REVIEW

タイトル、拒絶

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『タイトル、拒絶』伊藤沙莉

すごくエネルギッシュな作品で、それぞれのキャラクターがもがきながらも生きる本能をたぎらせています。本作は、雑居ビルにある店でデリヘル嬢達の世話係をしている主人公のカノウ(伊藤沙莉)が、金とセックスにまみれた世界に紛れ込み、何を思うのかを描いています。人間は金とセックスに溺れるものだとよく言いますが、本作を観ると、本当は溺れきることなんかできなくて、浸かってみると違うものが見えてきてしまうんじゃないかということを強く感じます。それはそれですごく怖い!つまり、もしそこを逃げ場だと考えたとしても、そこにさえ逃げ場はないということ。そんなブラックホールのようなところに入り込んでしまったキャラクターの中には、無理矢理折り合いをつけようとする者もいますが、内面では何かが壊れていっている様子も描かれています。
一方で、カノウのように一歩引いた立場からこの世界を観るとどう見えるのかと考えるわけですが、一般社会では理想に届かない、だからといって絶望も仕切れない、とはいえとことん落ちぶれる勇気もなくて、半殺しにされたような心境になります。それでも、皆に同じように新しい日がやってくるわけですが、何があっても生きていかなければいけないという現実を目の当たりにさせる結末に、一種の厳しさと優しさを感じます。女性として見られること、女性として生きることについても、観る側に問題を投げかけてくる内容なので、女子の皆さんは特に感情移入できる作品だと思います。

デート向き映画判定
映画『タイトル、拒絶』恒松祐里

デリヘル嬢達の日常を描いてはいるものの、それほど濡れ場は出てきません。でも、そもそもこの映画を観ようと合意する時点で、そういうシーンがあるかもしれないとお互いにわかった上で観るはずなので、気まずいことはないように思います。デートの雰囲気が盛り上がるような内容ではないですが、逆に好きでもない相手と関係を持たなければいけない状況を観て、自分達が好きな相手と普通に付き合えることが幸せだと感じられるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『タイトル、拒絶』伊藤沙莉/恒松祐里/佐津川愛美

だんだん大人になると、お金や性的な問題が身近になってきます。それは自分で責任をもてるようになったということでもあるし、単純に周囲の人の悩みやトラブルに巻き込まれることも増えるということでもあります。人間関係がどんどん複雑になっていくのは避けられませんが、そこで直面するいろいろな問題をどう対処するのかは、皆さんの価値観次第です。そこで手っ取り早い解決策だと思って、金やセックスで解決しようとしても、さらなる問題に発展することもあります。そんなことをいろいろとシミュレーションさせてくれるストーリーです。15歳未満の人は観られませんが、高校生になったら観てみてください。

映画『タイトル、拒絶』伊藤沙莉/恒松祐里/佐津川愛美/片岡礼子

『タイトル、拒絶』
2020年11月13日より全国順次公開
R-15+
アークエンタテインメント
公式サイト

©DirectorsBox

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

映画『ライド・オン』来日舞台挨拶:ジャッキー・チェン、ラリー・ヤン監督/ジャッキーちゃん ジャッキー・チェン、突如〇〇を披露!会場から歓喜の声『ライド・オン』来日舞台挨拶

『ライド・オン』が絶賛公開中の2024年6月11日、ジャッキー・チェンと、ラリー・ヤン監督が来日…

映画『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』ポール・ジアマッティ/ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ/ドミニク・セッサ ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ【レビュー】

アレクサンダー・ペイン監督とポール・ジアマッティが、『サイドウェイ』以来、2度目のタッグを…

映画『ディア・ファミリー』大泉洋/菅野美穂/福本莉子/新井美羽/川栄李奈 ディア・ファミリー【レビュー】

本作は、生まれつきの心臓疾患で余命10年と宣告された幼い娘のために、人工心臓を作ろうと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  2. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  3. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス
  4. 映画『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』ポール・ジアマッティ/ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ/ドミニク・セッサ
  5. 映画『ディア・ファミリー』大泉洋/菅野美穂/福本莉子/新井美羽/川栄李奈

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP