REVIEW

私は確信する

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『私は確信する』オリヴィエ・グルメ

フランスで実際に起こった未解決の“ヴィギエ事件”を映画化した本作で描かれる裁判では、憶測が飛び交います。3人の子どもを持つジャックは妻殺しの容疑者とされますが、そもそも妻は姿を消しただけで遺体も見つかっておらず、生死は確認されていません。そしてジャックが容疑者とされているのは、妻の恋人の証言があったからですが、彼の証言の真偽を示す証拠は乏しく、妻の恋人自身が怪しさ満載で、こんな簡単なことで殺人犯にされてしまうのかと恐怖を覚えます。でも私達も物語が進むにつれ、観ながら憶測だけの真犯人捜しに夢中になってしまう点で、事件に直接関わりがなくオーディエンスに過ぎない人物でも、冤罪を生む一端を担ってしまっていることに気付かされます。また裁判を仕切る人物のエゴが垣間見えるシーンも印象的に描かれていて、裁判そのものが機能していないとしたら、この世の中はどうなってしまうのかと一層恐ろしさを感じます。
そして、弁護士を演じるオリヴィエ・グルメをはじめ、弁護士を影で支える女性ノラを演じたマリーナ・フォイスや、イラッとさせるキャラクターを演じた他の役者達の演技も見事。また、二転三転する裁判の行方をスリリングに描きつつ、クライマックスの弁護士(オリヴィエ・グルメ)のスピーチでこの物語が伝えるべきメッセージをしっかり落とし込み、余韻を残す演出も秀逸です。フランスの社会問題を目の当たりにする物語ですが、日本でも同じようなことが起きているに違いありません。情報が飛び交う今を象徴する内容でもあるので、国は違えど身近な物語として観てください。

デート向き映画判定
映画『私は確信する』オリヴィエ・グルメ

最初から最後まで惹きつけられるはずなので、デートをしている意識が一瞬飛んで、物語にのめりこむと思います。でもそれはお互い様ということで、ぜひ観賞中は没頭して映画を楽しんでください。そういう意味でも、交際期間が浅く、何を話せば良いかわからないカップルは、話題探しに疲れたら本作を観ることで、一旦会話のネタ探しから解放されましょう(笑)。映画を観た後は、自然に会話のネタも見つかると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『私は確信する』オリヴィエ・グルメ/インディア・ヘア

弁護士とノラが事件の真相を探る上で、人物がたくさん出てくるので、キッズにはちょっとついていくのが大変だと思います。中高生くらいならそれなりに理解できるでしょうし、テンポ良く物語が進んでいくので飽きずに観られると思います。法廷劇のおもしろさも実感できる作品なので、これを機に他の法廷劇を描いた作品にも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

映画『私は確信する』マリーナ・フォイス/オリヴィエ・グルメ

『私は確信する』
2021年2月12日より全国順次公開
セテラ・インターナショナル
公式サイト

©Delante Productions – Photo Séverine BRIGEOT

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『三度目の、正直』野原位監督&川村りらさんインタビュー 『三度目の、正直』野原位監督&川村りらさんインタビュー

第34回東京国際映画祭コンペティション部門に選出された野原位監督のデビュー作『三度目の、正直』。今回は、野原監督と、主演及び野原監督との共同脚本を兼任した川村りらさんにお話を伺い、本作の製作秘話や、結婚、子どもの有無にまつわる社会的な視線に対する対処法について聞いてみました。

映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ダービー・キャンプ/ジャック・ホワイトホール でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード

本作はアメリカの児童文学作家ノーマン・ブリッドウェルが1963年に発表した原作…

映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―

検索エンジンでは出てこないダークウェブと暗号通貨 “ビットコイン”を組合せ…

映画『世界で一番美しい少年』ビョルン・アンドレセン ビョルン・アンドレセン

1955年1月26日生まれ。幼少期をスウェーデン、ノルウェイ、デンマークで過ごし…

映画『さがす』佐藤二朗 さがす

想像以上にいろんな意味でねじれにねじれていて、人間という生き物の…

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ ブラックボックス:音声分析捜査

本作は、航空機事故の真相を明かすために1人の音声分析官が奔走するサスペンスで…

映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑 真夜中乙女戦争

本作は、平凡で退屈な日々を送る青年が、ある出会いをきっかけに自分自身と東京の街を破壊…

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン ライダーズ・オブ・ジャスティス

主人公は列車事故で妻を亡くした軍人のマーカス(マッツ・ミケルセン)で、彼は残された娘のマチルデ(アンドレア・ハイク・ガデベルグ)と…

映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン コーダ あいのうた

本作は、2015年に日本で公開されたフランス映画『エール!』のハリウッドリメイク版で、タイトルの“CODA(コーダ)”には…

映画『こんにちは、私のお母さん』ジア・リン ジア・リン

1982年4月29日生まれ。中国、湖北省出身。1982年、母のリ・ホワンインと父のジア・ウェンティエンの娘として…

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

REVIEW

  1. 映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ダービー・キャンプ/ジャック・ホワイトホール
  2. 映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク
  3. 映画『さがす』佐藤二朗
    さがす

  4. 映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ
  5. 映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑
  6. 映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン
  7. 映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン
  8. 映画『無聲 The Silent Forest』
  9. 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世
  10. 映画『スティルウォーター』マット・デイモン
PAGE TOP