REVIEW

aftersun/アフターサン【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『aftersun/アフターサン』ポール・メスカル/フランキー・コリオ

30歳の父カラムと11歳の娘ソフィが過ごした夏の数日間を描いた本作には、余計な説明がありません。物語は淡々と進んでいき、2人のやり取りから、徐々に彼等が置かれている状況が見えてきます。だから、何が起こっているんだろう、何が起こるのだろうと、何ともいえない胸騒ぎが止まりません。そして迎えるクライマックスで、クイーンとデヴィッド・ボウイの曲“アンダープレッシャー”が流れると、その歌詞がインスピレーションとなり、これまで観てきた光景の意味が突如押し寄せてきて、何ともいえない感情がこみ上げてきます。
きっとこういうことなのだろうという伏線があらゆるところに張り巡らされてはいますが、それを繋ぎ合わせて何が描かれていたのか見つけるのは観る側それぞれで違うと思います。また、チラホラ話題に出てくるカラムの出自については、イギリスの歴史や本作の時代背景についての知識があると、さらに理解が深まりそうです。
でも、本作はまさに心で観る映画。考えるより感じながら観て欲しい作品です。こんな風に表現できるシャーロット・ウェルズ監督の才能に圧倒されます。父カラム、娘ソフィ、それぞれの心にシンクロしたり、童心に返って、幼い頃の自分にもシンクロしながらご覧ください。

デート向き映画判定
映画『aftersun/アフターサン』ポール・メスカル

親子のストーリーなので、ロマンチックなムードになるような内容ではありませんが、デートで観て気まずい内容でもないので、2人とも興味があれば一緒に観るのもアリでしょう。自分の家族との思い出と自然にオーバーラップさせながら観てしまう内容なので、観終わった後はお互いの家族の話をするのも良いですね。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『aftersun/アフターサン』ポール・メスカル/フランキー・コリオ

親が一生懸命自分に伝えようとして話してくることでも、子どもの頃にはピンとこないことは多々あります。でも、大人になって振り返ると、あの時の親の言葉はこんな気持ちで言っていたのかもしれないと気付けることもあります。本作はそんなことを教えてくれるので、キッズやティーンの皆さんが今観ておくと、今は完全に理解できなくても親が一生懸命伝えてくる言葉は覚えておこうという意識が少し持てるような気がします。また、親のことを親としてではなく一人の人間として客観視できる部分があるので、同じ目線で親を見ることで心の距離が少し近く感じられるかもしれません。

映画『aftersun/アフターサン』ポール・メスカル/フランキー・コリオ

『aftersun/アフターサン』
2023年5月26日より全国公開
ハビネットファントム・スタジオ
公式サイト

© Turkish Riviera Run Club Limited, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute & Tango 2022

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP