REVIEW

ライオン・キング

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ライオン・キング』

超実写版と謳っているだけあって、動物が驚くほどリアルでこれが全部CGだとは信じられません。CG技術の進化とジョン・ファヴロー監督を始めとするスタッフの能力の高さを実感します。1994年のディズニーアニメ版『ライオン・キング』ほか、劇団四季のミュージカルなど、あらゆる形で愛されてきた“ライオン・キング”は、今では誰もが知っているストーリーです。ジョン・ファヴロー監督は来日した際「僕としての挑戦は、この物語を自分自身が受け継いで、いかに今の新しい世代のためにアップデートできるかということでした。(中略)ゲームエンジン、バーチャルリアリティ(VR)、こういったものを駆使しまして、100%登場してくるキャラクターや背景は本物に見えるかも知れませんが、すべてコンピューターで作られていてすごい作品になっているんです」と話していました。まさにストーリーがわかっていても新鮮さを持って楽しめる作品になっていて、若い世代はもちろん大人でも驚くべき体験ができます。
音楽は1994年アニメ版と同じく、ティム・ライス、エルトン・ジョン、ハンス・ジマーが手掛けていてお馴染みの曲が流れる嬉しさがあるのはもちろん、“唐突に歌い出すミュージカル”という感じは少なく、自然に歌に入る演出が観ていて心地良いです。字幕版の声の出演は、ドナルド・グローヴァー、ビヨンセと歌唱力もお墨付きのキャストであるのが嬉しいところ。物語のなかで癒し&笑い担当のプンバァ(イノシシ)は字幕版ではセス・ローゲン、日本語吹き替え版では佐藤二朗が演じており、お笑い芸人“ミキ”の亜生がティモンの声を演じているのも注目ポイントです。どこをとっても間違いない作品となっていますので、期待を裏切りませんよ。すっごくカワイイ子どもシンバにも癒されてください。

デート向き映画判定
映画『ライオン・キング』

ストーリーを知っている方も多いので、安心して映画デートに誘える作品ですね。大人でも見応えのあるクオリティなので、年齢を問わず楽しめます。ミュージカル映画が苦手という人もいるかも知れませんが、この作品はミュージカルシーンがとても自然な流れで入っていて、よく知られている曲ばかりなので、それほど抵抗なく観られると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ライオン・キング』

主人公シンバの幼い頃から大人になるまでの成長物語で、皆さんの世代が観て共感できる部分がたくさんあります。親子の絆、友情、恋愛、自分のルーツ、責任、そして生と死、世界との繋がり…と、人間も同じく必ず経験する普遍的なテーマがたくさん盛り込まれていて、これから生きていく上での教訓や、良い刺激を受けられます。数ある映画の中でも、子どもの頃に必見と言っても良い作品です。

映画『ライオン・キング』

『ライオン・キング』
2019年8月9日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』マンディ・パティンキン マンディ・パティンキン

1952年アメリカ、イリノイ州生まれ。1980年、“エビータ”でブロードウェイデビューを飾り、トニー賞を受賞。さらに1984年…

映画『GODZILLA 星を喰う者』第31回東京国際映画祭レッドカーペット、櫻井孝宏 櫻井孝宏(さくらい たかひろ)

1974年6月13日生まれ、愛知県出身の声優。主な出演作に『コードギアス 反逆のルルーシュ』『化物語』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』…

映画『イーディ、83歳 はじめての山登り』シーラ・ハンコック 『イーディ、83歳 はじめての山登り』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『イーディ、83歳 はじめての山登り』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『屍人荘の殺人』神木隆之介/浜辺美波/中村倫也 屍人荘の殺人

謎解きものだということはタイトルからわかりますが、まさか○○○ものとは思っておらず…

映画『“隠れビッチ”やってました。』森山未來 森山未來(もりやま みらい)

1984年8月20日、兵庫県神戸市生まれ。5歳からジャズダンス、タップダンスなどを始め、いくつかの舞台を踏み、1999年に“ボーイズ・タイム”で本格的に舞台デビュー。その後、舞台やドラマで活躍し…

映画『KIN/キン』ジェームズ・フランコ ジェームズ・フランコ

1978年4月19日生まれ。アメリカ、カリフォルニア州出身。UCLA在学中に演技に目覚め中退。映画デビュー作は『25年目のキス』。TVドラマシリーズ『フリークス学園』で人気を得て…

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』ジャパンプレミア、ガブリエル・ルナ ガブリエル・ルナ

1982年アメリカ、テキサス州オースティン生まれ。2005年“Fall to Grace(原題)”で映画デビュー。2010年“Dance with the One(原題)”では主役を務めた。その後『バーニー/みんなが愛した殺人者』…

映画『ラスト・クリスマス』ヘンリー・ゴールディング ヘンリー・ゴールディング

1987年マレーシア生まれ。2018年『クレイジー・リッチ!』で、映画界に進出すると同時にいきなり主役を務めたことで注目を集め…

映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン テッド・バンディ

現代の日本で、テッド・バンディのことをどれくらいの人が知っているでしょうか。彼が何者かを知って観るか、知らずに観るかで、この物語がどう見えるかに…

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』アーノルド・シュワルツェネッガー アーノルド・シュワルツェネッガー

1974年、オーストラリア生まれ。ボディビルディングの世界チャンピオンとなり、1968年にアメリカ移住。俳優に転身し、1970年に『アーノルド・シュワルツェネッガーのSF超人ヘラクレス』で主役で映画デビューを飾った。1976年『ステイ・ハングリー』で…

おすすめ記事

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『屍人荘の殺人』神木隆之介/浜辺美波/中村倫也
    屍人荘の殺人

  2. 映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン
  3. 映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』
  4. 映画『パリの恋人たち』ルイ・ガレル/リリー=ローズ・デップ
  5. 映画『good people』ジェイ・ウェスト/今宿麻美/ダンテ・カーヴァー
    good people

  6. 映画『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉/芹澤興人
  7. 映画『カツベン!』成田凌
    カツベン!

  8. 映画『ジョン・デロリアン』リー・ペイス
  9. 海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/:ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/リリー・ジェームズ/マシュー・グード
  10. 映画『KIN/キン』マイルズ・トゥルイット
    KIN/キン

部活・イベント

  1. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  2. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  3. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  4. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  5. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP