NEWS

ドン・ホール監督が本作の秘密を明かす!?『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』ワールドプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』ワールドプレミア、ジェイク・ギレンホール、ジャブーキ・ヤング・ホワイト、ドン・ホール監督、クイ・グエン(共同監督・脚本)、ヘンリー・ジャックマン(音楽家)

いよいよ11月23日に劇場公開を迎える、ディズニー最新作『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』。世界中から熱い視線が注がれているなか、現地時間11月15日(日本時間:11月16日)に、ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターにてワールドプレミアが開催されました!会場は、本作の舞台となった“もうひとつの世界<ストレンジ・ワールド>”の煌めく世界観を彷彿とさせる装飾が施され、華やかなカーペット演出に観客達は大いに沸きました。そして、ドン・ホール監督、共同監督と脚本を務めたクイ・グエン、音楽家のヘンリー・ジャックマンら豪華スタッフ陣が登場!さらに、本作で声優を担当したジェイク・ギレンホール、ジャブーキ・ヤング・ホワイトらキャストらも一堂に会し、映画の完成を祝福しました。

映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』ワールドプレミア、ドン・ホール監督、クイ・グエン(共同監督・脚本)他

ドン・ホール監督は、本作について「この映画はアクション・アドベンチャー超大作で、ユーモアがあり、環境についての強いメッセージも込めています」とコメント。また、ディズニー・アニメーション・スタジオのクリエイティブオフィサーで、本作では製作総指揮も務めるジェニファー・リーは、「この物語は父親と息子、そしてまたその息子達に関しての話で、私達という家族が次の世代に何を残してあげられるのかという物語なの。次の世代のために、私達自身がどれくらいその立場になってあげられて、変化していけるかということ。それは私達皆が考えることで、作品には美しいメッセージが込められています。それが多くの人の共感を得られることを願います」と語りました。さらに、プロデューサーを務めるロイ・コンリも「ドンと仕事をしていて楽しいと思うのは、いつもとても強いテーマを扱うところなんです。本作の1番大きなテーマは、私達は次の世代に何を残していけるのだろうか、何を受け渡していけるのかということです」と、メッセージが込められていることを明かしました。

映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』ワールドプレミア

ドン・ホール監督は、『ベイマックス』で東京とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市“サンフランソウキョウ”を舞台に、優しすぎるロボットと少年ヒロの絆を描き、世界中に勇気と感動を与えた人物。大の日本好きとしても知られる監督は、“ディズニー史上最も不思議な世界”という、誰も観たことのないファンタジー空間を生み出す上で、日本のアニメーションにも影響を受けたことを説明しました。「特に宮崎駿さんの映画は僕の中ではとても大きくて、これまで観た中で最も好きな映画作品なんです。特に『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』の影響は大きくて、それらの作品を僕達は観てきました。それから『もののけ姫』にも大きな影響を受けました」とジブリ作品に大きく影響受けたことを語りました。

映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』ワールドプレミア、ジェイク・ギレンホール

また、ドン・ホール監督は本作の注目ポイントとして、「ミッキーが1、2回出てくると思います。ベイマックスも出てきますし、『くまのプーさん』のキャラクターも出てくるかもしれません」と、この作品に隠された秘密を日本のファンだけに明かしました。最後に主人公サーチャーの声を担当したジェイク・ギレンホールは、公開を待ちわびる日本のファンに向けて、「1日でも早く観てもらう、その日が待ちきれません。これまで皆さんが観てきたものと全く違うものになっています。すべてが新しく、そのアニメーション技法に驚かされます。皆さんがこの映画を観て、楽しんでくれることを願っています」と熱いコメントを寄せました。

監督の話していた秘密もぜひ本編中で探してみたいですね!本作はいよいよ来週11月23日より公開です。ぜひ劇場でご覧ください。

映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』

『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
2022年11月23日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定(後日UP)

© 2022 Disney. All Rights Reserved

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP