REVIEW

シモーヌ フランスに最も愛された政治家【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『シモーヌ フランスに最も愛された政治家』エルザ・ジルベルスタイン

私はシモーヌ・ヴェイユの数々の功績を本作で知りました。これほどの功績をあげた政治家は世界中を見ても稀なのではないでしょうか。彼女には他の政治家とは比べものにならない信念と熱意があります。彼女が政策を実現しようとする背景には壮絶な過去がある点にも驚かされます。ユダヤ人のシモーヌは、10代でアウシュビッツの強制収容所に入れられ、大変苦しい経験をしたサバイバーです。生き延びた強さがあると同時に生き延びた罪悪感が彼女をずっと苦しめています。子どもの頃から聡明さを発揮していた彼女は、大好きだった母の教えに従い、自立した女性となるべく勉学に励み、社会に貢献する仕事に就きます。若かりし頃から弱い人間の尊厳、権利を守ることに使命を感じて行動する姿には並々ならぬ覚悟が滲み出ていて、本当に尊敬します。
本作はシモーヌが自身の回顧録を残そうとする過程で過去に向き合う視点で描かれています。だからかなりプライベートな内容に踏み込み、彼女にとって思い出すのも苦しい出来事が明かされていきます。ナレーションには、記憶と歴史は異質なものであるいう言葉がある点でも、彼女が政治家である前に1人の人間として、どう生きてきたかが語られていることがわかります。これは私の個人的な解釈ですが、彼女は政治家になりたかったというよりは、世界を本気で救う意志があったからこそ、それを実現するために政治家になることを選んだのだと感じます。国内外の選挙や政治家の言動を見ていると、その多くは口先では利他的であっても、実質は利己的です。世の中を変えたいというよりも自分が政治家になりたいだけの人が多いようにも思います。本作を観ると、政治家が本来あるべき姿がわかります。映画ファンはもちろんのこと、本作はぜひ政治に関わる方々に観ていただきたいです。

デート向き映画判定
映画『シモーヌ フランスに最も愛された政治家』エルザ・ジルベルスタイン

今よりもっと男性社会であった時代から、周囲の無理解にひるむことなく社会問題の数々を解決していったシモーヌの物語は、現代を生きる多くの女性の心に響くでしょう。さらに彼女は3人の子どもを育てながら、多忙な日々を送っていました。そこで、シモーヌと夫のパートナーシップは、どうなっていたか気になる方もいると思います。一生添い遂げたいと考えている相手がいる方は、本作を一緒に観ると自分達のパートナーシップを客観視できるし、感想を述べあうことでお互いの人生観を知るきっかけにできそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『シモーヌ フランスに最も愛された政治家』レベッカ・マルデール

多忙なお母さんは家に不在になりがちなので、子どもからすると寂しいのは当然です。でも、お母さんが世の中を良くするために一生懸命働いていたら、少し感じ方は変わるかもしれません。寂しいことに違いはありませんが、何もわからないよりは、お母さん目線で物事を見てみると少し気が楽になる部分があるでしょう。忙しいお母さんの日常を覗くような感覚で観てみてください。ただし、本作は時代が行ったり来たりするので集中力が必要です。内容的にも中学生以上が対象かなと思います。

映画『シモーヌ フランスに最も愛された政治家』エルザ・ジルベルスタイン

『シモーヌ フランスに最も愛された政治家』
2023年7月28日より全国順次公開
アット エンタテインメント
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2020 – MARVELOUS PRODUCTIONS – FRANCE 2 CINÉMA – FRANCE 3 CINÉMA

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年7月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP