NEWS

グランプリには10万円贈呈!映画『パピチャ 未来へのランウェイ』“勝負服”のデザイン画を競う学生向けコンテスト開催

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ

昨年のカンヌ国際映画祭・ある視点部門に正式出品され大きな話題となった映画『パピチャ 未来へのランウェイ』が、10月30日(金)よりBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次公開となります。本作は、物語の舞台であるアルジェリアに17歳まで暮らし、この映画が長編映画監督デビュー作となるムニア・メドゥール自身の経験から生まれた物語で、アルジェリアで1991年に始まった内戦、いわゆる“暗黒の10年”を舞台に、過激派のイスラム主義勢力によって内戦下で横行していた弾圧の真実を、ファッションデザイナーを夢見る少女の視点で劇的且つ瑞々しく描かれています。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ

主人公の大学生ネジュマは、社会のうねりにより日増しに自分らしく生きる自由が奪われていくなかで、友人達と大学でファッションショーを行うことを決意します。“ファッションデザイナーになる”という夢を胸に、抑圧に抗い、自分達の手で未来を切り拓いていこうと奮闘していきます。そんな本作にちなんで、このたび<自分らしく、闘う。>を体現した“勝負服”のデザイン画を競う学生向けのコンテスト、題して【わたしらしく、闘う“勝負服”ファッションデザイン画コンテスト】の実施が決定しました。グランプリを獲得した人には、なんと10万円が贈られるなど、太っ腹企画となっています!

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ

なお、本コンテストは、世界的に未曾有の事態に直面している現在、ファッションデザイナーになる夢を諦めずに闘っている主人公と同じように、日本でも過酷な状況下のなか、夢を追いかけている人達がいて、そんな夢を追う人達を応援したいという思いから、企画&実施が決まったそうです。

作品募集は、9月18日(金)よりスタート!Instagramで全国どこからでも応募が可能となっています。応募作品は、本作の監督ムニア・メドゥール、篠原ともえ(デザイナー/アーティスト)、ヴィヴィアン佐藤(美術家/文筆家/非建築家/ドラァグクイーン)という特別審査員3名の審査により優秀作品が決まります。ファッションを学ぶ学生の方々は、自分の夢と未来のためにぜひご参加ください!!

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』勝負服コンテスト、ムニア・メドゥール監督、篠原ともえ、ヴィヴィアン佐藤

<自分らしく、闘う“勝負服”コンテスト>実施概要 
■応募方法:特設サイトの応募規定をご確認の上ご応募ください。
○映画公式Instagram( @papichamovie )をフォロー
○応募規定に沿ったデザイン画をあなたのInstagramアカウントから指定ハッシュタグ<#パピチャ #ファッションデザインコンテスト>とともに投稿で応募完了。※郵送応募も可
■応募期間:2020年9月18日(金)~10月12日(月)23:59まで
※郵送の場合は10月12日(月)必着
■応募資格:学生限定(年齢不問)/国内在住/個人によるオリジナル作品のみ応募可
■特別審査員:ムニア・メドゥール監督、篠原ともえ(デザイナー/アーティスト)、ヴィヴィアン佐藤(美術家/文筆家/非建築家/ドラァグクイーン)
■賞品
<パピチャ賞(グランプリ)>賞金10万円+副賞(Bunkamuraル・シネマでの展示)ほか
<優秀賞2名>アマゾンギフトカード1000円分+副賞(Bunkamuraル・シネマでの展示)ほか
コンテスト特設サイトはこちら
※詳細については上記特設サイトにてご確認ください。

こちらも要チェック!

ファッション好きな若者集まれ!『パピチャ 未来へのランウェイ』を観て語ろう座談会参加者募集中です。 学生に限らず、ファッションが好きな方はぜひご応募ください。詳しくはこちら

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか

『パピチャ 未来へのランウェイ』
2020年10月30日より全国順次公開
クロックワークス
公式サイト

©2019 HIGH SEA PRODUCTION – THE INK CONNECTION – TAYDA FILM – SCOPE PICTURES – TRIBUS P FILMS – JOUR2FETE – CREAMINAL – CALESON – CADC

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『正欲』稲垣吾郎 イイ俳優セレクション・アクセスランキング【2023年11月】

“イイ俳優セレクション”【2023年11月】のアクセスランキングを発表!

映画『Winter boy』ポール・キルシェ Winter boy

同性愛者の17歳の青年リュカは、父を事故で亡くしたことをきっかけに、心の中で何かがプツッと切れてしまったような状況に陥ります。そんななか…

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼 『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール ティル

1955年、アメリカ、ミシシッピ州のマネーで、アフリカ系アメリカ人の14歳の少年エメット・ティルが殺害された事件を映画化…

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』片岡愛之助 片岡愛之助(かたおか あいのすけ)

1972年3月4日大阪府生まれ。1977年、松竹芸能子役オーディションに合格し…

映画『窓ぎわのトットちゃん』 窓ぎわのトットちゃん

原作者である黒柳徹子自身の幼少期を綴った自伝的小説…

映画『イコライザー THE FINAL』ダコタ・ファニング ダコタ・ファニング

1994年2月23日生まれ。アメリカ、ジョージア州コンヤーズ出身。幼少期からテレビドラマやCMに出演。2001年、映画『I am Sam アイ・アム・サム』に出演し…

映画『ウィッシュ』 ウィッシュ

ディズニー100周年を飾る本作には、まさにディズニーが100年間掲げてきた…

映画『ポッド・ジェネレーション』エミリア・クラーク エミリア・クラーク

1986年10月23日生まれ。イギリス、ロンドン出身。HBOのドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナーリス・ターガリエン役で…

映画『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー 『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー

今回は『隣人X -疑惑の彼女-』でメガホンをとった熊澤尚人監督にお話を伺いました。群像劇だった小説を映画化する上で工夫された点や、上野樹里さん&林遣都さんと久しぶりにお仕事をされた感想を聞いてみました。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 トーキョー女子映画部正式部員が推す!今観ているアニメシリーズ特集

今回はトーキョー女子映画部正式部員の方々に、「今観ているオススメのアニメシリーズ」について、聞いてみました。

映画『インファナル・アフェア 4K』アンディ・ラウ/トニー・レオン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インファナル・アフェア』

今回は『インファナル・アフェア』のラウ役のアンディ・ラウとヤン役のトニー・レオンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回はどんなキャスティング案が挙がったのでしょうか?

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『Winter boy』ポール・キルシェ
    Winter boy

  2. 映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール
    ティル

  3. 映画『窓ぎわのトットちゃん』
  4. 映画『ウィッシュ』
    ウィッシュ

  5. 映画『ショータイム!』サブリナ・ウアザニ

PRESENT

  1. ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼
  2. 映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ
  3. 映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング
PAGE TOP