取材&インタビュー

『五億円のじんせい』望月歩さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画 『五億円のじんせい』望月歩さんインタビュー

今回は『五億円のじんせい』主演の望月歩さんに取材をさせて頂きました。若くしてたくさんの作品で名演を見せてきた望月さんに、役作りについてなどお聞きしました。

<PROFILE>
望月歩(もちづき あゆむ):高月望来 役
2000年9月28日生まれ。2015年、宮部みゆき原作の映画『ソロモンの偽証』で、1万人以上が参加したオーディションでキーパーソン柏木卓也役を獲得。同作で映画デビューを飾り、その怪演ぶりで注目を集めた。その後、ドラマ『マザー・ゲーム』『母になる』『アンナチュラル』『モブサイコ100』、映画『真田十勇士』『疾風ロンド』などの話題作に出演し、ドラマ、映画、CMなど多方面で活躍中。2019年は、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』に出演し、さらに初主演映画『五億円のじんせい』が7月20日より全国順次公開。主演映画『向こうの家』が10月5日より公開。

やりたいことをやっていたら応援してくれる人は絶対にいる!

映画 『五億円のじんせい』望月歩

マイソン:
最初に脚本を読んだ時、1番印象に残ったポイントはどんなところですか?

望月歩さん:
言葉が綺麗なところが1番印象に残りました。ここで映画を観ている人にこういう風に思わせたいから、こういう風に喋るんだろうなとか。

マイソン:
それは素直っていう意味で?

望月歩さん:
それもそうですし、言葉の1つ1つが考えさせられるというか、綺麗な言葉だなって思いました。

マイソン:
タイトルが『五億円のじんせい』で、5億って私達には縁遠い金額なんですが、その辺はどう受け止めて演じられましたか?

望月歩さん:
どうなんでしょう(笑)。お金に関しては、そこまで感じていなかったかも知れないです。お金より、病気のほうが重荷としては大きくて、望来が人の目やプレッシャーを感じるものを、お金より病気のほうで考えていたかも知れないです。

映画 『五億円のじんせい』望月歩/平田満

マイソン:
なるほど。今回はすごく人の善意に囲まれた役で、主人公自身も善意に溢れた男の子だったんですが、今までダークな役や、いじめられる役も演じられましたよね。役作りをしている時って日常でもヒントを探したりされますか?

望月歩さん:
そうですね。近いものは自分の中にあったほうが良いと思うから、探すというか、自分の過去を振り返るほうが多いかも知れません。でも周りの人からもこの作品のこの人はこういう気持ちなんだ、ここだけ近いなとかは見たりしますね。

マイソン:
いろいろなキャラクターを演じられていても、やっぱりどこかは通じるところがあるものなのでしょうか?

望月歩さん:
悪い役だったとしても、その人の中では絶対正義で、自分がやりたいからやってるわけだから、演じている時はその役の気持ちがすごくわかるようになっていると思います。

映画 『五億円のじんせい』望月歩/西田尚美

マイソン:
では、先輩の俳優さんとか同い年くらいの共演者の方でも良いのですが、刺激を受けたエピソードがあったら教えてください。

望月歩さん:
舞台は生ものだとかよく聞きますが、“真田十勇士”という舞台に初めて立たせてもらった時に、「今日はこうくるの!?」っていうことがあって、「あ〜さすが先輩だ」って思いました。作品の妨げになるようなことではなくて、より良くしようと「今日はこっちで行く」みたいな感じだったから、楽しかったですね。それがすごく刺激になりました。

マイソン:
ドラマや映画だと何テイクも撮り直すとか、それはそれで集中力を維持するのが難しかったりするのかなと思うのですが、工夫されていることはありますか?

望月歩さん:
工夫というか、今のでダメだったから次こうしたほうが良いんだなとか、演技の相手に合わせて、こうしてやったらやりやすくなるのかなとかはありますね。だから気を付けようということは特になくて、僕は何回もやるのは楽しいなって思います。

映画 『五億円のじんせい』山田杏奈

マイソン:
演技を楽しまれてるんですね。では、望月さんが今まで生きてきて、この人の言葉は自分の糧になっているというメッセージは、何かありますか?

望月歩さん:
お芝居の先生に「正解より全力でやれ」って言われたのがすごく印象に残っています。あと自分自身の体験じゃなく、役として受けた言葉ですけど、ドラマ『アンナチュラル』の石原さとみさんのセリフで「あなたの人生は、あなたのものだよ」っていう言葉は、すごく心に残っています。

マイソン:
どちらも素敵な言葉ですね!ちょっと話題が変わりますが、来年20歳ということで、10代のうちにやっておきたいことってありますか?

望月歩さん:
これは10代だからってことではないんですけど、嵐さんに会いたいです!

マイソン:
前からファンだったんですか?

望月歩さん:
元々役者をやり始めたのは、ジャッキー・チェンさんとか、昔からカッコ良いなって思っていたのもあるんですけど、嵐さんに憧れてダンスを始めたのがきっかけなんです。

マイソン:
そうなんですね!バラエティで上手に番組を回している感じとかもすべて。

望月歩さん:
すごく良いですね!

映画『五億円のじんせい』望月歩

マイソン:
ジャッキー・チェンに興味を持ったのは、何がきっかけだったんですか?

望月歩さん:
家族が観ていたからです。それでカッコ良いなって。

マイソン:
特に好きな映画はありますか?

望月歩さん:
『ポリス・ストーリー/香港国際警察』が好きです。小さい頃は犯人達が被っていたピエロのお面が怖かったんですが、改めて去年くらいに観た時におもしろいなって。だから1番好きですね。

マイソン:
ジャッキー・チェンってめちゃめちゃアクションがすごいですけど、今後は望月さんもアクションをやりたいという気持ちはありますか?

望月歩さん:
もちろんやりたいです!めちゃくちゃ自信があるわけではないんですけど(苦笑)。

マイソン:
でもダンス経験あり、ジャッキー・チェンも好きというこの流れだと、アリですよね!

望月歩さん:
楽しみですけどね!運動神経は意外と良いほうって言われます。

マイソン:
じゃあバリバリのアクションとか、どうですか?

望月歩さん:
そこまでは無理かも知れません(笑)。

マイソン:
ハハハハハ!でもやって欲しいです!

望月歩さん:
やってみたいですね!『るろうに剣心』もすごく好きなんですよ。やってみたかったなと思いました。全然先の話ですけど、ああいうカッコ良い作品に、いつか携わってみたいなって思います。

映画 『五億円のじんせい』望月歩さんインタビュー

マイソン:
ぜひ!楽しみにしています。それでは最後の質問で、この映画のキャラクターになぞらえて、主人公と同じくらいの若者と、世の中のお母さんに一言ずつメッセージを頂ければと思います。

望月歩さん:
男の子に対しては、頑張れっていうか、何でも良いからやってみてって言いたいですね。僕も結構前から芝居をしていますけど、やりたいことをやっていたら応援してくれる人は絶対にいます。挑戦するというか、ゲーマーでもユーチューバーでも、どんな仕事でも良いから、やりたいものはやってみたらという思いは強いですね。あと世のお母さんに対しては、主人公みたいな感じで“冒険”したくならないようにしてあげてくださいって思います。

マイソン:
なるほど、あんな風に無茶にならないように。

望月歩さん:
でも仕方ないんですよね。

マイソン:
健全な冒険は良いってことですよね?

望月歩さん:
ほどほどにという感じで、1週間の家出とかなら良いかも知れないですけど、それくらいにしてあげたほうが良いんじゃない?って(笑)。

マイソン:
じゃあ無理な冒険はさせないっていうことで(笑)。本日はありがとうございました!

2019年6月6日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『五億円のじんせい』望月歩

『五億円のじんせい』
2019年7月20日より全国公開
監督:文晟豪
出演:望月歩/山田杏奈/森岡龍/松尾諭/芦那すみれ/吉岡睦雄/兵頭功海/小林ひかり/水澤紳吾/諏訪太朗/江本純子/坂口涼太郎/平田満/西田尚美
配給:NEW CINEMA PROJECT

善意の募金5億円により心臓手術に成功し命を救われた高月望来は17歳になった。未だに周囲から気にかけてもらい、期待に沿わなければと思う反面、自分が五億円にふさわしいかどうか悩んでいた望来は、とある出来事をきっかけに自殺を決意。SNSで自殺を宣言するが、見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届き…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

映画『サマー・オブ・84』グラハム・バーチャー グラハム・バーチャー

2002年2月4日、カナダのバンクーバー生まれ。双子の兄弟とともに演技のクラスを受講したことから役者としての活動を始める。最初の仕事は…

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督 全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日…

映画『よこがお』須藤蓮 須藤蓮(すどう れん)

1996年7月22日生まれ、東京都出身。特技は英語、ダンス、そして虫に詳しいこと。 2018年、NHKBSプレミアムのドラマ『ワンダーウォール』、短編映画『ブレイカーズ』…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

おすすめ記事

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

REVIEW

  1. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  2. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  3. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  4. 映画『天気の子』
    天気の子

  5. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  6. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  7. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー
  8. 映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール
  9. 映画『永遠に僕のもの』ロレンソ・フェロ
  10. 映画『トールキン 旅のはじまり』ニコラス・ホルト

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP