REVIEW

透明人間

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『透明人間』エリザベス・モス

この物語には2種類の怖さがあり、1つは透明人間にまでなって主人公セシリアを追ってくるエイドリアンという男の存在です。物語の序盤でまず彼の暴力性を表現するシーンがシンプルかつストレートにわかるように描かれ、その後、彼が透明人間になった時「あの強い腕力の男が姿も見せないまま暴力を振るってきたら太刀打ちできない」ということに説得力を与えています。でも彼の本当の怖さは、腕力ではなく、狡猾で頭が良く、心理的に人を追い詰めることで相手を操る力にあります。彼はセシリアを取り戻すために、巧妙な手口を使い、セシリアが精神的に異常だと周囲に思わせようとさまざまな罠を仕組んできます。透明人間なんて誰も信じないので、セシリアの身近で起こるトラブルは、周囲からすれば彼女が起こしたようにしか見えません。そうやって、どんどんとセシリアは孤立し、そこにいないはずのエイドリアンの仕業だと必死に訴えるほど、常軌を逸しているように見られてしまう様子がとても恐ろしいのです。もうほんとにエイドリアンがやりたい放題なので、最初から最後まで緊張感が切れることがありませんが、最後の最後はスカッとしますので、頑張って完走してください!
そしてやっぱり気になるのは、透明人間はどういう仕組みで透明になってるのかということ。過去に透明人間が登場する映画は何作かあって、1つはケヴィン・ベーコンの『インビジブル』が浮かびますが、本作の透明人間の仕組みはまたあれとは違うように思いました。

ここから、本作の透明人間の構造のお話をするので、何も知りたくない方は観終わってから読んでください。

公式資料を見てみると、不可視性の技術はすでに存在しているが、まだ小規模の物でしか実現できておらず、特殊効果チームは映画的ではないと判断し、代わりに光学技術に基づいたアイデアを思いついたとありました。こうして、特殊効果スタジオ、オッド・スタジオは本作のために見事な透明スーツを生み出したとされていますが、構造としては「エイドリアンのスーツは何百もの小さなカメラでできていて、すべてのカメラで周辺の映像を撮影しつつ、後ろ側のカメラで撮影したものをホログラムで前側に映し出すことができる。(中略)スーツを着ている人物の背景を正面に映し出すことで、その人物は透明人間になることができる(公式資料から抜粋」とのことです。SF映画に登場する最新技術が、何年も経って現実社会に出現することはこれまでもあるので、近い将来実現するかも知れないですね。そう思うと一層リアリティが増して、「透明人間、怖っ!」となりますね。そして透明人間なので、音響で驚かされるシーンも印象的で、私は何度もイスから浮きました(笑)。それにしても、やっぱりブラムハウス・プロダクションズの映画はおもしろい!日本で知名度の高い俳優はあまり出ていませんが、ジェイソン・ブラムがプロデューサー、リー・ワネルが監督、エリザベス・モスが主演というだけで、映画ファンは十分期待できますよね。その期待を裏切らない本作のスリルをぜひ味わってください。

デート向き映画判定
映画『透明人間』エリザベス・モス

吊り橋効果が抜群なので、自然に2人の距離は縮まるでしょう。でも、どちらかが相手を束縛気味のカップル、若干ストーカーになりつつある関係の場合は、薄々「自分達もこんな関係じゃん」って思いながら観てしまい、不穏な空気になるでしょう。なので、心おきなく観たい人は友達と観てください。1人で観に行くのも良いですが、ドキッとする場面で自然に身体が反応したりして、観終わった後にいろいろ誰かとリアクションを報告したくなるので、複数名で観るほうが楽しいのではとは思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『透明人間』エリザベス・モス

フランケンシュタイン、狼男に並び、透明人間もモンスターの代表格なので、キッズやティーンの皆さんこそ好きだろうなと思います。PG-12なので12歳未満の人は保護者と一緒に観てくださいということになりますが、親子で観て気まずいことはそれほどなさそうなので大丈夫でしょう。ただ、「ワオ!」となるホラー的シーンはあるので、耐えられる自信がないキッズは無理をせず大きくなってから観てください。中高生はその辺は大丈夫かなと思うので、ぜひ観て観てください。

映画『透明人間』エリザベス・モス

『透明人間』
2020年7月10日より全国公開
PG-12
東宝東和
公式サイト

© 2020 Universal Pictures

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー お隣さんはヒトラー?【レビュー】

タイトルは『お隣さんはヒトラー?』で、物語の舞台は1960年のコロンビア…。「むむむ?アドルフ・ヒトラーって…

映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック ロイヤルホテル【レビュー】

『アシスタント』のキティ・グリーン監督と、主演を務めたジュリア・ガーナーが再びタッグを組んだ本作は…

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー
  2. 映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック
  3. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  4. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  5. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP