REVIEW

ロケットマン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン

ハグって大事!幼少期の親の愛ってすごく子どもに影響があるんだなと実感。音楽に疎いほうなので、エルトン・ジョンのことも詳しく知りませんでしたが、ど派手で華やかなステージ衣装とは裏腹に、こんなに孤独な人生を耐えてきたのかと驚きました。彼の心を深く傷つけたさまざまな体験と、その時に作られた歌が折り重なってストーリーが語られていくので、「この曲ってエルトン・ジョンなんだ!」というのと同時に、「そんな背景があったんだ!」という驚きがあって、彼のことをよく知らない人でも彼の歌に改めてすごく興味が湧くはず。孤独な天才ピアニストであり、ロックンローラーである彼が大スターになり、ようやく大切な人にも認められると思っていたところで、再び浴びせられる理解のない言葉や態度が衝撃的で、悲しくなると同時にこんな理不尽なことがあっても良いのかと憤りも感じます。多くのファンから愛されても、本当に愛して欲しい人からは愛されない運命ってなんて皮肉で残酷なんでしょう。名声=幸せではないし、幸せって何だろうと、スターか一般人かというのを抜きにして考えさせられます。でも、一方で彼を支えた友人との深い絆が癒やしと希望を与えてくれて、優しさを感じる作品でもあります。
そしてそして、エルトン・ジョンを演じたタロンが最高!チャーミングで哀愁たっぷりな魅力溢れる姿を見せてくれて、歌声も素晴らしいです。悲しいストーリーだけど、愛おしさを感じる作品です。

デート向き映画判定
映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン

誰もが知っているエルトン・ジョンのお話で、たくさんの名曲が流れます。スターとしてというより、1人の人間としての苦悩が描かれている点で、誰もが共感できるし、カップルで観て気まずいシーンもあまりありません。ウルッときてしまうシーンが何度かあるので、女子の皆さんはハンカチとメイク直しグッズを忘れずに。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン

若い皆さんでも聴いたことがあるくらいの名曲をたくさん作ってきたエルトン・ジョン。なので、彼のことを知らずに観ても感情移入はできるはずです。彼の幼い頃からの苦悩が描かれている点で、むしろ皆さんのほうが等身大で心情を理解できる部分も多いかも知れません。上映時間は2時間あるので、キッズは集中力が持つかわかりませんが、中学生以上なら、主演のタロンを好きな人もいそうなので、ぜひ観てみてください。

映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン

『ロケットマン』
2019年8月23日より全国公開
東和ピクチャーズ
公式サイト

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP