REVIEW

ジェミニマン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジェミニマン』ウィル・スミス/メアリー・エリザベス・ウィンステッド

何から何までスゴい!まず本作は、”3D+in HFR”という技術を使って撮影されています。これはこれまでの映画のフレームレート(1秒間に24コマ)の2.5倍に匹敵するデジタルフォーマットで、毎秒120フレームの素材として撮影されたマスターから制作されています。…と、そんな専門的なことはちんぷんかんぷんでも、映像を観ればその技術の成果を実感できます。これまでの3Dとは没入感がダントツに違い、本当に主人公と同じ空間にいて、目の前で観ているような感覚になります。そして、何より驚くのは、年齢が全く違うウィル・スミスが2人いることです。ジュニアと呼ばれるキャラクターのほうは23歳ですが、もちろん今のウィル・スミスが演じています。公式資料にあるVFX責任者の言葉によると、「若返りの映像技術を使ったわけでも、顔の入替をしたわけでもない。ジュニアは完全なるデジタル技術で作り上げたもので、100%ウィル・スミスの演技で成り立っている」ということです。ここで23歳のウィル・スミスが超リアルに具現化されていることにも驚きますが、内面的なところもちゃんと若いという点が見どころで、これを演じ分けているウィル・スミスの演技力の高さが実感できます。ストーリーについては、まっさらな状態で観たほうが楽しめると思いますので、ここでは控えますが、心理学的に観てもおもしろい観方ができるので、それは別のコラムで書きたいと思います。

デート向き映画判定
映画『ジェミニマン』ウィル・スミス

3D+in HFRで撮影された映像が堪能できる設備でぜひ観て欲しいのですが、没入感が半端ないので、凄腕スナイパー同士のアクションシーンは、自分達が巻き込まれたような感覚でアトラクションを楽しむように観ることができます。ロマンチックな展開はあまりありませんが、逆にここまでガッツリSFアクションだと、どんなデートでも観やすいでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ジェミニマン』ウィル・スミス

本作は、革新的な技術を駆使して作られていて、この時代だからこそ実現した作品だと言えます。そんな時代の皆さんはどんどん目が肥えていくと思いますが、同時にいろいろなことが実現できる時代に生きていることを実感してもらえると思います。ストーリーの展開も早く、アクションシーンは激しくて目が離せないほどなので、キッズでも小学生中学年以上なら集中して観られると思います。

映画『ジェミニマン』ウィル・スミス

『ジェミニマン』
2019年10月25日より全国公開
東和ピクチャーズ
公式サイト

© 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP