REVIEW

ソフト/クワイエット【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ソフト/クワイエット』ステファニー・エステス/オリヴィア・ルッカルディ/エレノア・ピエンタ/メリッサ・パウロ

ブラムハウスが手がける、この社会派スリラーはどこにでもある現実を描いているからこそ、恐ろしさが半端ありません。登場人物はごく普通の主婦、会社員、教師といった顔ぶれ。でも、彼女達は、過激な思想を持った白人至上主義者です。幼稚園で教師をしているエミリー(ステファニー・エステス)は、白人至上主義のグループ「アーリア人団結をめざす娘たち」の集会を開きます。そこへエミリーを含め6人の女性が集まります。彼女達は日常で感じる逆差別について話したり、人種差別だけではなく、フェミニズムについても異議を唱えます。そして、集会がお開きになった後、さらに恐ろしい光景が繰り広げられます。
彼女達はあたかも正論のように話すので、それなら一旦彼女達の言い分も理解できるところがあるのか観てみようという気持ちになるかもしれません。ただ、その後に映し出される彼女達の本性を観ると、譲歩しようとした気持ちを返してくれと思うはずです。彼女達は自分がうまくいかない理由を、逆差別のせいにしています。また、結局人種は関係なく人間性の問題だとわかります。彼女達のように、多様性を受け入れられない人間は、たとえ同じ人種だけの社会になっても、うまくやっていけないことが一目瞭然です。敵がいなくなれば、また新たな敵を自分から作り、自分が不幸である言い訳に使うだけなのです。
社会的弱者と、あたかも逆差別の被害者であるかのように自分を正当化しようとしているだけの者との大きな違いは、後者は自己中心的であることです。それは本作に登場する女性達の間のやり取りのあちこちに垣間見ることができます。彼女達は、結局は人と本当の関係を築けない人間です。映画公式サイトには、ベス・デ・アラウージョ監督が本作を作った背景も詳しく載っています。ぜひ監督の思いも合わせて読んで欲しいです。
本作には人種差別だけではなく、女性としての在り方もテーマとして含まれています。私達日本人にも身近なストーリーです。全編ワンショットで紡がれる緊張感たっぷりでリアルなスリルをぜひ味わってください。これが映画の中のことだけであって欲しいと思うはずです。

デート向き映画判定
映画『ソフト/クワイエット』ダナ・ミリキャン

本作に登場するエミリー夫妻のやり取りも衝撃的です。カップルで観ると、複雑な心境になるでしょう。エミリーが抱えているのはとても根深い問題で、結婚してからこういう本性がわかると最悪です。相手に危険な思想がある気配を感じている方は、一旦自分の恋愛関係を冷静に見直すために1人で観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ソフト/クワイエット』シシー・リー

とても大切なことを学べる作品です。若い皆さんからすると、大人ってクレイジーだと思う部分が大いにあると思います。本作に登場するエミリー達は、反面教師として観てください。その上で、どんな人間関係を築いていきたいか、どんな社会を望むのか考えてみてください。そうすれば、自分の価値観も見えてくると思います。

映画『ソフト/クワイエット』ステファニー・エステス

『ソフト/クワイエット』
2023年5月19日より全国順次公開
アルバトロス・フィルム
公式サイト

© 2022 BLUMHOUSE PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP