取材&インタビュー

『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』ジョン・チェスター監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』ジョン・チェスター監督インタビュー

「こんな広大な荒れ地をどうやって農地にするの!?」と思えるような場所で、8年かけてさまざまな植物や動物が生息し、命のサイクルによって健康な食材が生み出される美しい農場を作った、ジョンとモリー夫妻。今回、監督も務めたジョン・チェスターさんにスカイプ・インタビューをさせて頂きました。映画からも監督のインタビューからも、多くのことを学ばせて頂き感激しました!

<PROFILE>
ジョン・チェスター:製作、監督、脚本、撮影監督
映画制作者、テレビ番組の監督・カメラマンとして25年のキャリアを持つ。アニマルプラネットとITVの野生生物番組の制作者として世界中を回ったのを機に、複雑な生態系の相互作用に興味を持つ。2010年に妻のモリーと共にバイオダイナミックで再生型の農場“アプリコット・レーン・ファーム”を始め、そこで飼育している豚や牛達を撮影し、米オプラ・ウィンフリー・ネットワーク『スーパーソウル・サンデー』用に制作した短編“Saving Emma(原題)”、“Worry For Maggie(原題)”“The Orphan(原題)”などで、監督賞、脚本賞、撮影賞他5つのエミー賞を受賞。また、伝説のロック写真家ロバート・ナイトのドキュメンタリー映画“Rock Prophecies(原題)”の監督を務め、ダラス国際映画祭、ナッシュビル国際映画祭、ロードアイランド国際映画祭の長編ドキュメンタリー映画部門で3つの観客賞を受賞。『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』では、製作、監督、脚本、撮影監督を兼任し、米レビューサイトRottenTomatoesで驚異の96% (2019年11月1日現在)、2018年から数々の映画祭で数々の観客賞を受賞している。

大きな夢を実現した監督が思う、チャレンジに必要なこととは

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』ジョン・チェスター/モリー・チェスター/愛犬トッド/動物たち

マイソン:
愛犬トッドの一件が農場作りのきっかけになったとありましたが、私は映画を観ていてそれ以前に監督と奥様が出会ったところから、既にこの奇跡が始まっていたのではないかと感じました。お2人が出会ってから今までを振り返って、こういった価値観を共有できる相手だなと実感したエピソードがあれば教えてください。

ジョン・チェスター監督:
いつもモリーと僕は意味とか目的がある人生を送りたいと思っていたし、自然の中で、あるいは自然の周りで過ごすことが好きで、食べ物がとても大事だと思っていたんです。食べ物が体に及ぼす影響というのはすごく大きくて、その食べ物が健全かどうかというのは、最終的には農地の土壌が良いかどうかということになるんです。だから非常に健康な土壌で物を作るっていうのは良いよねっていう考えを話し始めて、それが私とモリーのお気に入りの話題になったんです。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』モリー・チェスター

マイソン:
あんなに大きな農場を作るという決断もかなり挑戦的なので、それを夫婦揃ってやろうと思えるところもすごいと思ったのですが、お2人のなかであの決断に至るまでに1番葛藤したのはどんなことでしょうか?

ジョン・チェスター監督:
最初は自分達がやろうとしていることが、一体どのくらい時間がかかるものなのか、1日のうち、1週間のうちどのくらいを費やすのかとかが、わかっていなかったんです。だから実は自分達の時間の全部を取られるということを知らなかったわけです(笑)。ものすごく大きな恐怖もありました。私は20年くらいフィルムメーカーとしてキャリアを築いてきて、それを全く未知のもののために諦めてしまう、妻のほうも自分がやってきたことを辞めて、全く知らないことに乗りこんでいくということは非常に恐怖でした。

マイソン:
そうだったんですね。監督は、野生生物の番組制作者としてキャリアがあって、生態系に興味があったと思いますし、奥様は料理家として食材に詳しいっていうことがあったと思うんですけど、元々のキャリアが活かされた部分と、逆に先入観が邪魔した部分があったら教えてください。

ジョン・チェスター監督:
良くなかったこととしては、映画を作っている分には家に帰ったら映画のことを忘れられますけど、農場というのは忘れられないんですね。止まらないんです。キャリアが役に立った点は、野生動物の映画の仕事で、南アフリカの野生動物を撮るにあたって、3つの違う学校でトレーニングを受けた獣医の学生さんと仕事をしたことです。獣医さんがどういうことをやるのか、学生さんが何をやるのかをたくさん見ていたので、実際自分達の農地で馬とか羊に関わる時に、それが非常に役立ちました。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』ジョン・チェスター

マイソン:
監督は元々動物が好きだから、動物の番組などを撮るお仕事に就いたのでしょうか?

ジョン・チェスター監督:
野生動物とか自然が大好きだったということと、自然の中でお互いがどれだけ繋がっているか、どういう風に関係し合っているのかというのを見るのがすごく好きだったんです。野生動物、あるいは自然の関係を見れば見るほど、それが人間のことを反射してくれて、考えさせてくれる、人間についての洞察をくれるということがありました。

マイソン:
農場に連れてくる動物はどのように決めているのでしょうか?あと、一緒に暮らしてみて一番意外性を感じた動物がいたら教えてください。

ジョン・チェスター監督:
すべて良い土壌を形成する上で必要なものという観点で選びました。何百万年もの間、非常に複雑で良い土壌というものは、いろいろな植物とか動物によって形成されてきたんですね。なので、牛も羊も良い土壌を作るためのエコシステムにおいてとても大切な動物だったんです。意外性があった動物は、豚のエマですね。あんなに友達のように親しくなるとは思わなかったです。僕はわりと友達とコネクトしやすいのですが、エマは本当に友達になって1日に3〜4回そばを通るのですが、こんなに大好きになるとは思いませんでした。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』ジョン・チェスター

マイソン:
ハハハハ(笑)。人間にとっての8年間はすごく長いと思うんですけど、映画を観ていて、小さな生態系が出来上がりつつある状態が地球の年齢から考えるとすごく早い気がしました。そういうところにも、あらゆるものの存在価値とか生命力に神秘的なものを私は感じたんですけど、監督や農場の皆さんが8年間で1番驚いたこととか、1番変化を感じた部分はどんなところですか?

ジョン・チェスター監督:
非常に短い間にいろいろな自然が回帰してきたというのが驚きだったんですけど、さらに驚いたのが本当に多様な野生動物が戻ってきて、僕達を助けてくれたことなんです。そうなったら良いなと願ってはいたんですが、叶わないと思っていたので、それがあの短い間に起こったというのが本当に驚きでした。一瞬問題だと思えたものが、自然がバランスを取り戻すまでに時間がかかるわけで、例えばアブラムシの問題だと、それを食べてくれるテントウムシが来るまでに時間がかかります。だから、生物的な多様性が戻るには時間がかかるということなんだと、そこが人間の忍耐力がテストされる部分でもあります。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

マイソン:
もうこんなにすごい状況を経験されると、何でもできるっていう自信がわくんじゃないかと思ったんですが(笑)、これからやりたいことや夢はありますか?

ジョン・チェスター監督:
今は5歳の息子を育てるのが最大のプロジェクトです(笑)。それから私の大切な友人である豚のエマを150ポンド(約70キロ)くらい減量させないといけないというのも非常に大きな問題です(笑)。今までの8年間でやってきた、土壌を良いものにするとか、生物的な多様性を育むということは、ある意味で農園の免疫システムを作ってきたことだと思うんですね。この農園のいろいろなことが人間によって動かされているので、人と人とのコミュニケーションとか、何を大切にしているのかということ、あるいは問題解決能力というものが、次のレベルの農園の免疫システムになると思っています。なので、これから僕達がやることは、チームの中のコミュニケーションシステムなどをより効率的にすることだと思っています。

マイソン:
さきほど時間が解決してくれるのを待つのが大事だとおっしゃっていましたが、やはり人間なので、焦ると何かしなきゃって思っちゃいますよね。でも、一旦立ち止まって考えたり、流されないでちゃんと待つことができたのは、なぜでしょうか?

ジョン・チェスター監督:
1年目に問題解決したと思ったものが、3年目に全然解決していなかったとわかったりして、そういうことから学んだんですよね。つまり自分達が間違った方法を使っていたとわかるまでに時間がかかって、それからようやく正しい解決というものが見えてくるっていうことを学んだからだと思います。

マイソン:
なるほど〜。じゃあ今は時間の使い方が変わりましたか?

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』ジョン・チェスター

ジョン・チェスター監督:
変わりましたね。自信や忍耐力がついたと思います。何かがあった時、理解する前にバンドエイドを貼りたいと思うのではなく、一体どこまで傷が深いのか、どこまで傷が深くいくのかっていう理解をすることで、長期的な問題解決をすることができるというか、そういうものが必要であるということで、待つ自信、忍耐力がついた気がします。8年かけてわかったのは、確証はできないし、何事も自分が絶対こうだと思ったものはないんです(笑)。だけど、そのほうが良いのかなって今は思えます。

マイソン:
深いですね〜。では最後の質問です。観ていて農場の話でありながら、とても普遍的なお話で、これから何かにチャレンジする人に勇気を与えてくれる映画だと思いました。監督から、これから何かにチャレンジする人に向けて一言お願いします。

ジョン・チェスター監督:
夢に対するアプローチとして、少なくともモリーと僕は自分達の理想に対して脆弱さもあったし、謙遜さというか腰の低さもあったと思います。だから周りのいろいろな偉大な先生に教えを請うことができたわけなんですけど、自分達の方向性をはっきり宣言しなければいけないと同時に、脆弱さと謙虚さを持つことが大事なんじゃないかと思います。もう1つ付け加えると、若者は「意味のある、目的のある人生を送りなさい」という風に言われがちですが、僕はそれは間違いだと思うんですよね。やはり自分の好奇心に従うことが大切で、そうすることによって、すごく生き甲斐のある人生になってくると思います。というのは、時には好奇心だけがヒントをくれる、どういう人生を送りたいかっていうことを教えてくれるからです。

マイソン:
ありがとうございました!

2020年2月18日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』ジョン・チェスター/モリー・チェスター/愛犬トッド/動物たち

『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』
2020年3月14日より全国順次公開
監督:ジョン・チェスター
出演:ジョン・チェスター/モリー・チェスター/愛犬トッド/動物たち
配給:シンカ

ひょんなことがきっかけで、大都会ロサンゼルスでの生活から一転、大農場作りにチャレンジすることになったジョンとモリー夫妻の8年間を追ったドキュメンタリー。2人はあらゆる植物と動物が生息する小生態系を農場に作ることで、本当に健康な食材を育てようと奔走する。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2018 FarmLore Films,LLC
photo credit:Yvette Roman Photography

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ 「国内旅行についてしゃべろう」トーキョー女子映画部“リアル交流会”参加者募集

トーキョー女子映画部には“映画が好き”という共通項を持つ部員の方々が集まっています。その中でもさらに共通の関心事についておしゃべりすれば楽しいんじゃないかということで、今回のリアル交流会の話題は、「国内旅行」で実施します。国内旅行好きの皆さん、夏休みの計画を立てようとしている皆さん、この交流会で情報交換しませんか?

映画『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー 『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー

音のない世界と聴こえる世界の狭間で居場所を失ったコーダの子ども達の姿を追ったドキュメンタリー映画『私だけ聴こえる』。今回はその監督を務めた松井至さんに、本作制作の裏話や、監督が肌で感じたコーダの方々のリアルな意見について聞いてみました。

映画『アネット』マリオン・コティヤール マリオン・コティヤール

1975年9月30日生まれ。フランス、パリ出身。両親共に舞台俳優。幼少の頃から舞台に立ち…

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎 冬薔薇(ふゆそうび)

ゼロからの再スタートといえる伊藤健太郎が主演の本作は、阪本順次監督が彼からじっくり話を聞き…

映画『トップガン マーヴェリック』マイルズ・テラー マイルズ・テラー

1987年2月20日アメリカ、ペンシルベニア州生まれ。2010年にジョン・キャメロン・ミッチェル監督作…

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー) 経験と知識と技術と誰にも負けない熱意でとことんリアルにこだわった傑作『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ&ジェリー・ブラッカイマー来日記者会見

36年もの間、多くのファンが待ち望んでいた『トップガン』の続編が遂に2022年5月27日より公開されます。公開を目前にして、主演のトム・クルーズ、製作のジェリー・ブラッカイマーが揃って来日を果たしました。

映画『ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇』 ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇

一言でいうと水産業の裏側が描かれたドキュメンタリー映画なのですが、その闇の深さには驚きの連続です。世界有数の水産大国であるタイには…

映画『ウェディング・ハイ』篠原涼子 篠原涼子(しのはら りょうこ)

1973年8月13日群馬県生まれ。1990年にデビューして以降、サスペンスからアクション、コメディからヒューマンドラマ…

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー 『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

映画『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア、ミリー・ボビー・ブラウン(イレブン役)、フィン・ヴォルフハルト(マイク役)、ウィノナ・ライダー(ジョイス役)、ノア・シュナップ(ウィル役)他 ミリー・ボビー・ブラウン、ウィノナ・ライダーらお馴染みのメンバーが集結!『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』待望のシーズン4は2部作となり、Vol.1が5月27日、Vol.2が7月1日よりNetflixにて配信開始!先日、NYにて本作のワールドプレミアが行われ、ミリー・ボビー・ブラウン、フィン・ヴォルフハルト、ウィノナ・ライダーら豪華メンバーが集結しました。

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  5. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真

おすすめ記事

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎
  2. 映画『ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇』
  3. 映画『20歳のソウル』神尾楓珠
    20歳のソウル

  4. 映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット
  5. 映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』
  6. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  7. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
  8. 映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦
    大河への道

  9. 映画『ハケンアニメ!』吉岡里帆/中村倫也/柄本佑/尾野真千子
  10. 映画『流浪の月』広瀬すず/松坂桃李
    流浪の月

PAGE TOP