REVIEW

ザ・ホエール【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ザ・ホエール』ブレンダン・フレイザー

愛するパートナーを失ったことで過食し、272kgまで体重が増えてしまったチャーリー(ブレンダン・フレイザー)は、歩行器がなければ歩けない身体になっています。ある日、発作を起こし死を覚悟したチャーリーは、長らく会っていなかった一人娘エリー(セイディー・シンク)を呼び寄せます。
本作を観ている間、そして観終わった後も込み上げてくるさまざまな感情を抑えられなくなるはず。ストーリーと、ダーレン・アロノフスキー監督の演出が素晴らしいのはもちろんのこと、本作で本格的に俳優復帰を果たしたブレンダン・フレイザーの演技が見事です。演技が繊細なだけに、逆に特殊メイクを施したチャーリーの動きや表情をどうやって撮影したのか、とても気になります。また、脇を固めるセイディー・シンク、ホン・チャウ、タイ・シンプキンス、サマンサ・モートンも名演を見せていて、本作の世界にどっぷり浸れます。
私達人間は、誰かを深く愛することで、悲しみや苦しみを味わうことを避けられません。また、愛する人が傷ついたり悲しんだりしている時に無力さを感じたり、責任や罪悪感を抱かずにはいられません。そんな思いに押し潰されそうな人間の姿を、チャーリーというキャラクターで見事に体現しています。そして、娘エリーを通して、「自分の行為はエゴだったのか愛だったのか」「愛する娘が周囲の人間にとった行為の意味は悪意からなのか、善意からなのか」と悩むチャーリーの姿も印象的です。長年離れていた娘と対峙して、愛とは何かを見つめ直した彼が最後に導き出した答えに観ているこちらも救われるような気がします。
パートナーへの愛、娘への愛、そしてそばで支えてくれた人達への愛。最期を覚悟したチャーリーに残された日々が悲しくも温かく描かれています。チャーリーの言葉一つひとつが心に響いて、観終わった後もしばしそのまま包まれていたい気持ちになります。出会えて良かった作品、何度でも観たくなる作品です。

デート向き映画判定
映画『ザ・ホエール』ホン・チャウ

愛するパートナーを亡くし、絶望の淵に立たされた男性の物語という点で、悲しくもあり、愛する人の存在の大きさを再認識できる内容です。だからこそ、感情移入できた時に思い浮かべるのが今隣にいる相手なのか、そうでないのか、自分の本心に気付くかもしれません。その点で自信があればデートで一緒に観れば良いですし、自信がなければじっくり1人で観るのも良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ザ・ホエール』セイディー・シンク

娘と妻を置いて出ていったチャーリーの気持ちを完全に理解できないとしても、皆さんはチャーリーの娘エリーの目線で観て、思うところがいろいろ出てくると思います。また、エリー自身が自分の気持ちを整理できていないようにも見えて、そういうどうしようもない感情に苦しむ姿に親近感が湧くのではないでしょうか。大人になってさまざまな経験を経てから観ると一層深く入り込めるストーリーなので、今観て、大人になってからまた観てみるのもオススメです。

映画『ザ・ホエール』ブレンダン・フレイザー

『ザ・ホエール』
2023年4月7日より全国公開
PG-12
キノフィルムズ
公式サイト

© 2022 Palouse Rights LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP