イイ男セレクション

川瀬陽太(かわせ ようた)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『静かな雨』川瀬陽太

1969年12月28日、北海道札幌市で生まれ。札幌の母方の実家で幼年期を過ごす。その後、神奈川県川崎市に移り小、中、高校生活を送る。高校卒業後はデザイン関係の仕事に就くために桑沢デザイン研究所へ入学。卒業後、1995年に福居ショウジン監督の自主映画『RUBBER’S LOVER』で監督から主役を演じるように言われて助監督から俳優に転身してデビュー。続いて、福間健二監督作『急にたどりついてしまう』に出演し、この映画の制作に参加していたスタッフの多くがたまたまピンク映画出身であったため、瀬々敬久監督を始めとしたピンク映画の関係者と交流を深め、それをきっかけに多くのピンク作品に参加するようになる。瀬々敬久監督作は『KOKKRI・こっくりさん』『冷血の罠』『汚れた女』『ブリード 血を吸う子供』『刺青 堕ちた女郎蜘蛛』『感染列島』『ヘヴンズストーリー』『アントキノイノチ』『マリアの乳房』『64ロクヨン 前編/後編』など、ほぼ全作品に出演しており、ピンク映画の出演も多い。2016年には『ローリング』と『犯る男』で、日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞を受賞した。

イイ男セレクション/出演作

『RUBBER’S LOVER』『急にたどりついてしまう』『KOKKURI・こっくりさん』『Pierce LOVE HATE』『ポルノスター』『冷血の罠』『汚れた女』『HYSTERIC』『ブリード 血を吸う子供』『光の雨』『SFホイップクリーム』『姦☆刑事 セクサロイドコップ』『花井さちこの華麗な生涯』『刺青 堕ちた女郎蜘蛛』『マリッジリング』『アベック・パンチ』『サウダーヂ』『僕は人を殺しました』『惑星のかけら』『ソラからジェシカ』『アントキノイノチ』『ヴァージン』『リアル鬼ごっこ4』『アナザー Another』『この森を通り抜ければ』『女囚701号 さそり外伝 第41雑居房』『百日のセツナ 禁断の恋』『今日、恋をはじめます』『死んでもいいの 百年恋して』『青二才』『同じ星の下、それぞれの夜』『あれから』『MOOSIC LAB2013 アナタの白子に戻り鰹』『君が愛したラストシーン』『戦争と一人の女』『蜃気楼』『モーニングセット、牛乳、春』『NEW NEIGHBOR』『シュトゥルム・ウント・ドランク』『マリアの乳房』『銀座並木通り クラブアンダルシア』『超能力研究部の3人』『みずち』『雲の屑』『さよなら歌舞伎町』『ジョーカー・ゲーム』『破れたハートを売り物に』『つまさき』『乃梨子の場合』『ローリング』『この国の空』『犯る男』『野良犬はダンスを踊る』『ディアーディアー』『モーターズ』『蜃気楼の舟』『華魂 幻影』『64-ロクヨン-前編』『64-ロクヨン-後編』『シン・ゴジラ』『月夜釜合戦 』『息衝く』『バンコクナイツ』『海辺の生と死』『blank13』『菊とギロチン』『高崎グラフィティ。』『静かな雨』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

インディーズ作品からメジャー作品まで、出演作が後を絶たない名バイプレイヤー。はじめは、“自分の好きな作品でよく見かける俳優さん”という認識でしたが、今では彼ありきで作品を選ぶほどのファンです。味のある演技と独特の空気感でこれからも活躍してほしいと思います。

Recommended by min

© 2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
©2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋

from 2017/7/16

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~』アン・ハサウェイ/ティナ・フェイ/デヴ・パテル/キャサリン・キーナー/ジョン・スラッテリー モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~

『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』『シング・ストリート 未来へのうた』などの映画作品を手掛けてきたジョン・カーニー製作、アン・ハサウェイ、デヴ・パテル、キャサリン・キーナー、ジョン・スラッテリーら豪華キャストが出演ということで…

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ヴィヴェイク・カルラ 心理学から観る映画7-2:どんな仕事に就きたいか。親の意向、子どもの本音【モラトリアム】

人間が成長していくなかで、自我同一性(アイデンティティ)を確立するためのモラトリアムの時期は大事であると、前回お伝えしました。でもアイデンティティの形成は皆が皆容易とは限りません。そこで今回は、親が大きな影響を与えているケースを描いた映画をご紹介します。

【東京コミックコンベンション2018】オープニングセレモニー、トム・ヒドルストン トム・ヒドルストン

1981年2月9日イギリス、ロンドン生まれ。幼少の頃から演劇と映画に興味があり、王立演劇学校で演技を学んだ。ケンブリッジ大学在学中の2002年には…

映画『劇場』山﨑賢人/松岡茉優 劇場

舞台は下北沢で、アングラの匂いがリアルに立ちこめる世界観になっています。私も遠い昔にこの界隈でお世…

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント未公開作品 マーティン・フリーマン主演映画など劇場未公開の新作映画4作品がスペシャルプライスでデジタル配信スタート!

このたび、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより日本劇場未公開の新作映画4作品が4月8日(水)からスペシャルプライスでデジタル配信開始となります。今回配信となるのは、マーティン・フリーマン主演の映画 『世界一不幸せなボクの初恋』含めた4作品!自宅で過ごす時間が増えたこの機会にぜひご覧ください!

映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』ダニエル・ラドクリフ ダニエル・ラドクリフ

1989年7月27日イギリス、ロンドン生まれ。世界的メガヒットシリーズ『ハリー・ポッター』の主人公ハリー役で世界的な名声を得る。シリーズ終了後は…

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 映画好き女子が選んだ“私のベストワン韓国映画”特集2020春

韓流ドラマ、K-POPと、韓国発のエンタテインメントは根強い人気です。そして、韓国映画にも名作がたくさんあります。そこで今回は、これまで劇場公開された作品で、正式部員の皆さんがそれぞれにベスト1だと思う映画を投稿して頂きました…

映画『アドリフト 41日間の漂流』シャイリーン・ウッドリー アドリフト 41日間の漂流

主演のシャイリーン・ウッドリーが製作も務め、『エベレスト 3D』のバルタザール・コルマウクルが監督を務める本作は、1983年に婚約者リチャードとタヒチからサンディエゴへと旅に出て遭難した女性タミーの手記を基にして作られた作品です…

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』スターリング・K・ブラウン スターリング・K・ブラウン

1976年4月5日アメリカ、ミズリー州生まれ。『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』(2016)でエミー賞を受賞。さらに『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』…

映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル WAVES/ウェイブス

2部構成となっている本作の前半は“タイラーの罪”と題して、裕福な家庭に長男として生まれたタイラーの物語が綴られています。一家が裕福であるのは父の苦労と努力の…

おすすめ記事

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 映画好き女子が選んだ“私のベストワン韓国映画”特集2020春

韓流ドラマ、K-POPと、韓国発のエンタテインメントは根強い人気です。そして、韓国映画にも名作がたくさんあります。そこで今回は、これまで劇場公開された作品で、正式部員の皆さんがそれぞれにベスト1だと思う映画を投稿して頂きました…

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー 笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。さらに、リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品も紹介。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 総合ランキング>

海外30代俳優最終回は、ついに総合ランキングを発表!これまで発表した各部門ランキングの上位俳優が、…

映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 演技力部門編>

今回は俳優にとって重要な演技力部門の結果を発表します。認知度のある俳優も多いですが、皆さんはそれぞれの演技力をどう評価したのでしょうか?

映画『ボヘミアン・ラプソディ』来日、ラミ・マレック イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、海外30代俳優個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!30代はどんどん個性が発揮されてくる印象ですが、上位を争ったのは一体どの俳優なのでしょうか?結果に注目です!!

映画『グレイテスト・ショーマン』ザック・エフロン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外30代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外30代(1981年以降、1990年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記25名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP15&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』オースティン・ザユル 洋画あるある「ツッコミどころ編」

映画を観ていると、「何でやねん!」とツッコミを入れたくなるような、お約束と感じる設定に出くわすことがありますよね。そこで今回は、どれくらい皆さんがそう思って観ているのか調査しました!さらに、ツッコミながら楽しめる編集部オススメ作品も紹介。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2】

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画を観る前、どこまで情報を入れる?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1】

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

REVIEW

  1. 海外ドラマ『モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~』アン・ハサウェイ/ティナ・フェイ/デヴ・パテル/キャサリン・キーナー/ジョン・スラッテリー
  2. 映画『劇場』山﨑賢人/松岡茉優
    劇場

  3. 映画『アドリフト 41日間の漂流』シャイリーン・ウッドリー
  4. 映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル
  5. 海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』ジャスティン・ハートリー/クリッシー・メッツ/スターリング・K・ブラウン
  6. 映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース
  7. 映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン
    フェアウェル

  8. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

  9. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  10. 映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴/島かおり

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP