NEWS

ディズニーファンの祭典“D23Expo 2019”にて『マレフィセント2』『アナと雪の女王2』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』豪華キャストが登場&新情報が続々と公開!

  • follow us in feedly
  • RSS
D23『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング

アメリカ、カリフォルニア州のアナハイム・コンベンションセンターにて現地時間8月23日~25日に究極のディズニーファンイベント“D23 Expo 2019(=D23)”が行われました!日本で今冬公開の『マレフィセント2』『アナと雪の女王2』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の豪華キャストが登場!さらに新情報が続々と明かされました。

★『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー&エル・ファニングが登場

D23『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング

『マレフィセント2』のプレゼンテーションには、主演および製作総指揮を務めるアンジェリーナ・ジョリー、オーロラ姫役のエル・ファニング、さらに今作から登場する新キャラクターを演じた2人の名優ミシェル・ファイファーとキウェテル・イジョフォーも登壇しました。

アンジェリーナ・ジョリーは、続編を作った理由について「とにかく彼女(マレフィセント)が恋しかった」と答え、さらに本作について「マレフィセントとオーロラは前作で心を繋ぐことができました。彼女らは家族で、お互いを愛しています。今作でオーロラは成長し、ある危機に直面します。そして2人は離ればなれになることを強いられます。今作は、家族とは何かを語るもの。それは必ずしも血の繋がりだけではないのです」とコメント。そしてエル・ファニングは、「1作目を撮影した時、私は14歳、公開されたのは16歳の時でした。今私は21歳。まるでオーロラと同じように、人生の特別な時を振り返って見つめ直しているような気がします。1作目は私にとってかけがえのない体験だったので」と役と共に成長してきたことを語りました。1作目から年月を経て、さらに新キャストも迎え、今回はどんな物語が語られるのか、楽しみですね!

映画『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー

『マレフィセント2』
2019年10月18日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

★『アナと雪の女王2』全世界待望の新曲がお披露目!

D23『アナと雪の女王2』

本イベントでは今回エルサの複雑な想いを表現した楽曲“イントゥ・ザ・アンノウン(原題)”のプロモーション映像がお披露目されました。前作で“レット・イット・ゴー”の作詞、作曲を手掛けたクリステン・アンダーソン=ロペスは、「エルサは前作で“ありのまま”の自分になり、皆に受け入れられました。今作ではそんなエルサにだけ“不思議な歌声”が聞こえてきます。その時のエルサの心情を表した歌を書くことになりました」と最新曲について明かしました。また、ロバート・ロペスは続けて「そのミステリアスな導く声はエルサ以外誰もこの声を聞くことはできないんだ。彼女は怖がっているけど、また同時に惹かれてもいて、冒険したいという彼女の要求を受け入れることを表現しているんだ」と重要な楽曲であることを明かしました。

そしてもう1曲、エルサ、アナ、クリストフ、オラフのメインキャラクター4人によるアンサンブル曲“サムシング・ネバー・チェンジ(原題)が、スペシャルゲストとして登壇したイディナ・メンゼル(エルサ役)、クリステン・ベル(アナ役)、ジョシュ・ギャッド(オラフ役)、ジョナサン・グロフ(クリストフ役)により生披露!この嬉しい生歌に会場は最高潮に盛り上がりを見せました。

また、楽曲の他にも新キャラクターとキャストも発表!アレンデールの元王妃であり、今は亡きエルサとアナの母親イドゥナがフラッシュバックシーンで登場することが明かされ、声優にはエミー賞受賞の海外ドラマ『ウェストワールド』に出演の女優エヴァン・レイチェル・ウッドが決定。さらに新キャラクターとして登場するマティアス少尉役を映画『ブラックパンサー』に出演していたスターリング・K・ブラウンが決定。まだ作品にどのように関わってくるかは明らかにされていませんが、続報も楽しみに待ちましょう。

映画『アナと雪の女王2』

『アナと雪の女王2』
2019年11月22日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2019 Disney. All Rights Reserved.

★『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
US版ポスターが公開

D23『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』からは、監督・脚本を務めたJ.J.エイブラムス、製作のキャスリーン・ケネディほか、主人公レイを演じたデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、チューバッカを演じるヨーナス・スアタモ、ローズ役のケリー・マリー・トラン、そして全エピソードに唯一出演してる生きるレジェンド、C-3POを演じたアンソニー・ダニエルズらが登場しました。

D23『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

J.J.エイブラムス監督は、「40年続いたサーガの完結を祝福するのは、最高の気分です。そしてこのサーガのハートはいつもレイア姫でした。今作の製作を始めた段階で、僕は監督をやる予定ではありませんでした。そして、彼女が亡くなり彼女のシーンのために、僕達は昔の映像を探し始めましたが、彼女が書いたメモワール“Princess Diarist”で、彼女は僕について“二度も私に我慢してくれてありがとう”と書いてくれているのです。僕はその段階で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でしか彼女を監督していなかったのに、まるで私が完結編の監督になることを予言していたかのようでした」とコメント。さらにファンに向けて「フィルムメーカーとは、常に最高の映画になることを目指している。だから僕らもこの完結編がSW史上最高傑作になるべく、今まさに、それに取り組んでいるんだ。そして何よりもジョージ・ルーカスが作り出したこの素晴らしいサーガの持ち味を十分に発揮できるようにしたい」と語りました。

そして、今回US版ポスターが解禁!ポスターに描かれているのは、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継いだカイロ・レン、伝説のジェダイ ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎフォースの力を覚醒させたレイ、そして銀河系すべての悪の根源であるシスの暗黒卿パルパティーン皇帝の3人のみ。一体どんなストーリーが描かれるのか、どんな結末が待ち受けるのかますます期待が高まります!

D23『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
2019年12月20日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お名前はアドルフ?』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/クリストフ=マリア・ヘルプスト/ユストゥス・フォン・ドホナーニ/カロリーネ・ペータース お名前はアドルフ?

物語の舞台はドイツにある一軒家。学校の教師であるエリザベトと、哲学者で文学教授の夫シュテファンの家…

映画『七つの会議』野村萬斎 野村萬斎(のむら まんさい)

1966年4月5日、東京都生まれ。東京芸術大学音楽学部卒業。狂言師で、重要無形文化財総合指定者。「狂言ござる乃座」主宰。人間国宝の祖父である故六世野村万蔵と父の万作に師事し…

映画『15年後のラブソング』クリス・オダウド クリス・オダウド

1979年10月9日、アイルランド生まれ。ライブの舞台から映画、テレビなどで活躍する作家兼パフォーマー。2012年に出演した『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』での演技が評価され…

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

映画『ザ・サークル』エマ・ワトソン 心理学から観る映画12-1:自分への誹謗中傷を無視できない理由

インターネットやSNSが普及してから、誹謗中傷を原因とする自殺が社会問題の1つに加わりました。「傷付く可能性がわかっているなら、ネットやSNSを見なければ良い」という考えの人もいますが、それがわかっていても見てしまうのは、なぜなのでしょうか?

映画『15年後のラブソング』ローズ・バーン/イーサン・ホーク/クリス・オダウド 15年後のラブソング

交際15年の事実婚カップルにだって、何があるかわからない!本作に登場するアニー(ローズ・バーン)とダンカン(クリス・オダウド)は一見平穏に暮らすカップル。でも…

映画『プーと大人になった僕』来日ジャパンプレミア、堺雅人 堺雅人(さかい まさと)

1973年10月14日、宮城県生まれ。1992年から劇団東京オレンジ(早稲田劇研)にて活動を始め…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ渦のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ渦の映画生活について、調査しました。

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/ティモシー・シャラメ ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

これは期待通り、個人的に大好物なやつでした!グレタ・ガーウィグ監督×シアーシャ・ローナンというコンビを聞いただけでも、映画好き女子なら観ずにいられないと思いますが、そこにひっかからなくても…

Netflie映画『ラブバード』イッサ・レイ/クメイル・ナンジアニ ラブバード

出会った頃はラブラブだったのに、4年後には喧嘩ばかりのジブランとレラーニは、車で移動中に別れ話になり口論に…

おすすめ記事

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ渦のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ渦の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は個性・ユーモア部門のランキングを発表します。どの俳優もなかなかの個性派ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか!?

映画『ケープタウン』来日会見、オーランド・ブルーム イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外40代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外40代(1971年以降、1980年以前の生まれ=数え年で40代)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい方を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス・セクシー部門の結果を発表します!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

「勝手にキャスティング企画!」ということで、あの名作をリメイクするとしたら誰をキャスティングしたら良いか、皆さんと妄想してみました。第1回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。主人公マーティ・マクフライと、ドクことエメット・ブラウン博士は、誰が演じるのが良いか、俳優の名前とキャスティング理由を挙げて頂きました。

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 映画好き女子が選んだ“私のベストワン韓国映画”特集2020春

韓流ドラマ、K-POPと、韓国発のエンタテインメントは根強い人気です。そして、韓国映画にも名作がたくさんあります。そこで今回は、これまで劇場公開された作品で、正式部員の皆さんがそれぞれにベスト1だと思う映画を投稿して頂きました…

REVIEW

  1. 映画『お名前はアドルフ?』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/クリストフ=マリア・ヘルプスト/ユストゥス・フォン・ドホナーニ/カロリーネ・ペータース
  2. 映画『15年後のラブソング』ローズ・バーン/イーサン・ホーク/クリス・オダウド
  3. 映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/ティモシー・シャラメ
  4. Netflie映画『ラブバード』イッサ・レイ/クメイル・ナンジアニ
    ラブバード

  5. 映画『燕 Yan』水間ロン/山中崇
    燕 Yan

  6. Netflix映画『僕のミッシー』デヴィッド・スペード/ローレン・ラプカス
    僕のミッシー

  7. Netflix映画『オールデイ・アンド・ア・ナイト:終身刑となった僕』ジェフリー・ライト/アシュトン・サンダース
  8. Netflix映画『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』リーア・ルイス
  9. Netflix映画『キング』ティモシー・シャラメ
    キング

  10. Netflix映画『ラブ、ウェディング、リピート』サム・クラフリン/オリヴィア・マン

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP