REVIEW

17歳の瞳に映る世界

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『17歳の瞳に映る世界』シドニー・フラニガン/タリア・ライダー

原題が“Never Rarely Sometimes Always”なので何を指しているのかなと思いながら観ていると、途中でその真相は明かされます。そこでこの言葉が何を意味しているかを知った途端に、特に女性にとってはすごく身近なことに感じられるでしょうし、主人公達が抱える問題が誰にでも起こりえることだと認識できます。
本作は、親には言えない悩みを抱えた高校生の女の子オータムが、親友であり従姉妹のスカイラーに支えられ、ペンシルベニアからニューヨークへ向かい、自分達だけで問題を解決しようとする物語です。この旅で半分大人だけどまだ半分子どもである彼女達は、自分達だけでできることの限界を感じると同時に、不本意ながらも女性であることを利用するしかないという現実にも気付いていきます。本作ではオータムの問題の発端については具体的に語られていませんが、問題は誰が彼女にそうしたかということではなく、女性として生まれ、女性として生きていく上でどんな問題にぶつかるのかということや、女性として見られることの意味にあると思います。無力な17歳の少女2人が親に頼らずに問題を解決する姿には、女性として成長するという意味に、社会の現実を受け入れるしかないという側面も見えます。正直なところ、とても複雑な心境にさせられるストーリーですが、多くの女性が彼女達と同じような感覚に陥ったことがあるはずで、改めて女性として生きることの意味を実感させられます。
肯定するでもなく、否定するでもなく、ただありのまま社会で起こっていることを描いていると思えるストーリーと演出が見事で、説教臭くなるわけでもなく、ただただ目の前にある現実が心に突き刺さります。真逆のキャラクターといっても良いオータムとスカイラーがお互いに支え合い、認め合う姿も印象的で、そういったさりげない言動の一つひとつに、この世の中に負けずに生き抜くヒントが隠されているようにも感じました。観ているといろいろな思いや考えが巡る作品で、主人公達と同じ世代の方はもちろん大人にも観て欲しい1作です。

デート向き映画判定
映画『17歳の瞳に映る世界』タリア・ライダー/セオドア・ペレリン

内容的にデートの雰囲気が盛り上がるタイプの作品ではありません。人によってはオータムが置かれた状況の深刻さや彼女の辛さ、スカイラーの決意の重みがピンとこない可能性もなきにしもあらずで、万が一理解不足が感想に表れたりするとややギクシャクするかもしれません。でも、言葉にして伝えないと伝わらないこともあり、本気で付き合っている相手なら、敢えて感想をぶつけ合うことで理解を深めることもできるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『17歳の瞳に映る世界』シドニー・フラニガン

小学校高学年以上、ティーンの皆さんは、これからこういった現実を目の当たりにすることがあると思うので、ぜひ観ておいて欲しいです。主人公達と同じような出来事が起こるわけでなくても、彼女達が置かれている状況は万国共通、私達の身の回りにもあります。大きくなると人それぞれの価値観、自分の選択で問題を解決していかなくてはいけなくなるので、万人に共通した正解というのはありませんが、自分ならどうするかイメージしながら観ると、自分なりの対処法は見つけられるかもしれません。

映画『17歳の瞳に映る世界』シドニー・フラニガン/タリア・ライダー

『17歳の瞳に映る世界』
2021年7月16日より全国公開
ビターズ・エンド、パルコ
公式サイト

©2020 FOCUS FEATURES, LLC. All Rights Reserved.
©2020 FOCUS FEATURES LLC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP