REVIEW

翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』GACKT

REVIEW

埼玉の話のはずなのに、副題の「琵琶湖より愛を込めて」とあるのはなぜだろうと思ったら、そのまんま琵琶湖にまつわるお話です。前作で東京都民から虐げられていた埼玉県民を救った麻実麗(GACKT)は、さらに埼玉を発展させるために越谷に海を作ろうとします。そのため、和歌山の白浜から美しい砂を持ってこようということに。そして、麗達は関西へ出陣します。でも、近畿は大阪に牛耳られていて、さらに恐ろしい計画が水面下で進められていることを知ります。
そんなわけで、本作では近畿各地がいじり倒されます。大阪のキャラは予想通りとして、他の地域がどういう位置付けをされているのか気になるところですよね。関西の方なら特に「そう、そう!」と思いながら楽しめて、他の地域の方なら「そうなんだ!?」と発見があると思います。そして、さりげなく出てくる愛のあるディスりにクスッと笑えます。あと“粉”が物語の鍵を握っていて、ある意味“ギリギリ”の設定ですが、うまいこと考えたなという気もします(笑)。いち大阪人(私)としては、大阪グルメの“魔力”を讃えられていると解釈すると悪い気はしない反面、大阪人の世間一般のイメージが長らく変わらない点については誇らしくもあり切なくもあります。
そしてこのシリーズというか、魔夜峰央(原作者)の作品は世界観とキャラクターの容姿が特徴です。新キャラとして登場する杏は、男装とメイクがすごく似合っていて見惚れます。もしかしたら宝塚ファンの方もハマるのでは?一方、田舎者、虐げられている側の人達の容姿もやり過ぎ感が笑えます。
とにかく今回も思いっきり遊んでいます。地元が取り上げられている方もそうでない方も、日本の地理を知って楽しんでください。

デート向き映画判定

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』GACKT/二階堂ふみ

気楽に楽しめて笑えるシーンも豊富なので、デートの緊張感も解れそうです。あまりに冗談が通じない相手でない限り、初デートで観るのも良いと思います。お互いの地元が登場するなら、なお会話も弾むし、自然に自分のルーツの話にもなりそうなのでお互いを一層よく知るきっかけにできるでしょう。気になる土地があったら、旅行の約束をしても良いですね。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』GACKT/杏

極端な描写ではありますが、日本各地への興味は湧きそうなので、地理の勉強のきっかけになるかもしれません。県民性については、現地に行ってみて初めて実態を知ることができるので、ぜひ日本各地を旅してみてください。今はどこにいても働ける時代です。今から自分に合う土地を探しておいて、将来どんなところに住みたいか考えておくのもアリでしょう。

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』GACKT/二階堂ふみ/杏/片岡愛之助/堀田真由/くっきー!(野性爆弾)/川﨑麻世/藤原紀香

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』
2023年11月23日より全国公開
東映
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023 映画「翔んで埼玉」製作委員会

TEXT by Myson


関連作

『翔んで埼玉』(1作目)

Amazon Prime Videoで観る U-NEXTで観る 
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 魔夜峰央さんインタビュー

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年11月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  3. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  4. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  5. 映画『陰陽師0』山﨑賢人

PRESENT

  1. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  2. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  3. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
PAGE TOP