取材&インタビュー

『モロッコ、彼女たちの朝』マリヤム・トゥザニ監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『モロッコ、彼女たちの朝』マリヤム・トゥザニ監督インタビュー

今回は、アカデミー賞モロッコ代表に選出された話題作『モロッコ、彼女たちの朝』のマリヤム・トゥザニ監督にリモートインタビューをさせていただきました。監督自身が過去に家族で世話をした未婚の妊婦との思い出を基に作り上げたという本作の、登場人物達の交流や母性について聞いてみました。

<PROFILE>
マリヤム・トゥザニ:監督・脚本
1980年モロッコ、タンジェ生まれ。映画監督、脚本家、俳優として活動中。ロンドンの大学に進学するまで故郷のタンジェで過ごす。2012年、短編映画“When They Slept(原題)”で初監督を務め、数多くの映画祭で上映され、17の賞を受賞。2015年、監督第2作目となる『アヤは海辺に行く』も同様に注目を集め、カイロ国際映画祭での観客賞の他多数の賞を受賞した。夫であるナビール・アユーシュ監督の代表作“Much Loved(原題)”では、脚本と撮影に参加、さらに同監督最新作“Razzia(原題)” では、脚本の共同執筆と共に、俳優として主役を演じている。映画『モロッコ、彼女たちの朝』は、長編監督デビュー作となる。


生と死は改めて自分に問いかけるきっかけをくれる出来事

映画『モロッコ、彼女たちの朝』ルブナ・アザバル/ニスリン・エラディ

シャミ:
本作は監督が大学卒業後頃に家族で世話をした未婚の妊婦との思い出がベースとなっていて、監督自身が母になるにあたり、「一刻も早くこの物語を伝えなければならないと思った」と資料にありました。監督が彼女に出会った当時と、母になった時とで、彼女に対する見方や考えが1番変わったのはどんな点でしたか?

マリヤム・トゥザニ監督:
実はこの作品は私の母親に捧げています。母にはカンヌ国際映画祭で上映するまでそのことを言わず、カンヌで初めて観てもらい、自分に捧げられていることを知ってもらったというエピソードがあります。というのも、私が母親になった時に初めて知ったことが本当にたくさんあって、自分自身についても学ぶことがありました。それは、物事の本質に気づかせてくれる、強く美しい体験でもありました。
私は人生のすごく大きな出来事の2つが、生と死だと思うんです。自分自身が出産を経験したり、自分に近しい人が子どもを産み、それを体験する、あるいは誰かを亡くすという体験をする。そういった体験は、人間を超越するもので、私達の人間性に立ち戻らせてくれると思います。そして、生と死は改めて自分に問いかけるきっかけをくれる出来事でもあります。私自身も子どもを産むことで、自分の人生や自分という存在について改めて意識する部分がありました。また、サミアのモデルとなった未婚の妊婦との出会いは、そのこと自体がとてもパワフルな体験で、ずっと自分の中にあったのですが、同時に彼女が当時妊娠していて子どもを産む時に感じていたことを今度は自分の肉体で体験したわけです。その時にいろいろと感じるものがあって、それを表現する手段としてこの映画の脚本を「書かなければ!」という気持ちに突き動かされました。

映画『モロッコ、彼女たちの朝』ニスリン・エラディ

シャミ:
監督はご両親と一緒に未婚の母を受け入れたと思うのですが、本作の場合はアブラとその娘ワルダが暮らしているところにサミアがやってくるという設定でした。サミアとアブラはタイプの違う人物でしたが、この2人の交流を通して監督が1番伝えたかったことはどんなことでしょうか?

マリヤム・トゥザニ監督:
私は誰もが恐怖心や傷というものを抱えていると考えています。この2人の女性達もそうで、サミアの場合は自分の子どもに対して何か感情を持ってしまったら、自分が辛くなることをわかっているので、とにかく自分が何も感じないようにしているんです。サミアは本来すごく喜びに溢れた生き生きとした女性なのですが、そんな自分を押さえようとしています。アブラのほうは、亡くした夫を悼むことができず、彼女自身が幽霊のような状態になっています。自分の人生を直視してしまうと、感情が出てきてしまって辛いので、今は何も感じたくないと思って日々生活しています。そういった意味では、彼女は母であること自体にも恐怖心を感じているんです。良き母なので、娘のワルダに勉強を教えたり、彼女のために一生懸命仕事をしていますが、恐怖心から自分の気持ちを娘に分けてあげることができずにいます。そんな2人の女性達がお互いを変えることになるのがこの物語なのですが、やはり本当にお互いを変えるためにはしっかりとお互いの内側まで見据えられなければいけないと思うし、その変化が2人の間で少しずつ起こっていくんです。

映画『モロッコ、彼女たちの朝』ルブナ・アザバル/ニスリン・エラディ

また、ワルダがいることが2人の助けにもなっています。彼女が2人の絆になり、そして大人が目に止まらないようなことに気づかせてくれる。時にはワルダが無意識でそういったことをする時もあって、例えばサミアに自分のお腹を触らせて、子どもとの繋がりを感じさせる場面があります。あれはとても子どもらしいやり方ですが、物事の本質を突いています。2人の女性に共通しているのは、自分が誰であるのかということから逃げようとしている点だと思います。それがこの偶然の出会いによって、2人はお互いのことを知って変化していく、その辺りを描きたいと思いました。

シャミ:
サミアとアブラの心の交流はとても印象的でした。あと、この2人を通して母性の素晴らしさと抗えない辛さの両方を感じたのですが、監督ご自身が感じる母性の素晴らしさや、辛さはどんなところでしょうか?

映画『モロッコ、彼女たちの朝』ニスリン・エラディ

マリヤム・トゥザニ監督:
言葉で表すのはとても難しいことですね。私は子どもを持ったことで、自分が子どもであることを再発見するチャンスを与えられたような想いもありました。それから、自分の目の前で小さな存在が毎日変化していき、個性を持ち、人間らしくなっていく過程を見られることは、本当に素晴らしい体験だし、それに貢献できることにも喜びを感じます。そして、自分自身より良い人間になりたいという気持ちにさせてくれるんです。自分も与えなければと思うし、心も広く持たなければいけません。元々私は忍耐強いタイプでしたが、子どもを持ってさらに強くなりました(笑)。また、日々忙しくていろいろなことが意識せずに過ぎていってしまいますが、時には人生に立ち止まっていろいろなことを意識することもとても重要だと思います。子どもを持つ経験もその1つです。私は子どもを産んだ経験と、ちょうど出産のタイミングで自分の人生のペースを落とすことができました。なので、母性をフルに体験できるような日々を生きているつもりです。本当に圧倒されるくらい美しい体験です。

映画『モロッコ、彼女たちの朝』マリヤム・トゥザニ監督インタビュー

シャミ:
ありがとうございました!

2021年7月21日取材 TEXT by Shamy

映画『モロッコ、彼女たちの朝』ルブナ・アザバル/ニスリン・エラディ

『モロッコ、彼女たちの朝』
2021年8月13日より全国公開
監督・脚本:マリヤム・トゥザニ
出演:ルブナ・アザバル/ニスリン・エラディ
配給:ロングライド

未婚の母はタブーなイスラーム社会で、臨月のお腹を抱えたサミアは行く当てもなくカサブランカの街をさまよっていた。ある日、サミアは仕事を求めて小さなパン屋の扉をノックするが、パン屋の店主アブラは、仕事はないと断る。だが、その晩アブラは路上で眠るサミアを見つけ…。

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© Ali n’ Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ ブラックボックス:音声分析捜査

本作は、航空機事故の真相を明かすために1人の音声分析官が奔走するサスペンスで…

映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑 真夜中乙女戦争

本作は、平凡で退屈な日々を送る青年が、ある出会いをきっかけに自分自身と東京の街を破壊…

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン ライダーズ・オブ・ジャスティス

主人公は列車事故で妻を亡くした軍人のマーカス(マッツ・ミケルセン)で、彼は残された娘のマチルデ(アンドレア・ハイク・ガデベルグ)と…

映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン コーダ あいのうた

本作は、2015年に日本で公開されたフランス映画『エール!』のハリウッドリメイク版で、タイトルの“CODA(コーダ)”には…

映画『こんにちは、私のお母さん』ジア・リン ジア・リン

1982年4月29日生まれ。中国、湖北省出身。1982年、母のリ・ホワンインと父のジア・ウェンティエンの娘として…

映画『ハザードランプ』安田顕/山田裕貴 『ハザードランプ』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ハザードランプ』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ポプラン』上田慎一郎監督&皆川暢二さんインタビュー 『ポプラン』上田慎一郎監督&皆川暢二さんインタビュー

本作はインパクトのある設定から、おバカ映画、色物映画と見られかねないというところで、宣伝ではどういう風に伝えていけばよいか最初は手探りな部分もあったそうです(上田監督談)。今回は、そんな本作の背景や作品への思いについて、上田慎一郎監督と皆川暢二さんにお話を伺いました。

映画『無聲 The Silent Forest』 無聲 The Silent Forest

これはあまりにショックな内容で、こんなことが実際にあったなんて…

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世 コンフィデンスマンJP 英雄編

今回も見事に騙されました(笑)。それなりにどこから計画されているかは予想しながら観るのですが…

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

REVIEW

  1. 映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ
  2. 映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑
  3. 映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン
  4. 映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン
  5. 映画『無聲 The Silent Forest』
  6. 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世
  7. 映画『スティルウォーター』マット・デイモン
  8. 映画『三度目の、正直』川村りら
  9. 映画『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』ダン・スティーヴンス/マレン・エッゲルト
  10. 映画『ハウス・オブ・グッチ』レディー・ガガ
PAGE TOP