心理学

心理学から観る映画21:何をもって“自閉症”というのか

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ヴァンサン・カッセル/レダ・カテブ

昨今、発達障害についての社会的関心が高まってきました。今回は発達障害の1つ、自閉症を取り上げます。

自閉症の人達のために私達ができること

皆さんは、自閉症、自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群…など、自閉症にまつわる言葉を複数聞いたことがあるのではないでしょうか?実は自閉症についてさまざまな研究が行われており、自閉症の捉え方は統一されていないところがあります。

下山ほか(2009)によると、1943年初めて自閉症の概念を報告したのは、アメリカの児童精神科医カナーで、彼は自閉症の中核的障害は情緒的な関わりができない点と考えていました。しかし、1968年にラターが認知・言語の障害が自閉症の中核だと提唱したことで、自閉症は発達障害と捉えられるようになりました。また、1966年にはイギリスの児童精神科医ウィングが、自閉症スペクトラムという概念を最初に打ち出し、社会的コミュニケーションの障害はあるが、著しい言葉の遅れがない症例に、アスペルガー症候群(1944年に既に報告していたオーストリアの医師の名を冠した)という概念を提案しました。そしてウィングは、カナーの症例とアスペルガーの症例は同じ特徴(三つ組の障害 ※1)を持った連続体(スペクトラム)であると提唱しました。この概念に基づくと、重度の典型的な自閉症から、アスペルガー症候群、自閉症的な要素を持ちながら特に問題なく生活をしている人までを連続線上のコントラスト(濃淡)の問題として捉えることができます。よって、ウィングは「自閉症=障害、問題」と安易に決めつけるべきではないと訴えたとされています。

※1 三つ組の障害:①社会的相互作用の障害、②コミュニケーションの障害、③想像力の障害(丹野ほか 2015)

一方、アメリカの精神障害の分類基準とされているDSM-5でも“自閉症スペクトラム障害”という名称が採用されていますが、スタンスが違っています。DSM-5では、対人的コミュニケーションと相互作用の問題、限局された反復する行動や興味の2要件を満たすものだけが自閉症スペクトラムにあたるとして、片方しか該当しない場合は除外しています。またDSM-5では、アスペルガー症候群という分類はなくなっています(下山ほか 2009)。

このように専門家の間でも見解が違い、日々変化してきているわけですから、世の親御さん達が自分のお子さんの行動に心配なところがあっても、安易に判断するのは難しいと思われます。また、自閉症の症状は幼児期から見られるとされていますが、ドキュメンタリー映画『友達やめた。』に登場する“まあちゃん”のように、大人になってからアスペルガー症候群であることがわかったというケースもあります。コミュニケーションで苦労をしている人は世の中に多くいることを考えると、それが性格的なものなのか、自閉症によるものなのか、本人にとっても周囲にとっても見分けをつけるのは難しいですよね。

映画『友達やめた。』今村彩子/まあちゃん

では、自閉症は治せるのでしょうか?自閉症の原因、治療法はまだ発見されていませんが、自閉症スペクトラム症の子ども達のてんかん発症率が一般よりもはるかに高く、知的能力障害の合併率も高いことから、1970年代頃には、自閉症スペクトラム症は脳の器質的な障害、機能的な障害ではないかと考えられるようになりました(丹野ほか 2015)。双生児研究では、遺伝的要因だけでなく、環境も要因となっていることが示されたものもあります。

現在の標準的なケアとしては、脳波異常や睡眠障害などの合併症や強すぎるイライラなどは薬物療法でコントロールしつつ、中核的な症状に対する療育が組み合わせで行われています(下山ほか 2009)。

また、自閉症スペクトラム症者は抽象的な思考や人の気持ちを読むようなこと、時と場合に応じて柔軟に対応することなどは苦手ですが、視覚的情報処理、論理的・具体的な思考、視覚的案記憶、事実の記憶、反復をいとわないこと、正直であることが得意なので、特徴や得意・不得意の両面を理解して、支援に役立てることが大切だとされています(丹野ほか 2015)。

『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』では、さまざまな特徴を持った自閉症の子ども達が出てきますが、症状の重さにも幅があります。主人公は、医療機関がお手上げの自閉症者も預かりますが、本当に根気よく接して、彼等がなるべく自分で生活を送れるように支援し、中にはトレーニングによって、これまでできなかったことをできるようになる人も出てきます。ただ同時に、周囲の理解が必要なこともすごく伝わってきます。

自閉症を含め発達障害の人達が、周囲の理解を得られずに、叱責を受けたり、失敗を重ねていくと、心理的な問題(2次的障害)が生じる可能性もあります。「もしかして」と思っても認めたくないという気持ちが出てくるかも知れませんが、早期に発見してトレーニングをしたり、周囲からの理解を得るなど適切な支援を受けることが、より生きやすい環境を作ることにも繋がります。介助者など直接の支援者だけでなく、日常で接する人達の理解と支援もとても重要なので、自閉症の人やご家族だけでなく、社会全体にもっと理解が広まることを願います。

<参考・引用文献>
下山晴彦ほか(2009)「やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる臨床心理学[改定新版]」ミネルヴァ書房
丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子(2015)「臨床心理学」有斐閣

映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ヴァンサン・カッセル/レダ・カテブ

『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』
2020年9月11日より全国順次公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

電車の非常ベルを押さずにはいられないジョセフ君がとてもキュートです。彼が好きな人にする行為はとてもチャーミングなのですが、何も知らない人が急にされるとビックリしてしまいます。子どものうちはかわいいで済んでも、大人になるとそうはいかなくなることも出てくるのだなとわかります。

© 2019 ADNP – TCN CINEMA – GAUMONT – TFI FILMS PRODUCTION – BELGA PRODUCTIONS – QUAD+TEN

映画『友達やめた。』今村彩子/まあちゃん

『友達やめた。』
2020年9月19日より全国順次公開&ネット配信開始

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
今村彩子監督インタビュー

生まれつき耳が聞こえない今村監督と、アスペルガー症候群のまあちゃんの日常を追ったドキュメンタリー。2人は手話を使って話しますが、まあちゃんの「手話は言葉を選ばなくて良いから話しやすい」という言葉がすごく印象的で、普段のコミュニケーションを見つめ直すきっかけになります。

©2020 Studio AYA

『シンプル・シモン』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アスペルガー症候群のシモンと心優しい兄、そして偶然出会った女の子が織り成す物語。少しずつだけどシモンの世界が広がっていく様子にほっこりします。ビル・スカルスガルドの名演も必見。

シンプルシモン(字幕版)

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン ニューヨーク 親切なロシア料理店

2人の息子を連れて家を出たクララ(ゾーイ・カザン)、仕事に忙殺されて自分の人生について考える暇もない看護師のアリス…

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』ジョン・キャロル・リンチ ジョン・キャロル・リンチ

1963年8月1日アメリカ、コロラド州生まれ。妻で女優のブレンダ・ウィールとニューヨークで暮らす。ミネソタ州ミネアポリスの…

映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー 100日間のシンプルライフ

モノが溢れている生活から一変、モノが0の状態からスタートして…

映画『詩人の恋』ヤン・イクチュン ヤン・イクチュン

1975年10月19日生まれ。大韓民国ソウル特別市出身。商業高校を卒業し…

映画『チャンシルさんには福が多いね』カン・マルグム 『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊 サイレント・トーキョー

“クリスマス、東京”というキーワードだけ聞くと、キラキラしたラブストーリーを想像してしまいますが…

映画『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー 『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー

壮絶なご近所バトルから始まる人間ドラマ『ミセス・ノイズィ』を撮った天野千尋監督にインタビューをさせていただきました。1度会社員になってから、映画監督の道へ進んだ天野監督は、どんな経緯を辿ったのかなど、聞いてみました。

映画『アンダードッグ』勝地涼 勝地涼(かつじ りょう)

1986年8月20日、東京都生まれ。2000年に俳優デビュー。2005年…

映画『魔女がいっぱい』アン・ハサウェイ 魔女がいっぱい

『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールによる「The Witches(邦題:魔女がいっぱい)」を…

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン
  2. 映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー
  3. 映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊
  4. 映画『魔女がいっぱい』アン・ハサウェイ
  5. 映画『ノッティングヒルの洋菓子店』セリア・イムリー/シャノン・ターベット/シェリー・コン
  6. 映画『燃ゆる女の肖像』アデル・エネル
  7. 映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼
  8. 映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子
  9. 映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ
  10. 映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン
    君の誕生日

PAGE TOP