REVIEW

マーティン・エデン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ

格差社会、教育の必要性、経済的な豊かさと幸福の関係など、いろいろなエッセンスがギュッと詰まっていて、良い意味で一度観ただけでは咀嚼、消化仕切れません。最初に何度も観て、何年か経ってまた観ることで、主人公マーティンが見せてくれる世界をより一層肌で感じられるようになる気がします。
本作は、『野性の呼び声』など冒険小説で一世を風靡した作家ジャック・ロンドンの自伝的作品を映画化したもので、物語の舞台を原作の20世紀初頭のアメリカ西海岸オークランドからイタリアのナポリに移して描かれています。労働者階級として育ち、まともな教育を受けないまま大人になったマーティンは、あることがきっかけで良家の美しい令嬢エレナと出会います。彼は彼女に想いを寄せ、読書で心を通わせようと独学に励みますが、彼が努力をする過程で、社会に根づいている貧富の差が人間関係に何をもたらしているかがありありと見えてとても切なくなります。やがて彼が作家になると言い出すと、エレナを含めた上流階級の人達との溝はさらに深まり、無学な彼が作家になれるわけがないとする上流階級の人達の冷たい目が露わになっていきます。この先の展開は本編でご覧頂ければと思いますが、マーティンとエレナの恋愛が発展していくなかで、1つ解決したと思っても、次に別の問題が出てきて、育った環境、生きている世界が違うという現実を目の当たりにさせられます。これは時代や国を問わず普遍的なことだと思いますが、成功するためのプロセスや手段、生きていく上での優先順位が、最初から裕福な者とそうでない者とでは全然違っていて、そこを摺り合わせるのはとても大変です。貧しくても思いのままに生きていたマーティンは幸せそうでしたが、後のマーティンが幸せに見えないのがまた皮肉で、野性の動物が檻に入れられて覇気を失っていく光景を見ているかのようです。
新型コロナウィルス感染症の影響で格差社会がさらに深刻化し、この状況下では経済的な成功に目が行きがちですが、やはりお金があればすべて良しということではないと本作は教えてくれます。ではどうすれば良いのかとなると、援助が受けられれば良いという単純なものではないことも描かれていて、そこに何が必要なのかを考えることも、本作を観る醍醐味なのではと感じます。社会問題を投影している作品ですが、悲恋の物語としても楽しめるので、いろいろな視点で観てください。

デート向き映画判定
映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ

マーティンとエレナのように何らかの格差があるカップルには身につまされる内容なので、デートを楽しむというムードにはならないかも知れませんが、普段その問題から目を背けているようなら、本作を対話のきっかけにするのもアリでしょう。今は気楽に付き合っていても、結婚となると考えなければいけないことが出てくるので、結婚を意識しているカップルも話を深める前に客観的な視点を得るために観ると良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ

生きていく上で教育がいかに大事かということを、ひしひしと感じられると思います。機知に富んだセリフながら一瞬「??」となる一見難しい言い回しがたびたび出てくるし、後半の展開はまだピンとこないかも知れませんが、中学生以上ならついていけると思います。今気付くと今後の人生でためになることが描かれているので、ぜひ何かしら気付きを得て欲しいと思います。

映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ

『マーティン・エデン』
2020年9月18日より全国順次公開
ミモザフィルムズ
公式サイト

©2019 AVVENTUROSA – IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP