取材&インタビュー

全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日しました。まず2人は、ブルーカーペットイベントに登場し、ファンサービス。会場は、2人の来日を心待ちにしていたたくさんのファンの熱気に包まれました。

続いて試写会が行われる劇場の舞台に登壇した2人。ファンからは大歓声が起こり、2人も会場を隈なく見渡し手を振って応えました。

デクスター・フレッチャー監督は来日した感想を聞かれると「日本に来るのは今回で4回目なんですけど、毎回たらふく美味しいものを食べて、思いっきりショッピング三昧して、本当にいつも楽しくて、日本のファンの皆さんは誰よりも温かくいつも迎えてくださって、最高に興奮しています。特に今回『ロケットマン』という素晴らしい映画と、隣りにいる素晴らしいタロンを主演に迎えて作って、皆さん最高に楽しんでもらえる映画なので、今興奮のあまりちょっと身体が爆発しそうな感じです」と挨拶しました。

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:デクスター・フレッチャー監督

初来日のタロンは「これだけ素晴らしい歓迎をして頂いて、本当に嬉しく思います。特に東京はずっとずっと来たいと思っていた町でした。そしてどうしてもPR活動で忙しいとホテルの中で過ごす時間が長くなってしまうんですけど、それでも出会った多くの日本の方々の温かい歓迎を受けて、非常に感動しております。そして美味しい食べ物もたくさん頂きました。今回こうして日本にPRに来ましたのも、この映画が特に日本の皆さんに絶対気に入ってもらえるという自信があったので、ぜひ皆さん楽しんで頂ければと思います」と笑顔を見せました。

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)

大ヒットした『ボヘミアン・ラプソディ』を撮ったフレッチャー監督は、今までの作品と比べて本作がスペシャルだと思うところを質問されると「ほんとにクイーンが人気なのも知っていましたし、『ボヘミアン・ラプソディ』が日本でこれだけ当たったのも全然不思議ではないんですけども、『ロケットマン』はあの映画と全く違います。この作品はとにかく純粋なミュージカルであることがまず大きな違いだと思います。そしてここにいるタロンが全曲すべてアフレコなしで歌っている、そこが一番の見どころです。本当に彼は演技が素晴らしく、俳優として素晴らしいだけではなく、歌唱力も並外れたものを持っているので、皆さんが今からご覧になる映画は1曲1曲すべて彼が生で歌っています。特に実際に撮影された日、その撮影現場でその勢いで歌った生歌というのが、一番心がこもって、感情がストレートに伝わってくるところですので、そういうところにもぜひ注目して観て欲しいと思います。皆さんエルトン・ジョンが好きで、タロンが好きなら、今日は最高にハッピーな気分でお家に帰れると思います」と自信を覗かせました。

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督
監督がタロンについて語るあいだ、耳を塞ぐキュートなタロン。

エルトン・ジョンと不思議な縁があり、今回エルトン・ジョンの役をやることになった心境についてタロンは「俳優をやっていて、まだご存命中のあれだけ有名な方を演じるという機会はなかなかないと思います。多くの時代映画は他界された後に制作されるものが多いので。今回この作品に関しては、張本人がご存命で制作に深く関わっているという繋がりがありました。なので制作を通して非常に深い絆がエルトンとの間に生まれまして、友情も生まれました。本当にただその時だけで終わるのではなく、ずっと続いている友情です。実際に数週間前まで彼の南仏の家で彼の家族と数日過ごしました。今回の作品に出演できたことは特別な経験であり、魔法のような経験でした。日本で『キングスマン』が大変なヒットをして、大変人気があるというのを聞いています。他にも『イーグル・ジャンプ』など日本で好評だということですが、今回の作品はデクスター・フレッチャー監督を含め、本当に素晴らしい作品になりましたので、ぜひぜひ皆さんに楽しんで頂きたいと思います」と熱く語りました。

タロンは『SING/シング』でゴリラのジョニーの声を担当し、エルトン・ジョンの歌を歌っており、『キングスマン:ゴールデン・サークル』にはエルトン・ジョンが出演、そして本作でタロンがエルトン・ジョンを演じているというような繋がりがあります。

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督

最後にデクスター・フレッチャー監督から「映画の作り手として、何よりも達成感、幸せを感じるのは、観終わった観客の笑顔を見る時、そして皆さんがとても楽しんでくれたというコメント、反応を聞く時です。この映画はそういった意味で一人ひとりに心に、名曲やタロンの素晴らしい演技と歌を通して、響くものになっていると確信しています。この映画は暗い面も描きながら、最終的には希望の物語であり、どんな状況に置かれても、人生は捨てたものではないんだという、そういう人生賛歌としてのメッセージもあります。そういうものも受け取りつつ、最後劇場を後にする時に皆最高の笑顔、最高にごきげんな気分で“楽しかったね”って去ってくれれば、これほど自分が嬉しいことはありません。皆さんぜひ楽しんでください」と思いを述べました。

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)

タロンは「ついさっき黒澤明監督の言葉を引用したテキストを見かけて思い出したんですが、“多くの映画監督は映画を作る際に、心でなく頭を使っていると感じる”というものでした。この映画というのはいろいろな悲しい出来事とか、エルトンの素晴らしい音楽を讃える、両方を盛り込んだ作品ではあるんですけども、一つ言えることは、我々は作っている間、とにかく最高の時間を過ごしたということです。そんな喜びに満ちて、愛に満ちて、本当に皆の心がこもった作品になっています。とにかくこれは人間の人間らしい人間臭い作品なので、だからこそ世界中の人達に共感してもらえたのではないかなと思います。エルトン・ジョンは成功し、たくさんの才能を持っていた人だけど、実は彼が抱えていた問題というのは我々と同じような悩みや苦しみです。そんな経験を皆さんこの作品を観て、共感して頂けたらと思います。有名である必要はないし、実際に例えば薬物依存症である必要はなく、すごく人間臭さというものを感じて頂ける映画だと思いますので、ぜひ楽しんで頂けたらと思います。よろしくお願いします」と観客に訴えかけました。

最後にサプライズで観客から、2人にエルトン・ジョンの曲「Saturday Night’s Alright」に合わせてサイリウムを掲げて歌をプレゼント。監督はスマホを録りだし撮影。すぐにSNSにアップするよと喜びを伝えました。

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督

短い時間での舞台挨拶でしたが、2人の一言ひと言にすごくこの作品に対する情熱と愛が込められているのを感じました。2人ともすごく気さくでしたが、同時にすごく熱意を感じたし、タロンは映画の中ではやんちゃなキャラクターも多いですが、すごく真面目な方なんだなという印象を受けました。本作は、本当に物語、演技、音楽、すべて楽しめる作品になっています。ぜひ音響の良い、大きなスクリーンの劇場で観てください。

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:
2019年8月15日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン

『ロケットマン』
2019年8月23日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
東和ピクチャーズ

©2019 映画「ロケットマン」製作委員会

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『おとなの事情』 参加者募集!皆の意見を聞きながら観たい『おとなの事情』でMOPIE PARK実施

トーキョー女子映画部が提案する、映画を介した新しいコミュニケーション企画MOPIE PARK。今回はイタリア版『おとなの事情』で実施します。

映画『ディア・エヴァン・ハンセン』第46回トロント国際映画祭、ベン・プラット/ジュリアン・ムーア/アマンドラ・ステンバーグ/ニック・ドダニ/ダニー・ピノ/コルトン・ライアン 映画『ディア・エヴァン・ハンセン』ベン・プラットをはじめ豪華キャスト&スタッフが第46回トロント国際映画祭に登場!

11月26日より全国公開となる映画『ディア・エヴァン・ハンセン』。先日行われた第46回トロント国際映画祭で、本作がオープニング作品として上映され、レッドカーペットにベン・プラット、ジュリアン・ムーア、アマンドラ・ステンバーグ、スティーヴン・チョボスキー監督ら豪華キャスト&スタッフが集結しました。

映画『護られなかった者たちへ』佐藤健/阿部寛 護られなかった者たちへ

通常なら、連続“餓死”殺人事件というキーワードからサイコキラーなどが登場するのかなとイメージしてしまいますが…

映画『リスタート』SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE) SWAY(すうぇい)

1986年6月9日北海道、札幌市出身。2002年にラッパーとして活動開始。その後、2012年に劇団EXILEに加入し…

Huluオリジナルドラマ『死神さん』前田敦子さんインタビュー Huluオリジナル『死神さん』前田敦子さんインタビュー

冤罪事件を再捜査するクセモノ刑事(田中圭)が活躍する本作で、主人公を支える警察官を演じた前田敦子さんにインタビューをさせていただきました。アイドル時代と今についてのお話や、演技のために普段やっていることなどをお聞きしました。

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』ジョエル・キナマン ジョエル・キナマン

1979年11月25日スウェーデン、ストックホルム生まれ。アメリカとスウェーデンの国籍を持つ。2011年より…

映画『空白』寺島しのぶさんインタビュー 『空白』寺島しのぶさんインタビュー

今回は日本を代表する演技派俳優、寺島しのぶさんにインタビューをさせていただきました。今回出演されている『空白』でも印象に残るキャラクターを演じている寺島さんに、普段役作りのためにやっていること、普段映画を観る時に目がいくところなどをお聞きしました。

映画『素晴らしき、きのこの世界』ポール・スタメッツ 素晴らしき、きのこの世界

本作は、ナショナルジオグラフィックやディズニーネイチャーのドキュメンタリー作品を手掛けた映像作家の…

映画『明日の食卓』菅野美穂 菅野美穂(かんの みほ)

1977年8月22日生まれ。1993年、ドラマ『ツインズ教師』の生徒役で俳優デビュー。1995年…

映画『整形水』 整形水

いろいろな意味で思った以上に強烈な映画です!アニメーションなので…

部活・イベント

  1. 映画『おとなの事情』
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

映画『おとなの事情』 参加者募集!皆の意見を聞きながら観たい『おとなの事情』でMOPIE PARK実施

トーキョー女子映画部が提案する、映画を介した新しいコミュニケーション企画MOPIE PARK。今回はイタリア版『おとなの事情』で実施します。

Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ 好きな★☆を語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”参加者募集

この度、皆さんからのご要望が多かった“交流会”を開催することにしました。この“交流会”は作品鑑賞はせずに自由に会話していただく機会として実施します。

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『護られなかった者たちへ』佐藤健/阿部寛
  2. 映画『素晴らしき、きのこの世界』ポール・スタメッツ
  3. 映画『整形水』
    整形水

  4. 映画『マイ・ダディ』ムロツヨシ/中田乃愛
    マイ・ダディ

  5. 映画『総理の夫』田中圭/中谷美紀
    総理の夫

  6. 映画『空白』古田新太/松坂桃李
    空白

  7. 映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ/メラーブ・ニニッゼ
  8. 映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ
  9. 映画『スイング・ステート』スティーヴ・カレル
  10. 映画『アイダよ、何処へ?』ヤスナ・ジュリチッチ
PAGE TOP