特集

みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

  • follow us in feedly
  • RSS
秋の女神イメージ写真AC

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

小さいジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひ観てみてください。

“ハリー・ポッター”シリーズ

子どもの頃初めて観た“ハリー・ポッター”は観ていて本当に楽しくて、「あんな魔法が使えたらな」とか夢があって子ども心がくすぐられる作品で、今でも大好きです。(匿名希望)

ハリー・ポッターと賢者の石 (字幕版)

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

何度でも時間を戻してやり直せる人生を手に入れた主人公の物語です。今という時間が愛しくなる、とても素敵な映画でした。こんな時間を映画を観ている間に共有したくて映画好きになりました。(匿名希望)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (字幕版)

インディジョーズ/魔宮の伝説

子どもの頃からテレビで映画はいろいろ観てたけど、長いドラマに近いものという認識でした。 映画館で大画面で観て、「これぞ映画だ!楽しい!」と初めて認識したのがこの作品。ジェットコースタームービーと言われて、まるで自分がジェットコースターに乗っているかのような画面作りに大興奮した記憶。そして、ハリソン・フォードにもハマりました。(うめちゅ)

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (字幕版)

ダイ・ハード

何と言ってもハラハラドキドキの『ダイ・ハード』を観てから、こんなにもおもしろい映画があるんだと、映画の虜になりました。ブルース・ウィルスの動きの良さ、素敵です。(ろみ)

ダイ・ハード (字幕版)

ハチ公物語

小学2~3年生頃に、おじいちゃんが映画館に連れて行ってくれて『ハチ公物語』を観ました。明治生まれのおじいちゃんは、私にかりんとうを買ってくれました。今でもかりんとうは大好きです。かりんとうを食べると、映画につれてってくれたおじいちゃんのことと、映画に出てきた犬がてかわいそうだと思ったことを思い出します。(匿名希望)

ハチ公物語

ファンタジア

子どもの頃、親に連れられて観たファンタジアが忘れられません。ミッキーマウスが好きというそれだけで行ったのですが、音楽とに併せていろいろなキャラクターが踊ったり泣いたり走り回ったりして、夢中で観ました。そこから始まってアニメ、実写問わず様々な世界を観てきました。今はドラマ性のある正統派の映画が好きですが、原点は『ファンタジア』だったような気がします。(ぴぃ)

ファンタジア(吹替版)

マイ・フレンド・フォーエバー

中学生の頃、多感で悩みも多かった時期にこの映画と出逢って、とにかく夢中になりながらボロボロ泣いて観たのを憶えています。映像だけでこんなに人の心を動かしてしまう魅力にハマって、映画をよく観るようになりました。(匿名希望)

マイ・フレンド・フォーエバー [AmazonDVDコレクション]

ライフ・イズ・ビューティフル

学生時代、バイト先の先輩から勧められレンタルして観た『ライフ・イズ・ビューティフル』。思った以上に胸に刺さって、今でも好きな映画の筆頭に挙げています。この作品から、映画だからこそ伝わる訴えられるものがあるのだと教えてもらった気がしました。映画って本当に素晴らしいです!(ペンタゴン)

ライフ・イズ・ビューティフル (字幕版)

ロミオとジュリエット(1968年版)

この映画を観たのは、自分が学生の時だと思います。何度も観た記憶があります。オリヴィア・ハッセーの凄まじい可愛さ、レナード・ホワイティングのセクシー過ぎるカッコ良さにメロメロになり、下敷きやプロマイドを沢山集めたものです。働き出してから、映画を観る習慣がつき、今では月に2本以上、あとは試写会もどんどん応募しています。近年、映画館代も値上げしたりでなかなか大変ですが、これからも、現実逃避、ストレス発散のため、足しげく通い続けようと思っています。(メッタン)

ロミオとジュリエット (字幕版)

吉原炎上

映画館好きになったきっかけは、『吉原炎上』を幼少期にテレビで観たことです。それまでは映画館で“スター・ウォーズ”など、SF映画やハリウッドの大作映画しか観たことがなく、映画=娯楽だったので、当時はすべて理解出来た訳ではないですが、邦画の持つ物語性や女性の悲哀が、強く印象に残りました。それからは、悲劇性がある邦画にハマっていきました。未だに大好きなジャンルです。(くも)

吉原炎上 [DVD]

君の名前で僕を呼んで

たまたまレンタルショップで見かけたのがきっかけです。メインビジュアルに惹かれ、気になって観てみたらティモシー にハマり、映画のおもしろさに気付き、いろいろと観始めました。(匿名希望)

ティモシー・シャラメとアーミー・ハマーが演じる2人の、別れが辛いと泣きながら抱き合うシーンにやられた~。個人的な意見ですが泣く演技を自然にできる俳優さんはなかなかいない。演技力がないとできないと思ってます。映画を3回鑑賞、輸入盤DVD、原作の電子書籍、日本語訳本を購入。すっかりハマってしまった。映画って凄い!!(ネオンテトラ)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

君の名前で僕を呼んで(字幕版)

重力ピエロ

単純に当時好きだった岡田将生さんが出演しているという理由で鑑賞したのですが、劇中で偉人のたちの言葉、特にガンジーの「自分自身がこの世で見たいと思う変化になりなさい」という言葉に触発されました。数年後の進路を変えて現在の職業に就きました。出演者すべてが素晴らしい演技で、公開中何度も劇場へ足を運びました。原作本も読みましたが、映像によってここまで心の奥底へ訴えることができるのかと実感した作品です。(ホワイト)

重力ピエロ

風と共に去りぬ

中学1年を皮切りに、15回ではきかない回数観ています。スカーレット役のヴィヴィアン・リーと、レッド・バトラー役のクラーク・ゲーブルがもうホントに素敵でした。原作も直ぐに読み、「明日は明日の風が吹く~」の台詞を呟いていた思春期が懐かしい。映画好きを意識したスタートラインの作品。基本的に洋画専門。両親が映画好きのため、記憶では幼稚園の頃観た『野性のエルザ』が劇場で観た字幕映画のスタートでした。(アラアラリン)

風と共に去りぬ (字幕版)

バック・トゥ・ザ・フューチャー

友達におもしろいと言われて観ましたが、過去に戻る方法が楽しくて、デロリアンもカッコ良かった。過去のシーンも楽しくスッキリ感がたまらなくて、何度もリピートして観ました。今観てもワクワクする映画です。(モコモコモコ)

こんなに映画っておもしろいんだと教えてくれた作品です。数えきれないぐらい何度も観たので目をつぶってセリフを聞いただけで、どこの場面かわかるほどです。(匿名希望)

子どもながらにドキドキワクワク感を感じ、映画の魅力を教えてくれた作品の1つです。過去に行って自分の両親と会ったり、過去を変えたら未来が変わってしまうという設定の物語を観て、初めて「過去と未来は繋がっているから、タイムスリップしても過去を変えちゃいけないんだな」と思った記憶があります。デロリアンは本当にカッコ良くて、欲しかったです(笑)!!この作品で感じたようなドキドキワクワク感を常に追い求めながら、ずっと映画を観ているようが気がするので、やはり子どもの頃にこの作品と出会わせてくれた両親には感謝しています。(編集部シャミ)

バック・トゥ・ザ・フューチャー (字幕版)

映画好き同志で出会った時に、こういう話をするとすぐに打ち解けますよね。皆さんのコメントを読ませて頂いているだけで親近感がすごく湧きます!次回もお楽しみに!

トップのイメージ写真は、acworksさんによる写真ACからの写真です。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ダニエル・クレイグ ダニエル・クレイグ

1968年3月2日イイギリス、チェスター生まれ。リヴァプール近郊で育ち、ロンドンのナショナル・ユース・シアターとギルドホール音楽演劇学校で学び1991年に卒業。1992年ジョン・G・アヴィルドセン監督の…

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ フォー・ライフ

シリーズのノリはそのままに、主人公の“今”に合ったストーリーになっていて、ウィル・スミスが演じるマイクと、マーティン・ローレンスが演じるマーカスの個性にも…

殺人イメージ写真AC(包丁) 心理学から観る映画1-3:犯罪と脳

先天的な理由の一つとして、脳の神経構造の研究が行われています。果たして、連続殺人犯の脳と、一般の人の脳に違いはあるのでしょうか?

映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊 風の電話

“風の電話”は、2011年に岩手県大槌町在住の庭師である佐々木格さんが、自宅の庭に設置した電話ボックスで、東日本大震災で多くの方がお亡くなりになり、故人と…

映画『パラサイト 半地下の家族』チェ・ウシク チェ・ウシク

1990年3月26日生まれ。大韓民国、ソウル特別市出身。幼少期にカナダに移住し、学生生活を過ごす。その後韓国に戻り、2011年にテレビドラマ『チャクペー相棒ー』で俳優デビューを飾る。その後…

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー 9人の翻訳家 囚われたベストセラー

巧みなトリックとどんでん返しの繰り返しで、気持ち良く騙される快感を得られます。物語は、全世界待望のミステリー小説の新刊を世界同時出版するため、9名の翻訳家がフランスの人里離れた村にある要塞のような洋館に集められるところから…

映画『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー 『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー

本作は、1年前に死んだバンドのボーカル・アキ(新田真剣佑)と、人付き合いが苦手な大学生、颯太(北村匠海)が1つの体を共有するというユニークな青春音楽ラブストーリー。今回、本作でメガホンを執った萩原健太郎監督にインタビューをさせて頂きました。監督のこだわり、俳優さん達について、そしてアメリカと日本の映画作りの違いなど、いろいろなお話を聞けました。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ステラン・スカルスガルド ステラン・スカルスガルド

1951年6月13日、スウェーデン生まれ。1968年、TVシリーズの主演に抜擢され俳優デビューし、1972年ストックホルム王立劇場の一員となり…

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー) トム・フーパー監督が8歳の頃に一目惚れしたミュージカルを映画化『キャッツ』来日ジャパンプレミア

日本での劇場公開目前となる2020年1月22日、本作を監督したトム・フーパー、主人公ヴィクトリア役を演じたフランチェスカ・ヘイワード、プロデューサーのデブラ・ヘイワードが来日し、日本語版吹き替えキャスト達とともにジャパンプレミアを行いました…

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ジョナサン・プライス ジョナサン・プライス

1947年6月1日イギリス生まれ。ロンドンの王立演劇学校で学び、ブロードウェイにも進出してトニー賞などを受賞。1985年、テリー・ギリアム監督作『未来世紀ブラジル』で…

おすすめ記事

【東京コミコン2018】オープニングセレモニー、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 個性・ユーモア部門ランキング>

今回は、海外20代俳優の個性部門TOP20、ユーモア部門TOP15を発表!若い時から個性やユーモアが光る俳優は、今後も演技の幅をどんどん広げていきそうな気がします。注目のランキング結果はいかに!?

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ティモシー・シャラメ イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 ルックス・セクシー部門ランキング>

今回からいよいよイイ男セレクションランキング海外俳優編がスタート!まずは20代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊
    風の電話

  3. 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー
  4. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス
  5. 映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優
  6. 映画『キャッツ』フランチェスカ・ヘイワード
    キャッツ

  7. 映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海
  8. 映画『私の知らないわたしの素顔』ジュリエット・ビノシュ/フランソワ・シビル
  9. 映画『ジョジョ・ラビット』ローマン・グリフィン・デイビス/タイカ・ワイティティ
  10. 映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』フェリシティ・ジョーンズ/エディ・レッドメイン

部活・イベント

  1. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP