取材&インタビュー

『人数の町』石橋静河さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『人数の町』石橋静河さんインタビュー

社会的なしがらみや不安から解放され、自由と平等が約束された町の幻想と真相を描く『人数の町』。今回は本作でキーパーソンとなる紅子を演じた石橋静河さんにインタビューをさせて頂きました。本作のお話、俳優として、そしていち映画ファンとしての石橋さんについて、いろいろと質問させて頂きました。

<PROFILE>
石橋静河(いしばし しずか):木村紅子(きむら べにこ)役
1994年東京都生まれ。4歳からクラシックバレエをはじめ、2009年よりアメリカのボストン、カナダのカルガリーにダンス留学した後、2013年に帰国。その後、コンテンポラリーダンサーとして活動しながら2015年より俳優活動を開始。2016年にNODAMAP舞台“逆鱗”に出演。2017年には初主演作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で、第60回ブルーリボン賞、第91回キネマ旬報ベスト・テンなどで新人女優賞を数多く受賞。2018年にはNHK連続テレビ小説『半分、青い。』への出演で注目を集めた。主な映画出演作に『きみの鳥はうたえる』『二階堂家物語』『21世紀の女の子』『いちごの唄』『楽園』『37セカンズ』などがあり、舞台出演作に“ビビを見た!”“神の子”などがある。2020年にドラマ『東京ラブストーリー』(FOD、Amazon Prime Video配信)では赤名リカ役を演じた。


正義感だけでは生きられない世界

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河

マイソン:
映画の世界と似たようなことはありそうだけれど、実際にはここまでのことはまだ起きていないので、想像をすごく膨らませて演じられたのではと思います。撮影時はまだ新型コロナウィルス感染症が流行していなかったと思いますが、感染拡大した状況になってから観ると、すごく怖いというか、もっと映画の世界に近づいてきたと感じました。石橋さんは、撮影時と今とで本作への観方が変わった部分はありますか?

石橋静河さん:
撮影したのは去年の5月、初号試写が去年の10月くらいだったんですが、ちょうど昨日すごく久しぶりにこの映画を観ました。撮影は全然こういう状況になる前だったので、全く見え方が違って、それはすごくおもしろいなと思いました。

マイソン:
緑(石橋さんが演じた紅子の妹)の「生き残るのが重要」みたいな台詞があって、たぶんこれを2年前とかに観ていたら、そんな価値観はダメって思ったかも知れませんが、コロナで生活も苦しくなっている人が増えている今の状況だと、とにかく生き残るためにあの町に入りたいって思う人がいるのかなって思いました。

映画『人数の町』石橋静河

石橋静河さん:
そうですね、いるかも知れないですよね。撮影の時は私が演じた紅子からの視点で考えるから、やっぱり緑には本当に戻ってきて欲しいし、自分の大切な家族が幸せになって欲しいっていう思いのもと、一緒に元の世界に戻りたくても、その心が動かないとしたら、すごく悲しいことだなって思います。でも今コロナの感染が広まってから世界中でいろいろな問題が起きているのを聞くと、わからないですよね。紅子は最初本当に正義感でいてもたってもいられなくなってこの町にきますが、最後のシーンになる頃にはその正義感とか強さとか頑固さだけの紅子じゃなくなっているなって、脚本を読んで思いました。生きていく上ではそういうことだけではいられないし、そこが私はちょっと怖いなと。全然あり得る話だし、リアルだなって思いました。

マイソン:
私自身ディストピア映画は大好きなのですが、現実の世界が厳しいので映画を観る時くらいはハッピーになりたいっていう意見も世の中にはあるようです。ディストピア映画ともいえるこの作品の魅力というか、敢えて今これを観てもらう上での魅力は何だと思いますか?

石橋静河さん:
すごく笑えるシーン、シュールだなっていうシーンがいっぱいあるので、純粋にそれは楽しんでもらえると思います。「バカな人達ばっかりだな」って思って観て、でも観終わった後に「あれ?」って思う感じ。そういうおもしろさがあると思うので、怖がらずに観て頂きたいなと思います。

映画『人数の町』石橋静河さんインタビュー

思い通りにいかないことがおもしろい

マイソン:
映画の中で、人数の町の人は、いろいろな人の代わりをやっていましたが、もし石橋さんが俳優をやっていなかったらやりたかった仕事はありますか?

石橋静河さん:
10代の頃、もし数学がもっとできたら天文学者になりたいと思っていたんです。

マイソン:
星が好きなんですか?

石橋静河さん:
はい、星雲の写真などを見てすごいなって。真っ暗なのにその中にすごい色の星雲があって「わ〜!綺麗!!」と思って、そこからちょっと勉強したりしていました。

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河

マイソン:
すごい!!

石橋静河さん:
でも数学ができなかったので、諦めましたけど(笑)。やっぱり天文学って、かなり計算が必要だと思うので。そういう脳があったらやっていたかも知れないです(笑)。

マイソン:
なるほど〜。逆に俳優をやっていて良かったなって思うこととか、おもしろいなって思うことはありますか?

石橋静河さん:
思い通りにいかないことがおもしろいってことに気付けたことですかね。以前はバレエの学校に通ってずっとバレエをやっていたんですけど、バレエはある意味完成形があって、そこに向かっていく、もしくは型があるのでそれを維持するということが大事なんです。自分の体を思い通りに動かすということがすごく大事で、「このポジションは正しいけど、このポジションは間違っているから正さなくてはいけない」という考え方になるんです。でもお芝居って台詞があって役があっても、それ以外のことを自分で決められないじゃないですか。特に映画だったら、監督が何にOKを出すかだし、自分が良いと思っても監督がダメって言ったら撮り続けないといけないし、自分はこれだけできたと思っても全然違ったり、逆に自分はこれしかできなかったと思っても周りは違って捉えてそれがすごく評価されたり。だからそれは自分が想像していたこととは違うことだけど、それこそ想像し得ないことが起こるのがおもしろいんだなって気付くことができました。

マイソン:
そう考えると改めて深いお仕事ですね。ところで、普段映画はよくご覧になりますか?

石橋静河さん:
最近こういうこと(コロナが感染拡大している状況)になってから、あまり観られなくなってしまって。世の中が映画みたいで、本当にすごいことになっているから、あまり刺激を求めていないんだと思うんです。でもそうじゃない時は映画館に行って観るのが好きですね。

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河

マイソン:
いち観客として映画を観ていて、他の俳優さんの演技をすごいと思う時って、どんな時ですか?

石橋静河さん:
本当にいろいろな作風の作品があるんですけど、スクリーンで観るからこそわかるものってあるじゃないですか。大きく映された時に見える役者さん本人とキャラクターとの隙間というか、演じているなかからその人の美しさみたいなものが見える瞬間が、私はやっぱり好きですね。「この人はすごく芝居のテクニックがあるな」みたいなのもおもしろいと思うけど、それよりもその人の心の中の本質的な部分がチラッと見えたりするとカッコ良いって思います。

マイソン:
そういう意味で言うと、やっぱり俳優さんとしては、映画は映画館で観てもらいたいですよね?

石橋静河さん:
でもいろいろな方法があって良いと思うし、変わらないものはないので、いろいろな選択肢が増えて、映画を観てもらえる機会が増えるということも大事だと思います。ただ、やっぱり映画館で観るからこそ味わえることが絶対にあって。映画館で映画を観るって楽しいじゃないですか。それを皆が忘れてしまったら寂しいですね。

映画『人数の町』石橋静河さんインタビュー
ヘアメイク:秋鹿裕子(W)/スタイリスト: 吉田恵

マイソン:
そうですよね。では最後に一言だけ。ご自身が1番影響を受けた映画を教えてください。

石橋静河さん:
黒澤明監督の『生きる』です。本当に素晴らしくて、目だけでこんなに物語れるのかっていうのを感じた映画です。

マイソン:
ありがとうございました!

2020年7月10日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『人数の町』中村倫也/石橋静河/立花恵理/橋野純平/植村宏司/菅野莉央/松浦祐也/草野イニ/川村紗也/柳英里紗/山中聡

『人数の町』
2020年9月4日より全国公開
監督・脚本:荒木伸二
出演:中村倫也/石橋静河/立花恵理/橋野純平/植村宏司/菅野莉央/松浦祐也/草野イニ/川村紗也/柳英里紗/山中聡
配給:キノフィルムズ

借金取りに追われ暴行を受けていた蒼山は、見知らぬ男に助けられ、ある町に連れて行かれる。その町では簡単な労働と引き換えに衣食住が保障されていた。奇妙な「町」での暮らしに慣れた頃、蒼山は行方不明の妹を探しにきたという紅子と出会い彼女のことを気にかけるが…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2020「人数の町」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー 『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

映画『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア、ミリー・ボビー・ブラウン(イレブン役)、フィン・ヴォルフハルト(マイク役)、ウィノナ・ライダー(ジョイス役)、ノア・シュナップ(ウィル役)他 ミリー・ボビー・ブラウン、ウィノナ・ライダーらお馴染みのメンバーが集結!『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』待望のシーズン4は2部作となり、Vol.1が5月27日、Vol.2が7月1日よりNetflixにて配信開始!先日、NYにて本作のワールドプレミアが行われ、ミリー・ボビー・ブラウン、フィン・ヴォルフハルト、ウィノナ・ライダーら豪華メンバーが集結しました。

映画『20歳のソウル』神尾楓珠 20歳のソウル

千葉県船橋市立船橋高等学校に代々受け継がれている応援曲“市船soul“を作曲した青年と、彼を取り巻く人々の実話が映画化された本作。前半は…

映画『選ばなかったみち』エル・ファニング エル・ファニング

1998年4月9日生まれ。アメリカ、ジョージア州出身。姉は俳優のダコタ・ファニング。2歳の時に…

映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち

これはクリーチャーが登場する映画が好きな方にとってはワクワクしてたまらないドキュメンタリー…

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トム・クルーズ

1962年7月3日アメリカ生まれ。『トップガン』『ザ・エージェント』『卒業白書』『マイノリティ・リポート』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』…

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』 チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ

“チップとデール”というキャラクターは知っていましたが、映像で観るのは本作が初めてで、観る前のイメージと…

映画『ナイトメア・アリー』ケイト・ブランシェット ケイト・ブランシェット

1969年5月14日オーストラリア、メルボルン生まれ。マーティン・スコセッシ監督の『アビエイター』(2004)と…

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』トム・シリング 『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  4. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  5. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』

おすすめ記事

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『20歳のソウル』神尾楓珠
    20歳のソウル

  2. 映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット
  3. 映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』
  4. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  5. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
  6. 映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦
    大河への道

  7. 映画『ハケンアニメ!』吉岡里帆/中村倫也/柄本佑/尾野真千子
  8. 映画『流浪の月』広瀬すず/松坂桃李
    流浪の月

  9. 映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス
  10. 映画『グロリアス 世界を動かした女たち』ジュリアン・ムーア
PAGE TOP