特集

みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

  • follow us in feedly
  • RSS
秋の女神イメージ写真AC

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

小さいジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひ観てみてください。

“ハリー・ポッター”シリーズ

子どもの頃初めて観た“ハリー・ポッター”は観ていて本当に楽しくて、「あんな魔法が使えたらな」とか夢があって子ども心がくすぐられる作品で、今でも大好きです。(匿名希望)

ハリー・ポッターと賢者の石 (字幕版)

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

何度でも時間を戻してやり直せる人生を手に入れた主人公の物語です。今という時間が愛しくなる、とても素敵な映画でした。こんな時間を映画を観ている間に共有したくて映画好きになりました。(匿名希望)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (字幕版)

インディジョーズ/魔宮の伝説

子どもの頃からテレビで映画はいろいろ観てたけど、長いドラマに近いものという認識でした。 映画館で大画面で観て、「これぞ映画だ!楽しい!」と初めて認識したのがこの作品。ジェットコースタームービーと言われて、まるで自分がジェットコースターに乗っているかのような画面作りに大興奮した記憶。そして、ハリソン・フォードにもハマりました。(うめちゅ)

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (字幕版)

ダイ・ハード

何と言ってもハラハラドキドキの『ダイ・ハード』を観てから、こんなにもおもしろい映画があるんだと、映画の虜になりました。ブルース・ウィルスの動きの良さ、素敵です。(ろみ)

ダイ・ハード (字幕版)

ハチ公物語

小学2~3年生頃に、おじいちゃんが映画館に連れて行ってくれて『ハチ公物語』を観ました。明治生まれのおじいちゃんは、私にかりんとうを買ってくれました。今でもかりんとうは大好きです。かりんとうを食べると、映画につれてってくれたおじいちゃんのことと、映画に出てきた犬がてかわいそうだと思ったことを思い出します。(匿名希望)

ハチ公物語

ファンタジア

子どもの頃、親に連れられて観たファンタジアが忘れられません。ミッキーマウスが好きというそれだけで行ったのですが、音楽とに併せていろいろなキャラクターが踊ったり泣いたり走り回ったりして、夢中で観ました。そこから始まってアニメ、実写問わず様々な世界を観てきました。今はドラマ性のある正統派の映画が好きですが、原点は『ファンタジア』だったような気がします。(ぴぃ)

ファンタジア(吹替版)

マイ・フレンド・フォーエバー

中学生の頃、多感で悩みも多かった時期にこの映画と出逢って、とにかく夢中になりながらボロボロ泣いて観たのを憶えています。映像だけでこんなに人の心を動かしてしまう魅力にハマって、映画をよく観るようになりました。(匿名希望)

マイ・フレンド・フォーエバー [AmazonDVDコレクション]

ライフ・イズ・ビューティフル

学生時代、バイト先の先輩から勧められレンタルして観た『ライフ・イズ・ビューティフル』。思った以上に胸に刺さって、今でも好きな映画の筆頭に挙げています。この作品から、映画だからこそ伝わる訴えられるものがあるのだと教えてもらった気がしました。映画って本当に素晴らしいです!(ペンタゴン)

ライフ・イズ・ビューティフル (字幕版)

ロミオとジュリエット(1968年版)

この映画を観たのは、自分が学生の時だと思います。何度も観た記憶があります。オリヴィア・ハッセーの凄まじい可愛さ、レナード・ホワイティングのセクシー過ぎるカッコ良さにメロメロになり、下敷きやプロマイドを沢山集めたものです。働き出してから、映画を観る習慣がつき、今では月に2本以上、あとは試写会もどんどん応募しています。近年、映画館代も値上げしたりでなかなか大変ですが、これからも、現実逃避、ストレス発散のため、足しげく通い続けようと思っています。(メッタン)

ロミオとジュリエット (字幕版)

吉原炎上

映画館好きになったきっかけは、『吉原炎上』を幼少期にテレビで観たことです。それまでは映画館で“スター・ウォーズ”など、SF映画やハリウッドの大作映画しか観たことがなく、映画=娯楽だったので、当時はすべて理解出来た訳ではないですが、邦画の持つ物語性や女性の悲哀が、強く印象に残りました。それからは、悲劇性がある邦画にハマっていきました。未だに大好きなジャンルです。(くも)

吉原炎上 [DVD]

君の名前で僕を呼んで

たまたまレンタルショップで見かけたのがきっかけです。メインビジュアルに惹かれ、気になって観てみたらティモシー にハマり、映画のおもしろさに気付き、いろいろと観始めました。(匿名希望)

ティモシー・シャラメとアーミー・ハマーが演じる2人の、別れが辛いと泣きながら抱き合うシーンにやられた~。個人的な意見ですが泣く演技を自然にできる俳優さんはなかなかいない。演技力がないとできないと思ってます。映画を3回鑑賞、輸入盤DVD、原作の電子書籍、日本語訳本を購入。すっかりハマってしまった。映画って凄い!!(ネオンテトラ)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

君の名前で僕を呼んで(字幕版)

重力ピエロ

単純に当時好きだった岡田将生さんが出演しているという理由で鑑賞したのですが、劇中で偉人のたちの言葉、特にガンジーの「自分自身がこの世で見たいと思う変化になりなさい」という言葉に触発されました。数年後の進路を変えて現在の職業に就きました。出演者すべてが素晴らしい演技で、公開中何度も劇場へ足を運びました。原作本も読みましたが、映像によってここまで心の奥底へ訴えることができるのかと実感した作品です。(ホワイト)

重力ピエロ

風と共に去りぬ

中学1年を皮切りに、15回ではきかない回数観ています。スカーレット役のヴィヴィアン・リーと、レッド・バトラー役のクラーク・ゲーブルがもうホントに素敵でした。原作も直ぐに読み、「明日は明日の風が吹く~」の台詞を呟いていた思春期が懐かしい。映画好きを意識したスタートラインの作品。基本的に洋画専門。両親が映画好きのため、記憶では幼稚園の頃観た『野性のエルザ』が劇場で観た字幕映画のスタートでした。(アラアラリン)

風と共に去りぬ (字幕版)

バック・トゥ・ザ・フューチャー

友達におもしろいと言われて観ましたが、過去に戻る方法が楽しくて、デロリアンもカッコ良かった。過去のシーンも楽しくスッキリ感がたまらなくて、何度もリピートして観ました。今観てもワクワクする映画です。(モコモコモコ)

こんなに映画っておもしろいんだと教えてくれた作品です。数えきれないぐらい何度も観たので目をつぶってセリフを聞いただけで、どこの場面かわかるほどです。(匿名希望)

子どもながらにドキドキワクワク感を感じ、映画の魅力を教えてくれた作品の1つです。過去に行って自分の両親と会ったり、過去を変えたら未来が変わってしまうという設定の物語を観て、初めて「過去と未来は繋がっているから、タイムスリップしても過去を変えちゃいけないんだな」と思った記憶があります。デロリアンは本当にカッコ良くて、欲しかったです(笑)!!この作品で感じたようなドキドキワクワク感を常に追い求めながら、ずっと映画を観ているようが気がするので、やはり子どもの頃にこの作品と出会わせてくれた両親には感謝しています。(編集部シャミ)

バック・トゥ・ザ・フューチャー (字幕版)

映画好き同志で出会った時に、こういう話をするとすぐに打ち解けますよね。皆さんのコメントを読ませて頂いているだけで親近感がすごく湧きます!次回もお楽しみに!

トップのイメージ写真は、acworksさんによる写真ACからの写真です。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ ミラ・ジョヴォヴィッチ

1975年12月17日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国生まれ。1998年に『トゥー・ムーン』で…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告

本作は、とある事情で娘一家の家に移り住むことになったおじいちゃん(ロバート・デ・ニーロ)と、おじいちゃんに部屋を取られ…

映画『スプリー』ジョー・キーリー スプリー

SNSでバズろうと躍起になり、我を失う若者を描いた本作は、サンダンス映画祭で話題を呼び、全米では33館という小規模の公開ながら…

映画『すばらしき世界』六角精児 六角精児(ろっかく せいじ)

1962年6月24日生まれ。兵庫県出身。1982年に劇団”善人会議(現・扉座)”の旗揚げに参加し、…

Netflix映画『彼女』インタビュー:廣木隆一監督&さとうほなみさん Netflix映画『彼女』廣木隆一監督、さとうほなみさんインタビュー

Netflix映画『彼女』の廣木隆一監督、さとうほなみさんにインタビュー。監督、主演の立場から、本作の魅力をいろいろと語っていただきました。お2人の楽しい掛け合いから、撮影現場でも和気あいあいとされていたのかなというのが伝わってきました。

映画『SNS-少女たちの10日間-』 SNS-少女たちの10日間-

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは…

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』安藤政信 安藤政信(あんどう まさのぶ)

1975年5月19日、神奈川県生まれ。1996年、北野武監督&脚本作…

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介 るろうに剣心 最終章 The Final

大人気の本シリーズもいよいよ最終章です。本作は最終章2部作のうちの1作目。物語は…

映画『トムとジェリー』クロエ・グレース・モレッツ クロエ・グレース・モレッツ

1997年2月10日アメリカ生まれ。現在、カリフォルニア州ロサンゼルスに在住。2010年『キック・アス』で…

映画『SNS-少女たちの10日間-』 ここだけの話16:最近観た、いろんな意味で衝撃的だった映画(2021年春)

今回は、最近観た映画の中で、いろんな意味で衝撃的、印象的だった映画について、ツラツラとお話しています。気楽に聞いて頂けると嬉しいです。

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー
  2. 映画『スプリー』ジョー・キーリー
    スプリー

  3. 映画『SNS-少女たちの10日間-』
  4. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  5. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  6. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  7. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  8. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

  9. 映画『約束の宇宙』エヴァ・グリーン
    約束の宇宙

  10. 映画『パーム・スプリングス』アンディ・サムバーグ/クリスティン・ミリオティ
PAGE TOP