取材&インタビュー

『雨とあなたの物語』チョ・ジンモ監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『雨とあなたの物語』チョ・ジンモ監督インタビュー

1通の手紙をきっかけに8年越しの真実が明かされていくラブストーリー『雨とあなたの物語』。今回は本作でメガホンをとったチョ・ジンモ監督にお話を伺い、物語の誕生秘話ややりたいことがわからず悩んでいる人達に向けたアドバイスも聞いてみました。

<PROFILE>
チョ・ジンモ:監督
歌手ピの“悪い男”“太陽を避ける方法”などのミュージックビデオを演出し、その名を知られるようになる。その後、映画『怪しい顧客たち』で長編映画監督デビュー。映画『雨とあなたの物語』では、SNSでのやり取りに忙殺されている人々に向け、待つことと手紙がもたらす美学によって共感と癒しを与える作品を作り上げた。


手紙というのは自分の正直な気持ちを伝える1番のツール

映画『雨とあなたの物語』カン・ハヌル

シャミ:
本作はスマートフォンもSNSもない時代が舞台となっていて、主人公達の手紙のやり取りも印象的でしたが、この設定はどのように生まれたのでしょうか?

チョ・ジンモ監督:
この作品は2003年というスマートフォンもSNSもあまり発達していない時期が舞台だったのですが、その当時の懐かしさを伝えようとしたのではなく、人々が常に時間をどう過ごしているのかということを1番に描きたかったんです。この作品では2003年から8年後の2011年、そして現在は2011年からちょうど10年後の2021年なので、皆さんにも10年前の自分はどうだったのか、10年後の今の自分はどうかということを考えて欲しいと思いました。そういったアイデアからこの作品が生まれました。シナリオについては、作家の方と2人で約3年をかけて作りました。

シャミ:
3年かけてシナリオを書く過程で大きく変わった点などもありましたか?

チョ・ジンモ監督:
修正は本当にたくさんしました。実は第一稿では純粋なラブストーリーでした。時間が行ったり来たりする設定はそのままでしたが、それだとよくある恋愛映画に過ぎないと感じたので、過去の話を中心に持っていきながら、これまでになかった物語を作ってみたいと思いました。なので、メロドラマの要素もありつつ、この作品のテーマである“待つ”ということに重きを置いたシナリオに変えていきました。

映画『雨とあなたの物語』チョン・ウヒ

シャミ:
物語の設定上、主演のカン・ハヌルさんとチョン・ウヒさんの共演シーンはほとんどなかったと思うのですが、現場でそれぞれに伝えたことや、監督が演出したことなどは何かありますか?

チョ・ジンモ監督:
映画の中で会うシーンは本当にほとんどなかったので、2人の演出で共通する部分は伝えました。そして、ヨンホを演じたカン・ハヌルさんにいつも言っていたことは、「こんな手紙をもらったら、送る側はどう思う?」ということです。いつも必ずどんな心情になるのか、手紙をもらった側はどういう風に思うのかということをシーンごとに話していました。ソヒを演じたチョン・ウヒさんに関しては、ソヒは姉のソヨンの代わりに手紙を書くという小さな嘘をついていて、その苦悩があるということをいつも思った上で演技するように指導していました。

シャミ:
ヨンホは、ある約束をしたことによりソヨンのことを何年も待ち続けていましたが、監督ご自身がヨンホの立場だったら、同じように相手のことを待つと思いますか?

チョ・ジンモ監督:
待つと思います。ただ、僕は若い時に文通をした経験があるから言えるのですが、手紙のやり取りが上手くいくと大体人は相手に会いたくなって、会ったことで手紙のやり取りがぷつんと切れてしまうことが多いと思います。そういった経験を僕自身もしていて、それが手紙のやり取りだと理解しています。

シャミ:
では監督が思う手紙の良さはどんなところでしょうか?

チョ・ジンモ監督:
僕は言葉に対する重要性を常々考えていて、それが手紙だとどうやったらこの人に言葉を通して伝えられるか、直接会う時もどういう風に言ったら相手に理解してもらえるのかと考えています。でも、直接会うこと以上に考える必要があるのが手紙で、手紙というのは自分の正直な気持ちを伝える1番のツールだと思います。

映画『雨とあなたの物語』カン・ハヌル

シャミ:
本作ではヨンホの浪人生時代から映し出されていて、彼がやりたいことを見つけていく姿も印象的でした。彼と同じように若者でやりたいことがわからず、悩んでいる人も多いと思いますが、監督から何かアドバイスがあれば一言お願いします。

チョ・ジンモ監督:
悩みというのは誰もが持っていて、特に今の若い人達は大学受験など、学業に関することに1番悩んでいると思います。僕ももちろんそういった経験をしましたし、僕自身が今の若い人達に言うことがあるとすれば、自分自身のことに対して深く悩んだり、長い間考えることはやめたほうが良いということです。それよりも自分の愛する人と同じ時間を共有して、愛する人に悩みを打ち明けて相談するという方法が1番良いと思います。そうすることで解決方法が見えてくるので、1人で悩まずに愛する人や友人と話すことが良いのではないかと思います。

シャミ:
素敵な回答をありがとうございます。少し話題が変わりますが、日本ではK-POPや韓国映画、ドラマが広く親しまれているのですが、韓国の方から見て韓国のそういった文化が日本で好まれている理由は何だと思いますか?

チョ・ジンモ監督:
正直よくわかりません(笑)。少し曖昧かもしれませんが、一言で言ったら今まで接したことがない文化だからではないでしょうか。韓国は単一民族で僕達は小さい頃から言い伝えがあったり、そういったものを当たり前の文化として僕達は紹介しているわけですが、日本の方から観たら「そんなものがあるんだ」「こんなこともあるの?」と、自分達にはない新しい何かという捉え方ができるんだと思います。

映画『雨とあなたの物語』カン・ハヌル/カン・ソラ

シャミ:
これまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

チョ・ジンモ監督:
今まで生きてきて素晴らしい映画を作ってきた監督や俳優に本当に多くの影響を受けてきたのですが、僕にとって1番影響力を与えた人は母です。今の僕を作ってくれたのは母なので、1番影響を受けた人を敢えて挙げるとしたら母だと言いたいです。

シャミ:
ちなみにお母様も映画好きなのでしょうか?

チョ・ジンモ監督:
母も映画が好きでした。今は映画館があちこちにたくさんありますが、僕が幼い頃は映画館に年齢制限があってあまり入れなかったので、どちらかというとビデオを借りて観ていました。タイトルはわからないのですが当時入手困難だった日本の映画などを借りてきて、母と家で観た記憶があります。

シャミ:
では最後に監督というお仕事をされていて1番やり甲斐を感じるのはどんな時か教えてください。

映画『雨とあなたの物語』チョ・ジンモ監督インタビュー

チョ・ジンモ監督:
監督は一言で言うとイメージを作る人だと思います。その自分がイメージした通りのものを観客に伝え、感じてもらうことができるのかということ、そして感じてもらえた時にはとても嬉しく、良くできた時はとてもハッピーです。だけど、もしそれが上手く伝わらなかった時は悩むわけです。この悩む時間が嫌だという人は監督にはなれないと思いますが、悩む時間も含めて考えることが好き、苦悩することが好きという人であれば続けられる職業ではないかと思います。それが監督という仕事の醍醐味です。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2021年10月12日取材 TEXT by Shamy

映画『雨とあなたの物語』カン・ハヌル/チョン・ウヒ

『雨とあなたの物語』
2021年12月17日より全国公開
監督:チョ・ジンモ
出演:カン・ハヌル/チョン・ウヒ/カン・ソラ
配給:シンカ

舞台はスマートフォンもSNSもなかった2003年の韓国。夢も目標もない浪人生のヨンホは、長い間大切にしてきた記憶の中の友人を思い出し、手紙を出す。一方、自分の夢を見つけられず、母親と一緒に古書店を営むソヒは、姉のソヨン宛に届いたヨンホからの手紙を受け取る。ソヒは病気の姉に代わりある条件のもとヨンホと手紙を交わし始め…。

公式サイト  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2021 KIDARI ENT, INC., SONY PICTURES ENTERTAINMENT KOREA INC. (BRANCH), AZIT FILM CORP., AZIT PICTURES CORP. ALL RIGHTS RESERVED

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ホークアイ』ジェレミー・レナー/ヘイリー・スタインフェルド ホークアイ

これは、ニューヨークに住む少女ケイト・ビショップが、ある日敵と戦うホークアイことクリント・バートン(ジェレミー・レナー)の活躍ぶりを目撃し…

映画『ハウス・オブ・グッチ』ジェレミー・アイアンズ ジェレミー・アイアンズ

1948年9月19日イングランド、ワイト島生まれ。ブリストルのオールド・ヴィック・シアターで演技を学んだ後に…

映画『夕方のおともだち』村上淳/菜葉菜 夕方のおともだち

“SMクラブ”“女王様”という強いワードがありますが、良い意味で想像とは…

映画『ノイズ』藤原竜也/松山ケンイチ/神木隆之介 ノイズ

意図せず殺人を犯してしまった男と、それに関与した親友達が…

映画『スターダスト』ジェナ・マローン ジェナ・マローン

1984年11月21日アメリカ、ネバダ州出身。10歳の時に『冷たい一瞬を抱いて』で映画デビューし…

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ特集:人気作品ランキング

今回は、最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』(2022年2月11日より全国公開)の公開を記念し、これまでスティーヴン・スピルバーグが監督した作品(一部テレビ映画も含む)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『前科者』有村架純/森田剛 前科者

本作はWOWOWでドラマ版が放送(現在はWOWOWオンデマンド、Amazon Primeにて配信中)されていますが…

映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』サブリナ・アマーリ クレッシェンド 音楽の架け橋

今も争いが続くパレスチナとイスラエルの音楽家を夢見る若者達が集まり、オーケストラを結成するという…

映画『こんにちは、私のお母さん』チャン・シャオフェイ チャン・シャオフェイ

1986年1月10日生まれ。中国、遼寧省出身。2009年に北京電影学院俳優科を卒業後…

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』カヤ・スコデラリオ/アヴァン・ジョーギア バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の“バイオハザード”シリーズでは、ゲームシリーズには登場しないアリスを主人公として映画独自のストーリーが展開されました。それに対して…

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ特集:人気作品ランキング

今回は、最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』(2022年2月11日より全国公開)の公開を記念し、これまでスティーヴン・スピルバーグが監督した作品(一部テレビ映画も含む)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

REVIEW

  1. 海外ドラマ『ホークアイ』ジェレミー・レナー/ヘイリー・スタインフェルド
    ホークアイ

  2. 映画『夕方のおともだち』村上淳/菜葉菜
  3. 映画『ノイズ』藤原竜也/松山ケンイチ/神木隆之介
    ノイズ

  4. 映画『前科者』有村架純/森田剛
    前科者

  5. 映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』サブリナ・アマーリ
  6. 映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』カヤ・スコデラリオ/アヴァン・ジョーギア
  7. 映画『Pure Japanese』ディーン・フジオカ/蒔田彩珠
    Pure Japanese

  8. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』
  9. 映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ダービー・キャンプ/ジャック・ホワイトホール
  10. 映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク
PAGE TOP