REVIEW

アス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アス』ルピタ・ニョンゴ/ウィンストン・デューク

私の場合、毎度のことですが観る前は極力情報を入れずに観るので、自分達とそっくりな人達が襲ってくるという事態がなぜ起こったのかという謎解きを楽しむ視点で観賞しました。結構早い段階でカラクリに気付いてしまったこともありますが、本作はそこを楽しむというよりも、やはりアメリカの社会問題、ひいては私達を含む世界中に通じる社会問題を投影している点が最大の見どころとなっています。これはどのジョーダン・ピール監督作にも通じるところなので、本作を観ようとする人はそこを期待している人も多いと思います。残念ながら公式サイトには載っていないので、少しだけここでヒントを紹介しておくと、マスコミ向けの公式資料にある映画評論家、町山智浩氏のコラムにジョーダン・ピール監督がこの作品を作った背景が載っていて、長きに渡り続いている富裕層の優遇と、福祉への政府支出の削減による貧富の差の問題が挙げられていました。ジョーダン・ピール監督は「この世でいちばん怖いモンスターは何か考えた」と話したとも書かれていて、本作でそれをどうやって描写しているかは、映画でご覧頂くとして、利己的な社会が何を生み出すのかというのが本作の一つのテーマになっていると言えます。本作で、いろいろな意味でゾッとする感覚を味わってください。多くの人がゾッとするなら、まだこの世界は救いようがあるのかも知れません。

デート向き映画判定
映画『アス』ルピタ・ニョンゴ

社会的なメッセージまで読み取って観るか、単純にスリラー、ホラーとして観るかによって、満足感が異なりそうだし、観終わった後の会話の内容も全然変わってくると思います。そういう意味では、観方にギャップがあると、カップルとしてはちょっと相性を疑ってしまうきっかけになるかも知れません。好みも分かれそうなので、初デートには向いていないでしょう。一緒に観て楽しめそうな友達を誘うか、1人で観るほうが無難そうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アス』ルピタ・ニョンゴ/ウィンストン・デューク

R-15なので、15歳未満の人は観られません。子どもでも容赦ない描写がたくさん出てきて、15歳以上のティーンでも怖いストーリーを観慣れていないとショッキングだと思います。ただ、背景には社会問題に対するテーマがあるので、本作を気に入ったら、本作が描かれた背景を調べてみるのもオススメです。ジョーダン・ピール監督は7歳の頃、1986年5月25日に実際にあった“ハンズ・アクロス・アメリカ”という慈善イベントを目撃して、「怖かった。なぜだかわからないけど」と語っています(公式資料より)。映画のヒントにもなっているようなので、この出来事から調べ始めてみると、アメリカで長年続いている社会問題をより深く知ることができ、この映画が何を意味しているかもイメージが膨らむと思います。

映画『アス』ルピタ・ニョンゴ

『アス』
2019年9月6日より全国公開
R-15+
東宝東和
公式サイト

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS © Universal Pictures

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『HELLO WORLD』 HELLO WORLD

未来の自分が現在の自分にに会いに来て…という設定はそれほど珍しいものではありませんが、現在と過去の世界そのものが何であるかという根本的なところが…

映画『おいしい家族』松本穂香/板尾創路/浜野謙太 おいしい家族

お父さんが女装していて、男性と再婚する…と聞いたら、きっとあるイメージが浮かぶと思いますが…

映画『スクールズ・アウト』セバスチャン・マルニエ監督インタビュー 『スクールズ・アウト』セバスチャン・マルニエ監督インタビュー

本作は、頭は良いけれど、すごく冷めている生徒達と、新しく赴任してきた教師の物語。今回、ゾクゾクとさせられる展開の中に、強いメッセージ性が隠されている本作を監督した、セバスチャン・マルニエさんにインタビューさせて頂きました。

映画『アド・アストラ』来日記者会見:ブラッド・ピット ブラッド・ピットが、ホンモノの宇宙飛行士、毛利衛氏、山崎直子氏に逆質問『アド・アストラ』来日

映画『アド・アストラ』来日記者会見:ブラッド・ピット/毛利衛(日本科学未来館・館長/宇宙飛行士)、…

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』沢村一樹/吉田鋼太郎 沢村一樹(さわむら いっき)

1967年7月10日、鹿児島県出身。1996年に日本テレビ系“しんドラ”『松田のドラマ』で俳優デビュー。同年にドラマ『新・星の金貨』に出演。2000年9月から…

映画『引っ越し大名!』初日舞台挨拶、星野源 星野源(ほしの げん)

1981年、埼玉県生まれ。音楽家、俳優、文筆家。2000年にバンド“SAKEROCK”を結成。2010年に1stアルバム「ばかのうた」、2011年に2ndアルバム「エピソード」を発表。2013年発売の3rdアルバム「Stranger」は…

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』 エセルとアーネスト ふたりの物語

映画が始まってすぐに、その絵力の強さに驚かされるので…

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』瀬戸康史 瀬戸康史(せと こうじ)

1988年5月18日、福岡県生まれ。2005年に俳優デビュー。TVドラマの代表作に『江~姫たちの戦国~』『眠れる森の熟女』『ロストデイズ』『マザー・ゲーム~彼女たちの階段~』『あさが来た』…

映画『永遠に僕のもの』チノ・ダリン チノ・ダリン

1989年アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれ。主な出演作に『ブエノスアイレスの殺人』『空の沈黙』…

海外ドラマ『僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~』イ・ミンギ/ソ・ヒョンジン 『僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~』5組10名様 DVDリリース記念トークショー付き特別試写会ご招待

ドラマ『僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~』5組10名様 DVDリリース記念トークショー付き特別試写会ご招待

おすすめ記事

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督 久々の里帰りで会ったお父さんに異変!家族として受け入れられる?『おいしい家族』部活リポート

2019年7月31日、『おいしい家族』の完成披露試写会が行われ、トーキョー女子映画部の正式部員皆で参加させて頂きました。当日は、主演の松本穂香さん、ふくだももこ監督が登壇…

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『HELLO WORLD』
    HELLO WORLD

  2. 映画『おいしい家族』松本穂香/板尾創路/浜野謙太
    おいしい家族

  3. 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』
  4. 映画『シンクロ・ダンディーズ!』ロブ・ブライトン/ルパート・グレイヴス/ジム・カーター/シャーロット・ライリー
  5. 映画『アイネクライネナハトムジーク』三浦春馬/多部未華子
  6. 映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』エルシー・フィッシャー
  7. 海外ドラマ『ウォーキング・デッド』アンドリュー・リンカーン/ダナイ・グリラ
  8. 映画『荒野の誓い』クリスチャン・ベール/ティモシー・シャラメ
    荒野の誓い

  9. 映画『アナベル 死霊博物館』マッケナ・グレイス
  10. 映画『見えない目撃者』吉岡里帆

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP