REVIEW

ダンボ

映画『ダンボ』コリン・ファレル/ニコ・パーカー/フィンリー・ホッビンズ

ダンボと、ダンボの才能に気付くサーカス団の子どもミリーとジョーが本当に可愛くて、最初から最後まで癒されます。ダンボがあまりに健気で、お母さんへの愛がいっぱいなので、涙腺が弱い大人はきっと終始ウルウルしてしまうはず。そして、他の象とは異なり、すごく大きな耳を持ったダンボが、始めはその容姿でバカにされながら、その耳を使った真似の出来ない特技で周囲を喜ばせ、助けていく姿にたくさんの勇気と希望をもらえます。サーカスの世界が舞台のファンタジーということで、こういう演出が得意なティム・バートンが監督を務めたのは納得ですが、他とは違うことで最初は苦労を強いられるキャラクターが最後に活躍する物語だからこそ、そういう作品を多く撮ってきたバートン監督の思いもスクリーンに溢れています。ダンボも本当にリアルでビックリするし、キャストも素晴らしく、特にダニー・デヴィートやマイケル・キートンはすごく役にハマってました。コリン・ファレルは灰汁の強いキャラクターを演じる印象が強いですが、今回は正統派のイケメンお父さんを演じているのも嬉しいです。女子目線では、コリン・ファレルが演じるホルトの娘ミリーが科学者を目指しているという設定にも共感できると思います。子どもだけでなく、ぜひ大人にも観て欲しいディズニー作品です。

デート向き映画判定
映画『ダンボ』コリン・ファレル/エヴァ・グリーン

一見ファミリー向け映画ですが、老若男女が楽しめる物語でクオリティも高いので、デートで観るのもオススメです。映画を観慣れていなくても誘えるし、気まずいシーンはないので、どんな関係性でもオーケーです。最近日本でサーカスの巡業がどれくらいあるのかわかりませんが、本作を機に次のデートでは、2人でサーカスを観に行くのもアリですよ。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ダンボ』ニコ・パーカー/フィンリー・ホッビンズ

お母さんと離ればなれになってしまったダンボが、お母さん象を救うために奮闘する姿と、それを支えるサーカス団の人々のお話で、とても心温まる作品です。そして何より、子ども達も活躍するので等身大で物語の世界に入れると思います。ダンボはもちろん、ミリーとジョーの姉弟が活躍する姿にも勇気をもらえます。

映画『ダンボ』コリン・ファレル/マイケル・キートン/ダニー・デヴィート/エヴァ・グリーン/アラン・アーキン

『ダンボ』
2019年3月29日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

TEXT by Myson

関連記事

新着記事

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス バイク好き夫を持つ女性へのアドバイスがシュール過ぎ(笑)『ライドwithノーマン・リーダス』来日

2019年4月19日、『ライドwithノーマン・リーダス』新シーズン配信を記念して、ノーマン・リーダスが来日し、ファンミーティングを行いました。お茶目なノーマン全開です。

映画『キングダム』山﨑賢人 山﨑賢人(やまざき けんと)

1994年9月7日、東京都生まれ。2010年にTVドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビューし、2011年の映画『管制塔』で初主演を飾る。その後…

東京ディズニーリゾートにて『トイ・ストーリー4』の世界を楽しめる【ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4】が開催!

ディズニー/ピクサーの大傑作“トイ・ストーリー”シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』が、7月12日に全国公開となります。そして、このたび、東京ディズニーリゾートでは…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマン チャドウィック・ボーズマン

1976年アメリカ、サウスカロライナ州生まれ。ワシントンDCのハワード大学卒業後、英オックスフォードのブリティッシュ・アメリカン・ドラマ・アカデミーでも…

映画『シャザム!』ジャック・ディラン・グレイザー ジャック・ディラン・グレイザー

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。アダレイ・スクール・フォー・ザ・パフォーミング・アーツのアダレイ・レパートリー・シアター・アンサンプル(ARTE)に迎えられ…

映画【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』 【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』5組10名様 一般試写会ご招待

【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』5組10名様 一般試写会ご招待

おすすめ記事

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ 映画好き女子のお気に入りは?本作俳優&クイーンのメンバーについて調査『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド“クイーン”の知られざる姿を描き、国内では興行収入128.5億円(2019年4月12日現在)を突破し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』。今回のアンケートでは、本作の出演俳優やクイーンのメンバーについて映画好き女子の反応を探ってみました!

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ 鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで…

REVIEW

  1. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  2. 映画『バースデー・ワンダーランド』
  3. 映画『パパは奮闘中!』ロマン・デュリス
  4. 映画『リアム16歳、はじめての学校』ジュディ・グリア/ダニエル・ドエニー
  5. 映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』トニ・セルヴィッロ
  6. 映画『幸福なラザロ』アドリアーノ・タルディオーロ
    幸福なラザロ

  7. 映画『僕たちのラストステージ』スティーヴ・クーガン/ジョン・C・ライリー
  8. 映画『愛がなんだ』岸井ゆきの/成田凌
    愛がなんだ

  9. 映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/セオドア・ペレリン
  10. 映画『キングダム』山﨑賢人/吉沢亮/橋本環奈
    キングダム

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP