すかだし、自分が良いと思っても監督がダメって言ったら撮り続けないといけないし、自分はこれだけできたと思っても全然違ったり、逆に自分はこれしかできなかったと思っても周りは違って捉えてそれがすごく評価されたり。だからそれは自分が想像していたこととは違うことだけど、それこそ想像し得ないことが起こるのがおもしろいんだなって気付くことができました。

マイソン:
そう考えると改めて深いお仕事ですね。ところで、普段映画はよくご覧になりますか?

石橋静河さん:
最近こういうこと(コロナが感染拡大している状況)になってから、あまり観られなくなってしまって。世の中が映画みたいで、本当にすごいことになっているから、あまり刺激を求めていないんだと思うんです。でもそうじゃない時は映画館に行って観るのが好きですね。

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河

マイソン:
いち観客として映画を観ていて、他の俳優さんの演技をすごいと思う時って、どんな時ですか?

石橋静河さん:
本当にいろいろな作風の作品があるんですけど、スクリーンで観るからこそわかるものってあるじゃないですか。大きく映された時に見える役者さん本人とキャラクターとの隙間というか、演じているなかからその人の美しさみたいなものが見える瞬間が、私はやっぱり好きですね。「この人はすごく芝居のテクニックがあるな」みたいなのもおもしろいと思うけど、それよりもその人の心の中の本質的な部分がチラッと見えたりするとカッコ良いって思います。

マイソン:
そういう意味で言うと、やっぱり俳優さんとしては、映画は映画館で観てもらいたいですよね?

石橋静河さん:
でもいろいろな方法があって良いと思うし、変わらないものはないので、いろいろな選択肢が増えて、映画を観てもらえる機会が増えるということも大事だと思います。ただ、やっぱり映画館で観るからこそ味わえることが絶対にあって。映画館で映画を観るって楽しいじゃないですか。それを皆が忘れてしまったら寂しいですね。

映画『人数の町』石橋静河さんインタビュー
ヘアメイク:秋鹿裕子(W)/スタイリスト: 吉田恵

マイソン:
そうですよね。では最後に一言だけ。ご自身が1番影響を受けた映画を教えてください。

石橋静河さん:
黒澤明監督の『生きる』です。本当に素晴らしくて、目だけでこんなに物語れるのかっていうのを感じた映画です。

マイソン:
ありがとうございました!

2020年7月10日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河/立花恵理/橋野純平/植村宏司/菅野莉央/松浦祐也/草野イニ/川村紗也/柳英里紗/山中聡

『人数の町』
2020年9月4日より全国公開
監督・脚本:荒木伸二
出演:中村倫也/石橋静河/立花恵理/橋野純平/植村宏司/菅野莉央/松浦祐也/草野イニ/川村紗也/柳英里紗/山中聡
配給:キノフィルムズ

借金取りに追われ暴行を受けていた蒼山は、見知らぬ男に助けられ、ある町に連れて行かれる。その町では簡単な労働と引き換えに衣食住が保障されていた。奇妙な「町」での暮らしに慣れた頃、蒼山は行方不明の妹を探しにきたという紅子と出会い彼女のことを気にかけるが…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2020「人数の町」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『新解釈・三國志』大泉洋 新解釈・三國志

福田雄一監督が「三國志」を映画化するとのことで…

映画『詩人の恋』チョン・ガラム チョン・ガラム

1993年2月23日生まれ。大韓民国、密陽市出身。俳優を志し、漢陽大学校演劇映画科で演技を学ぶ。2016年に…

映画『滑走路』浅香航大/吉村界人 あなただけのキャリア5:意識的?無意識的?あなたの職業選択

学生の皆さんの中には早くから就職活動を始めている人、ギリギリになって始める人、いろいろ…

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン ニューヨーク 親切なロシア料理店

2人の息子を連れて家を出たクララ(ゾーイ・カザン)、仕事に忙殺されて自分の人生について考える暇もない看護師のアリス…

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』ジョン・キャロル・リンチ ジョン・キャロル・リンチ

1963年8月1日アメリカ、コロラド州生まれ。妻で女優のブレンダ・ウィールとニューヨークで暮らす。ミネソタ州ミネアポリスの…

映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー 100日間のシンプルライフ

モノが溢れている生活から一変、モノが0の状態からスタートして…

映画『詩人の恋』ヤン・イクチュン ヤン・イクチュン

1975年10月19日生まれ。大韓民国ソウル特別市出身。商業高校を卒業し…

映画『チャンシルさんには福が多いね』カン・マルグム 『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊 サイレント・トーキョー

“クリスマス、東京”というキーワードだけ聞くと、キラキラしたラブストーリーを想像してしまいますが…

映画『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー 『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー

壮絶なご近所バトルから始まる人間ドラマ『ミセス・ノイズィ』を撮った天野千尋監督にインタビューをさせていただきました。1度会社員になってから、映画監督の道へ進んだ天野監督は、どんな経緯を辿ったのかなど、聞いてみました。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『新解釈・三國志』大泉洋
  2. 映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン
  3. 映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー
  4. 映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊
  5. 映画『魔女がいっぱい』アン・ハサウェイ
  6. 映画『ノッティングヒルの洋菓子店』セリア・イムリー/シャノン・ターベット/シェリー・コン
  7. 映画『燃ゆる女の肖像』アデル・エネル
  8. 映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼
  9. 映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子
  10. 映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ
PAGE TOP