REVIEW

サムジンカンパニー1995

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『サムジンカンパニー1995』コ・アソン/イ・ソム/パク・ヘス

物語の舞台は1995年の韓国。当時の韓国は金泳三大統領によってグローバル元年とされ、語学学校が流行していたといいます。本作でも学歴社会、人事におけるTOEIC採用などの社会情勢がストーリーにも反映されており、実話をベースとした逆転劇が展開されます。劇中で高卒の女性社員達は制服に身を包み、コーヒーを入れたり書類を整理したり雑用をメインに担当しています。会社の問題点に気付いたり、良いアイデアを思いついても相手にされることは稀で、性別と学歴でここまで立場を限定されるのかと改めて実感させられます。今どれくらいそういった状況が改善されているのかわかりませんが、日本にいる私達も他人事としては観られない情景が本作には広がっています。
また、性差別や学歴社会による格差だけでなく、大企業の隠蔽工作という大きな問題も扱われています。公式サイトによると、その部分は1991年に起きた、斗山電子のフェノール流出による水質汚染事件がモデルとなっているとのことで、汚染地区の住民達の緊迫した姿が印象的に描かれています。女性社員達のワチャワチャした感じやOLの日常シーンは女性ならとても共感できると同時に、事件解決に奔走するシーンはシリアスに描かれていてメリハリも効いています。本作がおもしろいのは主人公達がこの問題に立ち向かうと同時に、それが最終的に女性の立場の向上にも繋がっている点であり、現状を受け入れつつもそれぞれの夢を諦めずに態度と行動で実力を示す彼女達の姿がとても清々しくカッコ良く映し出されている点です。伏線もとても巧みに張り巡らされているので冒頭から細かいところに目を配りながら観て欲しい1作です。

デート向き映画判定
映画『サムジンカンパニー1995』パク・ヘスほか

ロマンチックなムードになるようなストーリーではないし、思いっきりお仕事映画なので、特に会社勤めの皆さんは映画が始まると自分の職場のことなどが脳をよぎって、デートの雰囲気を味わう感じではなくなるかもしれません。でも、もし今自分がいる会社に疑問を持っていたり、仕事のことで悩んでいたら、これを機にパートナーに悩みを切り出しやすくなると思います。たまにはお互いの仕事の話もしたいというカップルは一緒に本作を観てみてはどうでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『サムジンカンパニー1995』コ・アソン/イ・ソム/パク・ヘスほか

キッズの皆さんにはまだピンとこないところもあるかもしれませんが、内容はシンプルなので小学校高学年以上ならストーリーには充分ついていけると思います。職場見学、社会見学の感覚で観られるポイントがたくさんあるので、会社員として働くとどんな感じなのかイメージの1つとして参考にできるでしょう。少しずつ時代は変わってきていますが、まだまだ日本も本作に描かれているような状況が残っていると思います。そういう社会情勢を踏まえて、自分はどんなところでどんな働き方をしたいか、本作を観てイメージしてみてください。

映画『サムジンカンパニー1995』コ・アソン/イ・ソム/パク・ヘス

『サムジンカンパニー1995』
2021年7月9日より全国順次公開
ツイン
公式サイト

© 2020 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~【レビュー】

ニコール・キッドマン(主演兼製作総指揮)と『フェアウェル』のルル・ワンがタッグを組んだ本シリーズは…

映画『ハクソー・リッジ』ルーク・ブレイシー ルーク・ブレイシー【プロフィールと出演作一覧】

1989年4月26日生まれ。オーストラリア、シドニー出身。ベルビュー・ヒルにあるスコッツ・カレッジで学び…

映画『悪は存在しない』西川玲 悪は存在しない【レビュー】

『悪は存在しない』というタイトルにインパクトがあり、鑑賞中はどういう意味が込められているのか…

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン
  2. 映画『悪は存在しない』西川玲
  3. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  4. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  5. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス

PRESENT

  1. 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード
  2. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  3. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
PAGE TOP