REVIEW

タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』ローラ・ベンソン

ルーマニア出身の女性監督アディナ・ピンティリエが手掛けた初めての長編映画となる本作が、世界三大映画祭の1つとされるベルリン国際映画祭2018で金熊賞(最高賞)と最優秀新人作品賞をW受賞し、話題をさらいました。話題になったのは、有名監督の名作が競合するなかで無名監督の作品が受賞したことだけではなく、その内容にも理由があると思います。まず構成がユニークで、フィクションとノンフィクションが混在しています。物語は、人に触れられると拒否反応を起こしてしまう精神的障がいを抱えた主人公ローラが、さまざまな人に出会い、心の問題を解消しようと試みる様子を、映画制作クルーが撮影しているというもの。俳優のローラ・ベンソン、トーマス・レマルキス、イルメナ・チチコワは役を演じているようですが、脊髄性筋萎縮症(SMA)を患うクリスチャンやそのパートナー、グリット、トランスジェンダーでありセックスワーカーと性的マイノリティのために活動するハンナや、エロティックなサービスとともにカウンセリングを行うシーニーなどは本人のまま登場しています。なのでフィクションのドラマの中に、現実を映したドキュメンタリーがミックスされたような構成になっていて、ドキュメンタリーだったらここまで逆に映せないだろうというシーンもあれば、フィクションだったら伝わりづらい部分は現実をそのまま描いている点で、観たこともないような世界に入り込めます。
そして、テーマは“性”についてであり、“人が肌を触れあうこと”が何を意味しているかということに端を発し、人間の深い部分に迫っていきます。こういうテーマの映画は、性的欲求、ジェンダーという部分がセンセーショナルなだけにどうしても際立ってしまいますが、本作が一番伝えたいであろうことは最後の監督の言葉に集約されています。まさに心と身体のお話であり、愛や人間の感情の話です。いろいろな観方があると思いますが、人との交流が苦手な人、誰にも言えない恋愛の悩みがある人にもオススメです。

デート向き映画判定
映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリグ〜』ローラ・ベンソン/ハンナ・ホフマン

“性”がテーマなので、ヌードは当然出てくるし、局部も包み隠さず映っているシーンが多数あります。アブノーマルな世界が映されたシーンもあるので、デートで観るのは少々気まずいとは思いますが、人間をありのままに映しているとも言えるので、実際は変ないやらしさはありません。性についてざっくばらんに語れるカップルなら一緒に観ても良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリグ〜』トーマス・レマルキス/クリスチャン・バイエルライン

性教育的な内容も感じる作品ですが、“大人向けの性教育”という感じで、そもそもR-18なので、大きくなってから観てください。18歳以上の人は、だんだん恋愛関係でも深い間柄になっていく可能性が増えると思います。でも、そういう話はあまり人と共有できないし、1人で抱えてしまうことも多いはず。本作で映し出される問題とリンクするわけではなくても、「人と人が通じ合うってこういうことかな」とか、「表面的な問題からは想像できない心の問題があるのかな」ということは知ることができるので、興味があれば観てみてください。

映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリグ〜』ローラ・ベンソン

『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』
2020年7月4日より全国順次公開
R-18+
ニコニコフィルム
公式サイト

©Touch Me Not -Adina Pintilie

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『関心領域』 関心領域【レビュー】

ユダヤ人虐殺を取り上げた作品はこれまでにたくさんあるなかで、本作のような角度から取り上げた作品は…

映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン 告白 コンフェッション【レビュー】

福本伸行(原作)と、かわぐちかいじ(作画)による「告白 コンフェッション」(講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、まず設定の巧さが…

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  2. 映画『関心領域』
  3. 映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン
  4. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  5. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP