REVIEW

TENET テネット

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『TENET テネット』ジョン・デイビッド・ワシントン/ロバート・パティンソン

作品を観る度思いますが、クリストファー・ノーラン監督の頭の中って、どうなってるんでしょうか?今作も良い意味で、“ややこしい”ストーリーになっていて、何度も観て確かめたくなる衝動に駆られます。今作で描かれる世界に何が起きているのかがまだ語られていないところでも、既に“その現象”は表れているので、最初から細部まで注意しながら観てください。「あれ?」と思うシーンがいくつも出てくるのですが、後半で伏線がどんどん回収されていきます。ただ、「待てよ、これがこうでああでそうなるんだったら、さっきのアレは?」といった感じで、謎が解き明かされる度に次の問いが出てきます。これがノーラン監督作品に引き込まれる所以なんでしょうね。それにしても、よくぞこんなストーリーを組み立てられるなと、本当に驚かされます。スタッフの皆さんの頭もこんがらないんですかね(笑)。とにかく今回も良い脳トレになる作品となっています。
そして、実力派俳優達が勢揃いしているのも魅力的ですが、特に主演のジョン・デヴィッド・ワシントンが良い味を出してます。緊張感のあるシーンの隙間にちょいちょいクスッと笑えるセリフがありますが、ジョンの表現が絶妙なんですよね。そんな本作のユーモアも憎いです。観終わった後は、誰かと話して頭の中を整理したくなるので、ぜひ映画仲間を誘って観てください。

デート向き映画判定
映画『TENET テネット』ジョン・デイビッド・ワシントン/ロバート・パティンソン

観終わった後に誰かと話したくなる映画なので、ぜひデートでも観て欲しいですが、普段映画を観慣れていないと、どこまでお話についていけるかがちょっと心配です。鑑賞後は同じテンションで話したいという人は、そうできる人を誘うのが無難でしょう。学術的な視点で観る人にとってもすごくおもしろいストーリーだと思うので、普段は一緒に映画を観ないけど、そういう関心は共通しているという人なら、これを機に誘ってみると楽しそうです。頭を使う映画は好きだけど、解釈が苦手で誰かにフォローして欲しいと思う人もいるので、相手がどんなタイプかによって、誘ってみるか検討してください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『TENET テネット』エリザベス・デビッキ/ケネス・ブラナー

キッズやティーンの皆さんは頭が柔らかいので、本作のような頭を使うストーリーもあまり抵抗なく楽しめるのではないでしょうか。この世界の構造におけるユニークな発想からできているストーリーなので、物理学や化学などへの興味が増す人もいるかも知れないですね。丸ごと紐づくような研究はまだ存在しないかも知れませんが、部分的に本作で描かれているような現象に紐づく理論や研究があるか、探してみるのもおもしろそうです。

映画『TENET テネット』ジョン・デイビッド・ワシントン

『TENET テネット』
2020年9月18日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司 あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

本作のヒロイン百合(福原遥)は、1945年の日本にタイムスリップしてしまい…

映画『正欲』稲垣吾郎 イイ俳優セレクション・アクセスランキング【2023年11月】

“イイ俳優セレクション”【2023年11月】のアクセスランキングを発表!

映画『Winter boy』ポール・キルシェ Winter boy

同性愛者の17歳の青年リュカは、父を事故で亡くしたことをきっかけに、心の中で何かがプツッと切れてしまったような状況に陥ります。そんななか…

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼 『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール ティル

1955年、アメリカ、ミシシッピ州のマネーで、アフリカ系アメリカ人の14歳の少年エメット・ティルが殺害された事件を映画化…

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』片岡愛之助 片岡愛之助(かたおか あいのすけ)

1972年3月4日大阪府生まれ。1977年、松竹芸能子役オーディションに合格し…

映画『窓ぎわのトットちゃん』 窓ぎわのトットちゃん

原作者である黒柳徹子自身の幼少期を綴った自伝的小説…

映画『イコライザー THE FINAL』ダコタ・ファニング ダコタ・ファニング

1994年2月23日生まれ。アメリカ、ジョージア州コンヤーズ出身。幼少期からテレビドラマやCMに出演。2001年、映画『I am Sam アイ・アム・サム』に出演し…

映画『ウィッシュ』 ウィッシュ

ディズニー100周年を飾る本作には、まさにディズニーが100年間掲げてきた…

映画『ポッド・ジェネレーション』エミリア・クラーク エミリア・クラーク

1986年10月23日生まれ。イギリス、ロンドン出身。HBOのドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナーリス・ターガリエン役で…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 トーキョー女子映画部正式部員が推す!今観ているアニメシリーズ特集

今回はトーキョー女子映画部正式部員の方々に、「今観ているオススメのアニメシリーズ」について、聞いてみました。

映画『インファナル・アフェア 4K』アンディ・ラウ/トニー・レオン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インファナル・アフェア』

今回は『インファナル・アフェア』のラウ役のアンディ・ラウとヤン役のトニー・レオンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回はどんなキャスティング案が挙がったのでしょうか?

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司
  2. 映画『Winter boy』ポール・キルシェ
    Winter boy

  3. 映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール
    ティル

  4. 映画『窓ぎわのトットちゃん』
  5. 映画『ウィッシュ』
    ウィッシュ

PRESENT

  1. ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼
  2. 映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ
  3. 映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング
PAGE TOP