REVIEW

ライオン・キング

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ライオン・キング』

超実写版と謳っているだけあって、動物が驚くほどリアルでこれが全部CGだとは信じられません。CG技術の進化とジョン・ファヴロー監督を始めとするスタッフの能力の高さを実感します。1994年のディズニーアニメ版『ライオン・キング』ほか、劇団四季のミュージカルなど、あらゆる形で愛されてきた“ライオン・キング”は、今では誰もが知っているストーリーです。ジョン・ファヴロー監督は来日した際「僕としての挑戦は、この物語を自分自身が受け継いで、いかに今の新しい世代のためにアップデートできるかということでした。(中略)ゲームエンジン、バーチャルリアリティ(VR)、こういったものを駆使しまして、100%登場してくるキャラクターや背景は本物に見えるかも知れませんが、すべてコンピューターで作られていてすごい作品になっているんです」と話していました。まさにストーリーがわかっていても新鮮さを持って楽しめる作品になっていて、若い世代はもちろん大人でも驚くべき体験ができます。
音楽は1994年アニメ版と同じく、ティム・ライス、エルトン・ジョン、ハンス・ジマーが手掛けていてお馴染みの曲が流れる嬉しさがあるのはもちろん、“唐突に歌い出すミュージカル”という感じは少なく、自然に歌に入る演出が観ていて心地良いです。字幕版の声の出演は、ドナルド・グローヴァー、ビヨンセと歌唱力もお墨付きのキャストであるのが嬉しいところ。物語のなかで癒し&笑い担当のプンバァ(イノシシ)は字幕版ではセス・ローゲン、日本語吹き替え版では佐藤二朗が演じており、お笑い芸人“ミキ”の亜生がティモンの声を演じているのも注目ポイントです。どこをとっても間違いない作品となっていますので、期待を裏切りませんよ。すっごくカワイイ子どもシンバにも癒されてください。

デート向き映画判定
映画『ライオン・キング』

ストーリーを知っている方も多いので、安心して映画デートに誘える作品ですね。大人でも見応えのあるクオリティなので、年齢を問わず楽しめます。ミュージカル映画が苦手という人もいるかも知れませんが、この作品はミュージカルシーンがとても自然な流れで入っていて、よく知られている曲ばかりなので、それほど抵抗なく観られると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ライオン・キング』

主人公シンバの幼い頃から大人になるまでの成長物語で、皆さんの世代が観て共感できる部分がたくさんあります。親子の絆、友情、恋愛、自分のルーツ、責任、そして生と死、世界との繋がり…と、人間も同じく必ず経験する普遍的なテーマがたくさん盛り込まれていて、これから生きていく上での教訓や、良い刺激を受けられます。数ある映画の中でも、子どもの頃に必見と言っても良い作品です。

映画『ライオン・キング』

『ライオン・キング』
2019年8月9日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウルフウォーカー』スペシャル対談、細田守監督/トム・ムーア監督/ロス・スチュワート監督 『ウルフウォーカー』のトム・ムーア&ロス・スチュアート監督と細田守監督が日本とアイルランドのアニメーション制作手法の違いを語る!スペシャル対談

映画『ウルフウォーカー』の公開を記念し、【東京アニメアワードフェスティバル2021】のプレイベントとして、本作の監督とアニメーション映画監督細田守とのスペシャル対談が行われました。それぞれの制作手法の違いや、お互いの作品について熱く語り合っています。

映画『ヤウンペを探せ!』池内博之/宮川大輔/松尾諭/池田鉄洋/蓮佛美沙子 『ヤウンペを探せ!』2組4名様 ムビチケプレゼント

映画『ヤウンペを探せ!』2組4名様 ムビチケプレゼント

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ パピチャ 未来へのランウェイ

“暗黒の10年”と呼ばれる1991年に始まった内戦下のアルジェリアを舞台に、ファッションデザイナーを夢見る少女の視点で…

映画『罪の声』小栗旬/星野源 罪の声

塩田武士の「罪の声」を映画化した本作はフィクションですが、モデルにされている事件は昭和史最大の未解決事件で…

映画『とんかつDJアゲ太郎』北村匠海/山本舞香/伊藤健太郎 とんかつDJアゲ太郎

原作コミックを知らないと、「とんかつとDJってどういうこと?」って思いますよね。私もそうでした。でも設定上…

映画『ストレイ・ドッグ』トビー・ケベル トビー・ケベル

1982年7月9日イギリス、ヨークシャー生まれ。2004年に“Dead Man’s Shoes(原題)”で注目を集め…

映画『大統領の料理人』カトリーヌ・フロ 映画で“食”について考えてみよう5:誰かと一緒に食事をすることで、栄養の吸収率がUP!?

皆さんは食事をする理由について考えたことがありますか?私達が食事をすることの1番の理由は、生きていくために欠かすことのできないエネルギーと栄養を補給するためですが、実はそれだけではない大切な理由があります。

映画『キーパー ある兵士の奇跡』デヴィッド・クロス/フレイア・メーバー キーパー ある兵士の奇跡

第二次世界大戦で捕虜としてイギリスの収容所に送り込まれたナチス兵士のバート・トラウトマン。終戦後…

Netflix映画『シカゴ7裁判』ジョセフ・ゴードン=レヴィット ジョセフ・ゴードン=レヴィット

1981年2月17日アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。父は…

映画『おもかげ』マルタ・ニエト/ジュール・ポリエ おもかげ

冒頭の電話越しの息子とのやり取りがとてもスリリングで、相手が幼い子どもなだけに…

おすすめ記事

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ
  2. 映画『罪の声』小栗旬/星野源
    罪の声

  3. 映画『とんかつDJアゲ太郎』北村匠海/山本舞香/伊藤健太郎
  4. 映画『キーパー ある兵士の奇跡』デヴィッド・クロス/フレイア・メーバー
  5. 映画『おもかげ』マルタ・ニエト/ジュール・ポリエ
    おもかげ

  6. 映画『きみの瞳が問いかけている』吉高由里子/横浜流星
  7. 映画『空に住む』多部未華子
    空に住む

  8. Netflix映画『シカゴ7裁判』サシャ・バロン・コーエン
    シカゴ7裁判

  9. 映画『ストレイ・ドッグ』ニコール・キッドマン
  10. 映画『朝が来る』永作博美/井浦新
    朝が来る

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP