REVIEW

WANDA/ワンダ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『WANDA/ワンダ』バーバラ・ローデン

監督、脚本、主演を務めたバーバラ・ローデンのデビュー作であり遺作となった本作は、1970年のヴェネツィア国際映画祭で最優秀外国映画賞を受賞しました。でも、知る人ぞ知る作品でありながら、これまで広く公開されることはなかったようです。そんな本作がマーティン・スコセッシ監督設立の映画保存組織とGUCCIの支援を受け、プリントが修復され、日本で公開されることとなりました。主人公はバーバラ・ローデンが演じるワンダ。彼女はどん底の状態で町を彷徨っている時にある出来事に巻き込まれてしまいます。本作はそこから始まるロードムービーです。
失うものが何もないといえるほどの状態で、ワンダは彼女なりの処世術で一日いちにちを生き延びていきます。正直なところ、すんなり彼女に共感できるとはいえないところもありますが、どこか純心で素直な彼女を応援したい気持ちになってきます。そして、彼女が“旅”を共にする人物も一見どうしようもない人間ですが、2人の様子を追っていくと、ジワジワと彼等が本来持っている暖かい部分が見えてきます。
本作は明確なメッセージをわかりやすくアピールしているタイプの映画ではなく、淡々と2人の様子を描いています。ただ、一見何でもないやり取りに2人の心の動きが見えて、それがラストを一層切なくてやるせないものにします。行き場をなくした2人を観ていると、時代を問わず、国を問わずこういう状況は常に社会にあると感じます。そんな本作は静かに訴えかけるものがあり、嚙めばかむほど味が出る作品といえます。

デート向き映画判定
映画『WANDA/ワンダ』バーバラ・ローデン

心の拠りどころを探している2人がたまたま出会い、一緒に過ごしている様子を描いているので、ロマンチックなラブストーリーというよりも、人間ドラマ色が強いです。好みが分かれそうという部分では、逆に会話のネタが豊富に生まれて、議論好きのカップルには向いているかもしれません。普段あまり映画を観ない方は不完全燃焼になる可能性があるので、お互いの映画の好みがわかっている同士で観るほうが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『WANDA/ワンダ』バーバラ・ローデン

大人向けのストーリーなので、キッズにはまだピンとこないと思います。中学生、高校生くらいなら本作に描かれる、今生きていくために必要な相手との不思議な共依存関係を少しは経験済みの方もいて、共感できるところがあるかもしれません。観る者の想像を膨らませるラストは解釈が分かれそうなので、映画が好きな友達を誘って観ると、鑑賞後の会話を楽しめると思います。

映画『WANDA/ワンダ』バーバラ・ローデン

『WANDA/ワンダ』
2022年7月9日より全国順次公開
クレプスキュール フィルム
公式サイト

© 1970 FOUNDATION FOR FILMMAKERS

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『関心領域』 関心領域【レビュー】

ユダヤ人虐殺を取り上げた作品はこれまでにたくさんあるなかで、本作のような角度から取り上げた作品は…

映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン 告白 コンフェッション【レビュー】

福本伸行(原作)と、かわぐちかいじ(作画)による「告白 コンフェッション」(講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、まず設定の巧さが…

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  2. 映画『関心領域』
  3. 映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン
  4. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  5. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP