REVIEW

希望の灯り

映画『希望の灯り』フランツ・ロゴフスキ/ザンドラ・ヒュラー

1989年にベルリンの壁が崩壊し、1990年に東西が再統一されたドイツ。でもその統一を皆が手放しで喜んでいるわけではなかったと、本作を観て知ることができます。穏やかで静かな日常が淡々と流れていて、主人公のクリスティアンが徐々に新しい職場に慣れていく様子は微笑ましく、フォークリフトの教習動画がとても過激だったり、ちらっとユーモラスなシーンも出てきますが、一方で過去に取り残されたままの人々がいる巨大なスーパーマーケットは、宇宙にぽつんとある、一つの孤立した社会のように描かれている点で、そこにいる人々が新しい世界でどう生きれば良いのか戸惑っている心情がうかがい知れます。また、クライマックスで突如悲哀な展開になると、抑えられていたさまざまな感情が湧き出てくる描写が秀逸。もちろん、東西統一だけが問題ではなく、個人で抱えている問題もあるので、日本人の私達が観ても共感できる部分はあります。タイトルの“希望の灯り”という言葉が何を象徴しているのかは、あとからジワジワとわかってきます。その余韻を味わってください。

デート向き映画判定
映画『希望の灯り』フランツ・ロゴフスキ/ザンドラ・ヒュラー

プラトニックで不器用な恋愛模様が描かれており、友達以上恋人未満の人や、片思い中の人は共感できる部分も多いでしょう。ただ、派手な展開がなく、解釈を観客に委ねる部分が多いタイプの映画なので、映画を観慣れていない人を誘うにはあまりオススメしません。どちらかというと1人でじっくり観て欲しいです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『希望の灯り』フランツ・ロゴフスキ

歴史の勉強で、ドイツの東西統一は出てくると思いますが、簡単に背景を知っておいたほうが本作をより理解できると思います。125分という上映時間で、静かな展開なので、小中学生にはちょっとまだ難しいかも知れませんが、映画好きな大学生ならこういう作品も観てみると良いと思います。

映画『希望の灯り』フランツ・ロゴフスキ/ザンドラ・ヒュラー

『希望の灯り』
2019年4月5日より全国順次公開
彩プロ
公式サイト

© 2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH

TEXT by Myson

関連記事

新着記事

Hulu『ライドwithノーマン・リーダス』ノーマン・リーダス バイク好き夫を持つ女性へのアドバイスがシュール過ぎ(笑)『ライドwithノーマン・リーダス』来日

2019年4月19日、『ライドwithノーマン・リーダス』新シーズン配信を記念して、ノーマン・リーダスが来日し、ファンミーティングを行いました。お茶目なノーマン全開です。

映画『キングダム』山﨑賢人 山﨑賢人(やまざき けんと)

1994年9月7日、東京都生まれ。2010年にTVドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビューし、2011年の映画『管制塔』で初主演を飾る。その後…

東京ディズニーリゾートにて『トイ・ストーリー4』の世界を楽しめる【ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4】が開催!

ディズニー/ピクサーの大傑作“トイ・ストーリー”シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』が、7月12日に全国公開となります。そして、このたび、東京ディズニーリゾートでは…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマン チャドウィック・ボーズマン

1976年アメリカ、サウスカロライナ州生まれ。ワシントンDCのハワード大学卒業後、英オックスフォードのブリティッシュ・アメリカン・ドラマ・アカデミーでも…

映画『シャザム!』ジャック・ディラン・グレイザー ジャック・ディラン・グレイザー

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。アダレイ・スクール・フォー・ザ・パフォーミング・アーツのアダレイ・レパートリー・シアター・アンサンプル(ARTE)に迎えられ…

映画【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』 【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』5組10名様 一般試写会ご招待

【英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19】ロイヤル・バレエ『ドン・キホーテ』5組10名様 一般試写会ご招待

おすすめ記事

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ 映画好き女子のお気に入りは?本作俳優&クイーンのメンバーについて調査『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド“クイーン”の知られざる姿を描き、国内では興行収入128.5億円(2019年4月12日現在)を突破し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』。今回のアンケートでは、本作の出演俳優やクイーンのメンバーについて映画好き女子の反応を探ってみました!

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ 鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで…

REVIEW

  1. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  2. 映画『バースデー・ワンダーランド』
  3. 映画『パパは奮闘中!』ロマン・デュリス
  4. 映画『リアム16歳、はじめての学校』ジュディ・グリア/ダニエル・ドエニー
  5. 映画『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』トニ・セルヴィッロ
  6. 映画『幸福なラザロ』アドリアーノ・タルディオーロ
    幸福なラザロ

  7. 映画『僕たちのラストステージ』スティーヴ・クーガン/ジョン・C・ライリー
  8. 映画『愛がなんだ』岸井ゆきの/成田凌
    愛がなんだ

  9. 映画『ある少年の告白』ルーカス・ヘッジズ/セオドア・ペレリン
  10. 映画『キングダム』山﨑賢人/吉沢亮/橋本環奈
    キングダム

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP