REVIEW

Our Friend/アワー・フレンド

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン

一組の夫婦とその親友が過ごした日々を綴った本作は、2015年、「Esquire」に掲載され全米雑誌賞を受賞したマシュー・ティーグ(劇中ではマット・ティーグ)によるエッセイを映画化したものです。この物語は妻のニコル(ダコタ・ジョンソン)がガンを宣告される前後で時間軸を行き来しながら語られていきます。仕事や子育てなど、夫婦としての人生にはさまざまなことが起こりますが、2人の共通の親友デイン(ジェイソン・シーゲル)が彼等のそばでいつもそっと見守る姿が印象に残ります。それはもう親友を通り越して家族といえるほどの絆なのですが、なぜ3人がそこまでの繋がりを持っているのか、最初のうちは観ているこちらも謎に思える部分があります。でも、彼等それぞれにどんな出来事が起こり、彼等の絆がどうやって強くなっていったかがわかってくると、そんな謎も消えていきます。
ティーグ一家とデインとの関係は本当に特別でとても素敵です。こんな縁に巡り合える人はなかなかいないのかもしれませんが、人間同士の繋がりに希望が持てます。“家族”というと私達は血の繋がりに固執してしまいがちですが、本作は人は血の繋がりを超えてこれほどにも心を繋ぐことができるのだと教えてくれるストーリーです。そして、人からどんな風に見られようと関係ないし、逆にこちらが第三者の場合も見た目だけではわからない背景がたくさんあって、それを外野がとやかくいう筋合いはない、世の中にはいろいろな関係があっていいのだと強く思わせてくれます。ガン宣告というキーワードからお涙頂戴のストーリーかと逆に構えてしまう方もいるかもしれませんが、実際本作を観れば違うことがわかると思います。純粋に友情の物語として広く共感できる物語です。とても温かいストーリーなので、心が疲れている方はぜひ癒されてください。

デート向き映画判定
映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン

マットとニコルの間に起こる問題は万国共通でとてもリアルです。夫婦で観れば自分達を客観視できるし、今結婚を視野に入れて交際しているカップルの皆さんは、将来を少しシミュレーションできるのではないでしょうか。また、うまくいかないことがあると自分だけが頑張っていると思ってしまって余計に辛くなることがありますが、影で支えてくれている人がいることにも気付かせてくれるストーリーなので、視野が広がるきっかけになり、お互いに優しい気持ちになれると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『Our Friend/アワー・フレンド』ダコタ・ジョンソン

皆さんはティーグ家の2人の娘の目線で共感できるところがあると思います。子どもを守りたい一心で親が嘘をついたり隠し事をすることは皆さんの周りでもあると思いますが、本作を観ると親目線を少し想像しやすくなるかもしれません。もちろん大人の都合を理解してということではありませんが、一方的な想像を膨らませてイライラしたり悶々とすることは減ると思います。また、これは大人が主人公ではありますが、友情の物語なので年齢問わず心に響く部分があると思います。本作を観ながら思い浮かべられる友達がいたら、その大切さに改めて気付くこともできそうです。

映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン/ジェイソン・シーゲル

『Our Friend/アワー・フレンド』
2021年10月15日より全国公開
STAR CHANNELMOVIES
公式サイト

© BBP Friend, LLC –2020

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  3. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  4. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  5. 映画『陰陽師0』山﨑賢人

PRESENT

  1. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  2. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  3. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
PAGE TOP