取材&インタビュー

『人数の町』石橋静河さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『人数の町』石橋静河さんインタビュー

社会的なしがらみや不安から解放され、自由と平等が約束された町の幻想と真相を描く『人数の町』。今回は本作でキーパーソンとなる紅子を演じた石橋静河さんにインタビューをさせて頂きました。本作のお話、俳優として、そしていち映画ファンとしての石橋さんについて、いろいろと質問させて頂きました。

<PROFILE>
石橋静河(いしばし しずか):木村紅子(きむら べにこ)役
1994年東京都生まれ。4歳からクラシックバレエをはじめ、2009年よりアメリカのボストン、カナダのカルガリーにダンス留学した後、2013年に帰国。その後、コンテンポラリーダンサーとして活動しながら2015年より俳優活動を開始。2016年にNODAMAP舞台“逆鱗”に出演。2017年には初主演作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で、第60回ブルーリボン賞、第91回キネマ旬報ベスト・テンなどで新人女優賞を数多く受賞。2018年にはNHK連続テレビ小説『半分、青い。』への出演で注目を集めた。主な映画出演作に『きみの鳥はうたえる』『二階堂家物語』『21世紀の女の子』『いちごの唄』『楽園』『37セカンズ』などがあり、舞台出演作に“ビビを見た!”“神の子”などがある。2020年にドラマ『東京ラブストーリー』(FOD、Amazon Prime Video配信)では赤名リカ役を演じた。


正義感だけでは生きられない世界

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河

マイソン:
映画の世界と似たようなことはありそうだけれど、実際にはここまでのことはまだ起きていないので、想像をすごく膨らませて演じられたのではと思います。撮影時はまだ新型コロナウィルス感染症が流行していなかったと思いますが、感染拡大した状況になってから観ると、すごく怖いというか、もっと映画の世界に近づいてきたと感じました。石橋さんは、撮影時と今とで本作への観方が変わった部分はありますか?

石橋静河さん:
撮影したのは去年の5月、初号試写が去年の10月くらいだったんですが、ちょうど昨日すごく久しぶりにこの映画を観ました。撮影は全然こういう状況になる前だったので、全く見え方が違って、それはすごくおもしろいなと思いました。

マイソン:
緑(石橋さんが演じた紅子の妹)の「生き残るのが重要」みたいな台詞があって、たぶんこれを2年前とかに観ていたら、そんな価値観はダメって思ったかも知れませんが、コロナで生活も苦しくなっている人が増えている今の状況だと、とにかく生き残るためにあの町に入りたいって思う人がいるのかなって思いました。

映画『人数の町』石橋静河

石橋静河さん:
そうですね、いるかも知れないですよね。撮影の時は私が演じた紅子からの視点で考えるから、やっぱり緑には本当に戻ってきて欲しいし、自分の大切な家族が幸せになって欲しいっていう思いのもと、一緒に元の世界に戻りたくても、その心が動かないとしたら、すごく悲しいことだなって思います。でも今コロナの感染が広まってから世界中でいろいろな問題が起きているのを聞くと、わからないですよね。紅子は最初本当に正義感でいてもたってもいられなくなってこの町にきますが、最後のシーンになる頃にはその正義感とか強さとか頑固さだけの紅子じゃなくなっているなって、脚本を読んで思いました。生きていく上ではそういうことだけではいられないし、そこが私はちょっと怖いなと。全然あり得る話だし、リアルだなって思いました。

マイソン:
私自身ディストピア映画は大好きなのですが、現実の世界が厳しいので映画を観る時くらいはハッピーになりたいっていう意見も世の中にはあるようです。ディストピア映画ともいえるこの作品の魅力というか、敢えて今これを観てもらう上での魅力は何だと思いますか?

石橋静河さん:
すごく笑えるシーン、シュールだなっていうシーンがいっぱいあるので、純粋にそれは楽しんでもらえると思います。「バカな人達ばっかりだな」って思って観て、でも観終わった後に「あれ?」って思う感じ。そういうおもしろさがあると思うので、怖がらずに観て頂きたいなと思います。

映画『人数の町』石橋静河さんインタビュー

思い通りにいかないことがおもしろい

マイソン:
映画の中で、人数の町の人は、いろいろな人の代わりをやっていましたが、もし石橋さんが俳優をやっていなかったらやりたかった仕事はありますか?

石橋静河さん:
10代の頃、もし数学がもっとできたら天文学者になりたいと思っていたんです。

マイソン:
星が好きなんですか?

石橋静河さん:
はい、星雲の写真などを見てすごいなって。真っ暗なのにその中にすごい色の星雲があって「わ〜!綺麗!!」と思って、そこからちょっと勉強したりしていました。

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河

マイソン:
すごい!!

石橋静河さん:
でも数学ができなかったので、諦めましたけど(笑)。やっぱり天文学って、かなり計算が必要だと思うので。そういう脳があったらやっていたかも知れないです(笑)。

マイソン:
なるほど〜。逆に俳優をやっていて良かったなって思うこととか、おもしろいなって思うことはありますか?

石橋静河さん:
思い通りにいかないことがおもしろいってことに気付けたことですかね。以前はバレエの学校に通ってずっとバレエをやっていたんですけど、バレエはある意味完成形があって、そこに向かっていく、もしくは型があるのでそれを維持するということが大事なんです。自分の体を思い通りに動かすということがすごく大事で、「このポジションは正しいけど、このポジションは間違っているから正さなくてはいけない」という考え方になるんです。でもお芝居って台詞があって役があっても、それ以外のことを自分で決められないじゃないですか。特に映画だったら、監督が何にOKを出すかだし、自分が良いと思っても監督がダメって言ったら撮り続けないといけないし、自分はこれだけできたと思っても全然違ったり、逆に自分はこれしかできなかったと思っても周りは違って捉えてそれがすごく評価されたり。だからそれは自分が想像していたこととは違うことだけど、それこそ想像し得ないことが起こるのがおもしろいんだなって気付くことができました。

マイソン:
そう考えると改めて深いお仕事ですね。ところで、普段映画はよくご覧になりますか?

石橋静河さん:
最近こういうこと(コロナが感染拡大している状況)になってから、あまり観られなくなってしまって。世の中が映画みたいで、本当にすごいことになっているから、あまり刺激を求めていないんだと思うんです。でもそうじゃない時は映画館に行って観るのが好きですね。

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河

マイソン:
いち観客として映画を観ていて、他の俳優さんの演技をすごいと思う時って、どんな時ですか?

石橋静河さん:
本当にいろいろな作風の作品があるんですけど、スクリーンで観るからこそわかるものってあるじゃないですか。大きく映された時に見える役者さん本人とキャラクターとの隙間というか、演じているなかからその人の美しさみたいなものが見える瞬間が、私はやっぱり好きですね。「この人はすごく芝居のテクニックがあるな」みたいなのもおもしろいと思うけど、それよりもその人の心の中の本質的な部分がチラッと見えたりするとカッコ良いって思います。

マイソン:
そういう意味で言うと、やっぱり俳優さんとしては、映画は映画館で観てもらいたいですよね?

石橋静河さん:
でもいろいろな方法があって良いと思うし、変わらないものはないので、いろいろな選択肢が増えて、映画を観てもらえる機会が増えるということも大事だと思います。ただ、やっぱり映画館で観るからこそ味わえることが絶対にあって。映画館で映画を観るって楽しいじゃないですか。それを皆が忘れてしまったら寂しいですね。

映画『人数の町』石橋静河さんインタビュー
ヘアメイク:秋鹿裕子(W)/スタイリスト: 吉田恵

マイソン:
そうですよね。では最後に一言だけ。ご自身が1番影響を受けた映画を教えてください。

石橋静河さん:
黒澤明監督の『生きる』です。本当に素晴らしくて、目だけでこんなに物語れるのかっていうのを感じた映画です。

マイソン:
ありがとうございました!

2020年7月10日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河/立花恵理/橋野純平/植村宏司/菅野莉央/松浦祐也/草野イニ/川村紗也/柳英里紗/山中聡

『人数の町』
2020年9月4日より全国公開
監督・脚本:荒木伸二
出演:中村倫也/石橋静河/立花恵理/橋野純平/植村宏司/菅野莉央/松浦祐也/草野イニ/川村紗也/柳英里紗/山中聡
配給:キノフィルムズ

借金取りに追われ暴行を受けていた蒼山は、見知らぬ男に助けられ、ある町に連れて行かれる。その町では簡単な労働と引き換えに衣食住が保障されていた。奇妙な「町」での暮らしに慣れた頃、蒼山は行方不明の妹を探しにきたという紅子と出会い彼女のことを気にかけるが…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2020「人数の町」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『食べる女』小泉今日子 映画で“食”について考えてみよう4:体内時計を意識して、より効率的に栄養摂取

今回は、日本の食生活の現状と体に良い&あまり良くない食事の摂り方について考えていきたいと思います。

映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版) アダムス・ファミリー

実写版の『アダムス・ファミリー』(1991)もビジュアルインパクトが強烈で、お馴染みのテーマソングも…

Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー ザ・ファイブ・ブラッズ

“Black Lives Matter(ブラック・ライブズ・マター)”という言葉をよく耳にするようになり、最近では…

映画『クライマーズ』ジャッキー・チェン ジャッキー・チェン

1954年4月7日香港生まれ。幼い頃より京劇の師匠ユー・ジムユンのもとで、未来の香港アクションスターで振り付け家の…

映画『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー 『フェアウェル』ルル・ワン監督インタビュー

『フェアウェル』で監督、脚本を務め、自身の家族に起こった出来事を綴ったルル・ワン監督にスカイプインタビューをさせて頂きました。監督のお話から、アメリカに住む移民の方々のリアルな姿が想像できました。

映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル エマ、愛の罠

ラブストーリーなのかなと思いきや、ただのラブストーリーではなく、軸はエマという女性がある問題を解決するために…

映画『マティアス&マキシム』ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン マティアス&マキシム

30歳の2人の男性、マティアスとマキシムは幼馴染み。2人はあるパーティに参加した際、共通の友人の妹から映画に…

映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ヴァンサン・カッセル ヴァンサン・カッセル

1966年11月23日フランス、パリ生まれ。アメリカのアクターズ・インスティテュート・オブ・ニューヨークでコメディを学び…

映画『友達やめた。』今村彩子監督インタビュー 『友達やめた。』今村彩子監督インタビュー

今回はドキュメンタリー映画『友達やめた。』を撮った、今村彩子監督にインタビューをさせて頂きました。本作は、生まれつき耳がきこえない今村監督と、大人になってから自身がアスペルガー症候群だと知った、お友達のまあちゃんの日常を…

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ グランプリには10万円贈呈!映画『パピチャ 未来へのランウェイ』“勝負服”のデザイン画を競う学生向けコンテスト開催

本作にちなんで、“勝負服”のデザイン画を競う学生向けのコンテスト【自分らしく、闘う“勝負服”ファッションデザイン画コンテスト】が実施されます。特別審査員には、ムニア・メドゥール監督、篠原ともえ、ヴィヴィアン佐藤が就任し、グランプリを決めます!

おすすめ記事

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

REVIEW

  1. 映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版)
  2. Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー
  3. 映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル
    エマ、愛の罠

  4. 映画『マティアス&マキシム』ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン
  5. 映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ
  6. 映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』ダニエル・ラドクリフ/ダニエル・ウェバー
  7. 映画『Daughters』三吉彩花/阿部純子
    Daughters

  8. 映画『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』イ・ヨンエ
  9. 映画『友達やめた。』今村彩子/まあちゃん
    友達やめた。

  10. 映画『TENET テネット』ジョン・デイビッド・ワシントン/ロバート・パティンソン

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラ
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP