取材&インタビュー

Huluオリジナル『死神さん』前田敦子さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
Huluオリジナルドラマ『死神さん』前田敦子さんインタビュー

冤罪事件を再捜査するクセモノ刑事(田中圭)が活躍する本作で、主人公を支える警察官を演じた前田敦子さんにインタビューをさせていただきました。アイドル時代と今についてのお話や、演技のために普段やっていることなどをお聞きしました。

<PROFILE>
前田敦子(まえだ あつこ):南川メイ 役
1991年7月10日生まれ。千葉県出身。AKB48のメンバーとして活躍し、2012年に卒業。AKB48在籍中の2007年に『あしたの私の作り方』で映画デビューを果たし、2011年の映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』で初主演を飾った。その後もNHK大河ドラマ『龍馬伝』、フジテレビ系ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』などに出演。主な映画出演作は、『苦役列車』『もらとりあむタマ子』『クロユリ団地』『さよなら歌舞伎町』『イニシエーション・ラブ』『モヒカン故郷に帰る』『探偵はBARにいる3』『町田くんの世界』、ロカルノ国際映画祭で上映された主演映画『旅のおわり世界のはじまり』などがある。

※前半は合同インタビュー、後半は独占インタビューです。

アイドル時代から培ってきた●●には自信しかない(笑)

Huluオリジナル『死神さん』田中圭/前田敦子

記者A:
田中圭さんが演じた儀藤(ぎどう)と対峙してみてどんなことを思われましたか?

前田敦子さん:
すごくお茶目なところがあるのが“死神さん(儀藤)”のおもしろさかなと思います。同じトーンなのにふざけていたり、それは一緒にお芝居をしていてもおもしろかったです。

記者A:
前田さんが視聴者として観ても儀藤と南川メイの2人の対比というのは魅力的だなと思われますか?

前田敦子さん:
そうですね。全然混じり合うつもりはないみたいな(笑)。

記者A:
ちなみに田中圭さんは現場に一緒にいていかがでしたか?

前田敦子さん:
すごく器用な方だなって。台本の台詞を覚えるのが本当に早いんです。私は結構躊躇してしまうタイプなので、合っているかなと不安になってしまうんですが、田中さんはその躊躇がないんです。だから10ページくらいの台詞もすぐ覚えられる方なんだと思います。

記者A:
俳優さんとしての才能があると言いますか。

前田敦子さん:
それは才能ですよね。舞台役者さん達もそういう方が多いと思うんですけど、それは持って生まれた才能だと思います。

Huluオリジナル『死神さん』田中圭

記者A:
「こう演じるんだ!」と驚いたところなどはありますか?

前田敦子さん:
おもしろいところはもっとおもしろくしようという企みも持っている方なので、たぶん楽しいのがすごく好きな方なんだろうなと思いました。真剣なところこそすごく淡々と演じられていて、おもしろいところを一癖二癖足そうとしていたので、すごく押し引きが上手い方だと思いました。

マイソン:
AKB48の時からすごくいろいろな経験をされていると思いますが、アイドル時代の経験が俳優業で役立っていることはありますか?

前田敦子さん:
体力というものに関しては自信しかないですね(笑)!

一同:
ハハハハハ!

前田敦子さん:
でもそれは心の体力のほうもそうかもしれません。私は自分で勝手に落ちたりしないんです。仕事の時は全然ですね。人間なのでプライベートで小さいことを気にするというのはもちろんありますが、仕事で「もうダメだ」みたいなモードには絶対に入ったりしません。それは自分の持っている才能かなと思います。そういう部分で図太くないとこの世界ではちょっと難しいのかなって。打たれ強いです(笑)。

マイソン:
すごい!!

前田敦子さん:
どんな環境でもっていうのもあります。

マイソン:
普段、俳優としての芸の肥やしというか、引き出しを増やすためにやっていることはありますか?

前田敦子さん:
すごく仲が良い人達と話している時の感じとか、普通に喋るってこんなに早口だよねとか、そういうことを日頃ふと思ったり、自分のことをたまに観察しています。お芝居では普通の会話が1番難しいと思っていて、ちゃんと人の話を聞いて一つひとつキャッチボールをすることって普通はあまりないですよね。作品を観ている人にとってはそれをしないと成立しないと思うので、そこは自分でも理解できていますが、それが友達と喋っているシーンになったらどうするんだろうとか、日頃の自分を客観視して突然そうだよなと思うことがあります。仲が良い人と喋っていると、マシンガントークになったりするじゃないですか(笑)。句読点なんかないんですよね。

Huluオリジナルドラマ『死神さん』前田敦子さんインタビュー

一同:
ハハハハハ!

マイソン:
息が続く間は一気に喋りますよね(笑)。

前田敦子さん:
あとは、ちょっとおもしろい人を見つけたりしたら「ちょっとおもしろいな」「そうだよな、こういう人もいるよな」って思ったりもします(笑)。

時間が解決するって何でもそうだなと思いました

マイソン:
今でも“AKB48のあっちゃん”というイメージを持っている方が多いと思うんですが、俳優さんをやる上で苦労したことはありますか?

前田敦子さん:
自分の中で慣れるまでには時間がかかりました。どうしても自分が1番そう思っていた時期はありましたね。“AKB48だった私”というのがなかなか消えなくて。でもそれは何でもそうだと思うんですけど、時間が1番の解決策だったと思います。ここまで来ちゃうと1人の時間のほうが長いので、「AKB48にいた自分もあったな」と懐かしく思うというか、違和感が自分の中からなくなったので、「どうしたらそう見えなくなるんだろう?」って余計なことを考えなくなりました。時間が解決するって何でもそうだなと思いました。

Huluオリジナルドラマ『死神さん』前田敦子さんインタビュー

マイソン:
周囲の皆さんがというよりご自身の内面で感じられてたんですね。

前田敦子さん:
そうですね。今は自分がそう思わなくなったので生きやすくなりました。

マイソン:
30代に入られて、役者さんとして新たにこういう役がやりたいとかありますか?

前田敦子さん:
どういう役がやりたいかな〜。夫婦役とかやってみたいですね。以前NHKのドラマでやったと言えばやったんですが、その作品はファンタジーだったので、普通の夫婦や家族の役をやってみたいです。

マイソン:
今まで学生とか若い役も多かったですよね。

前田敦子さん:
まだまだ学生はありそうな気がしておかしいなと思っています(笑)。今年もそういう作品があるんですが、「私はまた制服を着るのか!?」みたいな。でもそれはこの仕事の特権だと思って楽しもうと思います。

マイソン:
ファンの皆さんもまだ制服姿を観たいと思います(笑)。では、ちょっと話題が変わりますが、普段映画をご覧になる時はどんなところに目が行きますか?

前田敦子さん:
本当に何も考えずに演じているんだろうなという方を観た時にやっぱり素敵だなと思います。お芝居をする時は、自分との戦いだと思うんです。雑念がなくそつなく馴染めている方を観ると、とても素敵で尊敬します。すごく考えながら演じているのかなというよりは、ただその場にいるような、本当に考えていないんだなという人のほうが観ている方にも伝わるんだろうなと、邦画を観ると特に思います。

マイソン:
ご自身としては、これまでいろいろな作品に出られて今どうですか?

前田敦子さん:
この16年間はあっという間でしたね。あっという間過ぎて、またこの先の時間もすぐにきて30周年とかになるんだろうと、ちょっと焦っています(笑)。そうなる前にもう少しちゃんと噛みしめられるようになりたいなと思います。今はまだすごいスピードで過ぎていく感じがあるんですよ。もうそろそろ1つずつを記憶に残していきたいというか、しっかりと噛みしめて、落ち着いていられるようにするのが目標です。何かせわしなさが当たり前になってやってきちゃっているので、その癖が付いているんですよ。どんなに忙しくても全然大丈夫って。ペース配分みたいなものはこの数年で考えないといけないなと思います。

Huluオリジナルドラマ『死神さん』前田敦子さんインタビュー

マイソン:
では最後の質問で、これまでいち観客として影響を受けた映画や監督、俳優さんがいらしたら教えてください。

前田敦子さん:
皆さんそうですね。誰というのは決められないです。でも1番好きな役者さんは若尾文子さんなんです。若尾さんの作品は本当に癒やされます。すごく華があるし、コミカルな作品もすごく大人な作品もどちらも似合う色気のある方なので、いつまでも私のミューズです。

マイソン:
若尾さんに注目したきっかけの作品はありますか?

前田敦子さん:
レンタルDVD店で特集されていた時に知りました。その時に『青空娘』がポスターになっていて、当時まだ10代なのに大人っぽいし、ずっと変わらないんですよね。あとは『東京おにぎり娘』の若尾さんの可愛さがたまらないです!

マイソン:
私も観てみたいと思います。本日はありがとうございました!

2021年9月7日取材 PHOTO&TEXT by Myson

Huluオリジナル『死神さん』田中圭/前田敦子/小手伸也/蓮佛美沙子 他

『死神さん』
2021年9月17日よりHuluで独占配信中
毎週金曜、新エピソード配信(全6話)
監督:堤幸彦(第壱話・第弐話・最終話)/藤原知之(第参話・第肆話)/稲留武(第伍話)
出演:田中圭 前田敦子
ゲスト:小手伸也 蓮佛美沙子 りんたろー。 長谷川京子 竹中直人 他

“死神”と呼ばれる儀藤堅忍(田中圭)は、被疑者が無罪になった冤罪事件の再捜査を専門にしている警視庁の変わり者。そんな彼は、警察官の南川メイ(前田敦子)の協力を得ながら、毎回異なる相棒と共にさまざまな冤罪事件の真犯人と真相を解明していく。そんな儀藤にやがて、警察を挑発し続ける謎の架空テロ犯・エンジェル伊藤の魔の手が忍び寄り…!?

公式サイト

©HJホールディングス

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『TOVE/トーベ』アルマ・ポウスティ あなただけのキャリア10:偶然の出来事をチャンスにできるか【計画的な偶発性理論】

キャリア形成において、自分の特性と職業、働き方のの性質をマッチングさせて考える理論もありますが、今回は未決定であることが望ましいというユニークな考え方に基づく、ジョン・クランボルツによる【計画的な偶発性理論】をご紹介します。

映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ

チャニング・テイタムが主演を務めていた“G.I.ジョー”シリーズ前2作からメンバーを一新した今作は…

映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル アミューズメント・パーク

本作は『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)や『ゾンビ』(1978)などで知られるジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた未発表の映画で…

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ミリセント・シモンズ ミリセント・シモンズ

2003年3月1日アメリカ生まれ。アメリカ全国規模のオーディションの末、『ワンダーストラック』(2017)で…

映画『47歳 人生のステータス』オースティン・エイブラムス オースティン・エイブラムス

1996年9月2日アメリカ生まれ。俳優、プロデューサー。『L.A. ギャング ストーリー』『ペーパータウン』…

映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン THE MOLE(ザ・モール)

本作はデンマークの平凡な⼀般市⺠が、CIAさえ情報を容易に掴めなかった北朝鮮の国際的な闇取引(武器密輸)の…

映画『〈主婦〉の学校』 〈主婦〉の学校

本作は、アイスランドのレイキャビクで1942年に創立された伝統ある“主婦の学校”の様子が映し出された…

映画『護られなかった者たちへ』緒形直人 緒形直人(おがた なおと)

1967年9月22日神奈川県生まれ。1988年に『優駿 ORACION』でデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞…

映画『最後の決闘裁判』マット・デイモン、ベン・アフレック、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー 最後の決闘裁判

実話を基にしているということを思い出すと余計に驚愕するような内容で、時代や国は異なれど…

映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン Our Friend/アワー・フレンド

一組の夫婦とその親友が過ごした日々を綴った本作は、2015年、「Esquire」に掲載され全米雑誌賞を受賞したマシュー・ティーグ…

部活・イベント

  1. 映画『おとなの事情』
  2. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  3. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  4. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  5. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣

おすすめ記事

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング
  2. 映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル
  3. 映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン
  4. 映画『〈主婦〉の学校』
  5. 映画『最後の決闘裁判』マット・デイモン、ベン・アフレック、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー
  6. 映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン
  7. 映画『かそけきサンカヨウ』志田彩良/井浦新
  8. 映画『キャンディマン』
  9. 映画『PITY ある不幸な男』ヤニス・ドラコプロス
  10. 映画『メインストリーム』アンドリュー・ガーフィールド
PAGE TOP