NEWS

ディズニーファンの祭典“D23Expo 2019”にて『マレフィセント2』『アナと雪の女王2』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』豪華キャストが登場&新情報が続々と公開!

  • follow us in feedly
  • RSS
D23『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング

アメリカ、カリフォルニア州のアナハイム・コンベンションセンターにて現地時間8月23日~25日に究極のディズニーファンイベント“D23 Expo 2019(=D23)”が行われました!日本で今冬公開の『マレフィセント2』『アナと雪の女王2』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の豪華キャストが登場!さらに新情報が続々と明かされました。

★『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー&エル・ファニングが登場

D23『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング

『マレフィセント2』のプレゼンテーションには、主演および製作総指揮を務めるアンジェリーナ・ジョリー、オーロラ姫役のエル・ファニング、さらに今作から登場する新キャラクターを演じた2人の名優ミシェル・ファイファーとキウェテル・イジョフォーも登壇しました。

アンジェリーナ・ジョリーは、続編を作った理由について「とにかく彼女(マレフィセント)が恋しかった」と答え、さらに本作について「マレフィセントとオーロラは前作で心を繋ぐことができました。彼女らは家族で、お互いを愛しています。今作でオーロラは成長し、ある危機に直面します。そして2人は離ればなれになることを強いられます。今作は、家族とは何かを語るもの。それは必ずしも血の繋がりだけではないのです」とコメント。そしてエル・ファニングは、「1作目を撮影した時、私は14歳、公開されたのは16歳の時でした。今私は21歳。まるでオーロラと同じように、人生の特別な時を振り返って見つめ直しているような気がします。1作目は私にとってかけがえのない体験だったので」と役と共に成長してきたことを語りました。1作目から年月を経て、さらに新キャストも迎え、今回はどんな物語が語られるのか、楽しみですね!

映画『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー

『マレフィセント2』
2019年10月18日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

★『アナと雪の女王2』全世界待望の新曲がお披露目!

D23『アナと雪の女王2』

本イベントでは今回エルサの複雑な想いを表現した楽曲“イントゥ・ザ・アンノウン(原題)”のプロモーション映像がお披露目されました。前作で“レット・イット・ゴー”の作詞、作曲を手掛けたクリステン・アンダーソン=ロペスは、「エルサは前作で“ありのまま”の自分になり、皆に受け入れられました。今作ではそんなエルサにだけ“不思議な歌声”が聞こえてきます。その時のエルサの心情を表した歌を書くことになりました」と最新曲について明かしました。また、ロバート・ロペスは続けて「そのミステリアスな導く声はエルサ以外誰もこの声を聞くことはできないんだ。彼女は怖がっているけど、また同時に惹かれてもいて、冒険したいという彼女の要求を受け入れることを表現しているんだ」と重要な楽曲であることを明かしました。

そしてもう1曲、エルサ、アナ、クリストフ、オラフのメインキャラクター4人によるアンサンブル曲“サムシング・ネバー・チェンジ(原題)が、スペシャルゲストとして登壇したイディナ・メンゼル(エルサ役)、クリステン・ベル(アナ役)、ジョシュ・ギャッド(オラフ役)、ジョナサン・グロフ(クリストフ役)により生披露!この嬉しい生歌に会場は最高潮に盛り上がりを見せました。

また、楽曲の他にも新キャラクターとキャストも発表!アレンデールの元王妃であり、今は亡きエルサとアナの母親イドゥナがフラッシュバックシーンで登場することが明かされ、声優にはエミー賞受賞の海外ドラマ『ウェストワールド』に出演の女優エヴァン・レイチェル・ウッドが決定。さらに新キャラクターとして登場するマティアス少尉役を映画『ブラックパンサー』に出演していたスターリング・K・ブラウンが決定。まだ作品にどのように関わってくるかは明らかにされていませんが、続報も楽しみに待ちましょう。

映画『アナと雪の女王2』

『アナと雪の女王2』
2019年11月22日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2019 Disney. All Rights Reserved.

★『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
US版ポスターが公開

D23『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』からは、監督・脚本を務めたJ.J.エイブラムス、製作のキャスリーン・ケネディほか、主人公レイを演じたデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、チューバッカを演じるヨーナス・スアタモ、ローズ役のケリー・マリー・トラン、そして全エピソードに唯一出演してる生きるレジェンド、C-3POを演じたアンソニー・ダニエルズらが登場しました。

D23『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

J.J.エイブラムス監督は、「40年続いたサーガの完結を祝福するのは、最高の気分です。そしてこのサーガのハートはいつもレイア姫でした。今作の製作を始めた段階で、僕は監督をやる予定ではありませんでした。そして、彼女が亡くなり彼女のシーンのために、僕達は昔の映像を探し始めましたが、彼女が書いたメモワール“Princess Diarist”で、彼女は僕について“二度も私に我慢してくれてありがとう”と書いてくれているのです。僕はその段階で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でしか彼女を監督していなかったのに、まるで私が完結編の監督になることを予言していたかのようでした」とコメント。さらにファンに向けて「フィルムメーカーとは、常に最高の映画になることを目指している。だから僕らもこの完結編がSW史上最高傑作になるべく、今まさに、それに取り組んでいるんだ。そして何よりもジョージ・ルーカスが作り出したこの素晴らしいサーガの持ち味を十分に発揮できるようにしたい」と語りました。

そして、今回US版ポスターが解禁!ポスターに描かれているのは、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継いだカイロ・レン、伝説のジェダイ ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎフォースの力を覚醒させたレイ、そして銀河系すべての悪の根源であるシスの暗黒卿パルパティーン皇帝の3人のみ。一体どんなストーリーが描かれるのか、どんな結末が待ち受けるのかますます期待が高まります!

D23『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
2019年12月20日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

映画『サンドラの小さな家』 『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『サンドラの小さな家』5組10名様 特別試写会ご招待

映画『野球少女』イ・ジュヨン 野球少女

最高134キロの球を投げる高校球児が、女子という理由だけでプロ球団への道を阻まれながらも、諦めずに挑み続ける…

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ エミリー、パリへ行く

『セックス・アンド・ザ・シティ』のダーレン・スターが、今度はパリを舞台にしたドラマをリリー・コリンズ主演で…

映画『ターコイズの空の下で』麿赤兒 麿赤兒(まろ あかじ)

1943年2月23日生まれ、奈良県出身。早稲田大学中退。長男は…

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ラーヤと龍の王国』
  2. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  3. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  4. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  5. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  6. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  7. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  8. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  9. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  10. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
PAGE TOP