特集

映画に隠された恋愛哲学とヒント集67:「結婚に愛は不要」は通じない!?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ストーリ・オブ・マイ・ワイフ』レア・セドゥ/ハイス・ナバー

ネタバレ注意!

今回は、『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』を例に考えてみました。

始まりに愛は不要、でも結婚を続けるには…

『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』の物語の舞台は、1920年のマルタ共和国。主人公は、船長のヤコブ(ハイス・ナバー)です。彼は航海中に身体に不調を感じた際、船員との会話からふと結婚しようと思い付いたのか、陸に下りた際に立ち寄ったカフェで「今から一番最初に店に入ってきた女性と結婚する」と心に決めます。その時に最初に店に入ってきたのがリジー(レア・セドゥ)でした。ヤコブはリジーに声をかけ、決意通りにプロポーズ。まさか受けてもらえるとは思っていませんでしたが、リジーはある男性への当てつけもあったのか、プロポーズに応じます。

映画『ストーリ・オブ・マイ・ワイフ』レア・セドゥ/ハイス・ナバー

そもそも2人は見知らぬ者同士。愛もありません。ヤコブの都合にリジーが合わせ、リジーにとっても少し都合が良かったという、いわば利害関係で結ばれたような2人です。ヤコブはあわよくば愛のある幸せな結婚生活を期待していたかもしれませんが、始まりが始まりなだけにきっとこの時点ではリジーから愛されることをそれほど期待していなかったでしょう。ヤコブは船長なので、また何ヶ月も海に出ますが、結婚直後に航海に出る時の彼の言葉には、この結婚が続くかどうかわからないという自覚が表れています。

この2人のような関係を私達の身近なケースに置きかえてみます。一見、ヤコブとリジーは特異なケースに見えますが、結婚相談所などで見知らぬ者同士が条件で恋愛相手を選ぶというケースに近いのではないでしょうか。もちろん、結婚相談所を介して出会う場合は結婚する前に交際期間があるのでまったく同じとはいえませんが、目的は結婚、最初は見知らぬ者同士で愛はないという状況は同じです。

映画『ストーリ・オブ・マイ・ワイフ』レア・セドゥ

ヤコブがリジーにどんどん惹かれていく様子は観ていてすぐにわかります。そして、リジーの美しさと奔放な性格が、余計にヤコブを不安にさせ、ヤコブはどんどん制御不能になっていきます。一方のリジーは、どこかマイペースで、ヤコブの態度がどんどん変わっていくことに不服を感じるようになります。こうして、どんどん2人はすれ違っていくのです。

映画『ストーリ・オブ・マイ・ワイフ』レア・セドゥ/ハイス・ナバー/ルイ・ガレル

2人の様子を見ていると、一方は「だって、最初から愛なんてないんだから」というスタンス、片方は「結婚したんだから、愛して何が悪い?」とどちらも正論に思えます。2人がもし似たようなタイプで価値観が同じなら、こうはならなかったのかもしれません。でも逆にいうと、2人が同じタイプだったら結婚生活ももっと早く終わるのではないでしょうか。結婚は長く続けば良いというものでもないとするならば、ただ辛いだけの結婚生活が続くのは地獄ですね。

だから、本作から得られる教訓は、「結婚に愛は不要」は通用しないということ。たとえ始めはそう思えても、人間の結婚はそう単純にはいかないようです。「愛する人との結婚」が絵空事だという考え方があるとして、逆の「愛のない結婚」もただの絵空事なのかもしれないですね。

映画『ストーリ・オブ・マイ・ワイフ』レア・セドゥ/ハイス・ナバー

『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』
2022年8月12日より全国公開
彩プロ
公式サイト

© 2021 Inforg-M&M Film – Komplizen Film – Palosanto Films – Pyramide Productions – RAI Cinema – ARTE France Cinéma – WDR/Arte

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP