部員参加記事

久々の里帰りで会ったお父さんに異変!家族として受け入れられる?『おいしい家族』部活リポート

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督

『おいしい家族』
2019年9月20日(金)より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

2019年7月31日、『おいしい家族』の完成披露試写会が行われ、トーキョー女子映画部の正式部員皆で参加させて頂きました。当日は、主演の松本穂香さん、ふくだももこ監督が登壇。本作はふくだももこ監督のオリジナル脚本によるもので、短編『父の結婚』を長編化させたもの。そんな本作についてどう膨らませたのかを聞かれたふくだ監督は「『父の結婚』は30分の短編やったんで、設定は一緒なんですけど、あんまり言いたかったことが伝わらなかったなというのを悔やんでて、今回はせっかく長編にできるし、家族のことだけじゃなくて、町の話、島の話と、もうちょっと広い価値観を持っていられたらいいなと思って、言いたいことを全部詰め込んで作りました」と答えました。

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香

松本穂香さんは、初めて脚本を読んだ時の感想を問われると、「めちゃめちゃおもしろかったです。あっという間に読んじゃったという印象です。登場人物が皆可愛くて、私は橙花を演じるということがわかった上で読んだので、身構えちゃうはずなんですけど、そうでもなく、“本当に純粋に好きだな、このお話”と思ったのは覚えてます」と話し、監督は「めっちゃ嬉しい。めっちゃ嬉しいわ」と喜んでいました。

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督

そして、監督は松本さんが橙花を演じてくれたら、きっと自分の想像を超えてくれるだろうと期待していたことを明かし、「私は一番橙花の気持ちがよくわからないというか、主人公で(キャラクターのなかでは)外にいる立場の人やから、この人が人間として立ち上がったらどう人になるんやろうっていうのがあんまり掴めてなくて。でも穂香ちゃんに決まって、現場に入って座っているのを観た瞬間から、“ああもう橙花や”と思って。ああこの子やったら絶対やってくれるって確信を持ちました」と絶賛しました。

一方、松本さんは「最初の印象とはちょっと変わりました。この作品も小説を全部読ませて頂いて、(監督は)めちゃめちゃ才能溢れてる…褒め合いみたいになっちゃうけど(笑)、普段こんな感じなのに、こんな素敵な文章も書けて、取材の時とかもすぐに相手の人を虜にするじゃないけど、すぐ懐に入り込んじゃうっていう、恐ろしい人だなと、良い意味でそういう印象です」と監督を讃えました。

映画『おいしい家族』松本穂香/板尾創路

そして今回、トーキョー女子映画部では事前に本作にちなんだアンケートをとっていましたが、その中で「本作で主人公・橙花の父は亡き妻の服を着て生活をしています。もしあなたが橙花だったら、そんな父を受け入れられますか?」という話題も取り上げられました。

映画『おいしい家族』アンケート
10代を含む女性424名が回答

松本さんは「私は物語を知っちゃってるので言えることだけど、最初はやっぱり家族だからこそ受け入れられないけど、家族だからこそ受け入れられる。やっぱり理由を知ると、家族だからそうせざるを得ないというか、そういう答えです」とコメント。ふくだ監督は「難しいんですけど、おかんの格好をしてるから、女装したりとか、女の人になりたいとかっていう感じに見ちゃうかも知れないし、それでも良いんですけど、どちらかというとやっぱりこの父親は母親をすごく愛しているがゆえの…なんで、それこそほんまそれを知ったら、家族だから受け入れるという感覚になると思うし。私は何でもめっちゃおもろいなと思いますけどね。あと受け入れるという感覚ともちょっと違うんかなと思いますね。その人がそうしたいんやったら、そうするしかないやんっていう感覚になりますね」と語りました。

また、父親の変化に対する橙花をどう演出したかと聞かれた監督は「橙花を悪者にしたくというのはあって、橙花っていう人物は反発はするけど、別に心から否定したいわけでは全くなくて。ただ穂香ちゃんがインタビューで言ってたのが良いなと思ったのが、“自分の知らないうちに自分の家族が変わってしまって、どんどん先に進んでって、そこに自分が含まれていなかったことが寂しくって、ちょっと反発をしてしまっているんじゃないかと思って”っていうのが、ほんまにそうやなと思って。穂香ちゃんが実際に演じててそうやったんやろうし、それを聞けて、橙花ってそうやったんやと思いました。それを小説にもちょっと活かしたし」と、改めて松本さんにお礼を伝えていました。

演じる上ですごく意識した点を聞かれると松本さんは「橙花にもいろいろな面があって、ちっちゃい子どもみたいにはしゃいだり、家族には見せない面があったりして、私はそういう部分を台本を読んで全然普通に可愛らしい、純粋な子だと思ったので。また監督が書かれるセリフが、お父さんに最後言う言葉とか、家族のことが大好きだってことがあるので、そこさえちゃんと持っていれば悪い子には見えないだろうと思って演じてました」と話しました。

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
最後は皆で“おいしいポーズ”

最後に、松本さんは「今何かで迷われている方だったり、モヤモヤしたものを感じてらっしゃる方もいると思うんですが、もう何も考えずとにかく楽しんで観て頂けたら、そこで何かこれ良かったなとか、この人の言葉が私に刺さったなとか、何かあったら嬉しいなという気持ちです。背中を押したいとかは言いません。ただ楽しんで帰って頂けたら嬉しいです。今日はありがとうございます」と挨拶。

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)ふくだももこ監督

ふくだ監督は「この映画は私の思い描くユートピアを描いています。私の思うユートピアっていうのは、ほんまに単純なことで、ただ自分のことを大切にして、そしたら絶対に人にも優しくできるって私はそれを信じてて。でも自分を大切にするのって一番難しいんですよね。だからいろいろ大変ことも起こったりするし、すごく傷つけ合ってしまう。けど一番大事なことって、ほんまに自分のことをちょっとでも好きになって大切にすることなんですよね。そしたら今隣りにいる人が知ってる人でも知らない人でも、絶対にちょっと心に余裕ができて、その優しさがたぶんいろいろな人に伝わっていくと思うんですよね。私はそれだけを信じて映画を撮っています。それは私がたくさんの人に優しくしてきてもらったからやし、それをちょっとでも映画で人に感じてもらえたら嬉しいなと思っています。もしかしたら映画であんまり上手くいっていないところもあるかも知れんけど、私はただほんまにそれだけを伝えたいので、皆さんちょっとでも何かええなと思ってもらえたら、ぜひぜひ応援してください。ありがとうございます」と熱いメッセージで締めくくりました。

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)ふくだももこ監督

上映後には、監督が出口で一人ひとりお見送りをしてくださり、感想を言ったり、握手をしたりと、突如交流タイムも頂きました。その様子から皆何かしらを受け取って帰ってくれたんだなというのが伝わってきました。松本さん、ふくだ監督ともに、チャーミングな映画と表していましたが、伊豆諸島の新島を舞台に描かれる美しい作品となっています。一人の女性が人生の壁にぶつかり、家族や地元の温かさに触れ、再び新たな一歩を踏み出す物語として、ぜひ本作から元気と勇気をもらってください。

主人公にちなんで、皆の“真面目”エピソードを紹介!

今回、本作の主人公のキャラクターにちなんで、アンケートを取りました。橙花の真面目さに関連して、女子の皆さんから寄せられた真面目エピソードをご紹介します。

Q:あなたは真面目ですか?

映画『おいしい家族』アンケート
10代を含む女性424名が回答

■私は大学生で、遊びも学びも1:1の比率でやっているつもりですが、周りから見たら本当に真面目らしく、それは授業もほとんどサボらず、授業がない日に存分に遊び、飲み会をしたりしているかららしいです。私は大学生である前に、1人の人間として大学で堕落したくないと思い、普通のことをやってるだけなのに驚いてます。バイトもして、これから留学もして、大学生にしかできないことをこれからも楽しみたいです。(20代前半)
■はっちゃけられない。(20代後半)
■人に流されないので少しは緩く生きた方が楽なのかなとは思います。(20代後半)
■真面目ということなのか、他人のことも自分のことも厳しくジャッジしてしまうことがあり、苦しい時がある。(20代後半)
■がんばりすぎて勝手に自滅してしまうパターンに飽きたので最近は何かを始めるより何かをやめる方に重点をおいて生きている。(20代後半)
■真面目なので人の信頼を得やすいですが、その分重責を負うことも多く、心労が重なることも多いです。(30代前半)
■人や人がやった仕事が間違っている時にどうしても言ってしまいひんしゅくを買ったり、仕事で昇進できなかったりします。(30代前半)
■小さな頃から自己肯定感が低いため、常に人より努力しないといけないという気持ちが強いことから無理をしてしまうことが多い。友人や家族からも「もう少し力を抜いたほうが良いことも沢山あるよ」と言われることが度々ある。(30代後半)
■正直者が馬鹿を見る、真面目がゆえに使われやすく損をしている自覚はある。とはいえ自己アピールが苦手だし、もういいやと思いながら仕事をしている。(30代後半)
■見た目はチャラチャラしていて、何も考えてなさそうっと言われます。実際は小心者で後悔の無いように慎重派です。(30代後半)
■真面目というか、”これをすると相手はどう思うかな”と考えるばかりに行動に移せないことが多過ぎるし、それゆえに人付き合いがあまり得意じゃない(一人でいた方が気楽だと思ってしまう)ので、もっと気楽に構えることが出来れば人生違ったかな、とはよく思います。(40代前半)
■真面目だといわれるし、自覚もしていて、真面目が自分のチャームポイントだとおもっている。(50代)
■TPOを考えすぎて、いつも人より出遅れる。(50代)■長女なもので、けっこう家族のために自己犠牲を強いられている。それが当たり前になっていると感じるので。(50代)

PHOTO & TEXT by Myson

映画『おいしい家族』松本穂香/板尾創路/浜野謙太

『おいしい家族』
2019年9月20日(金)より全国公開
日活
公式サイト  映画批評&デート向き映画判定

夫とは別居中で、仕事も上手くいかない橙花は、都会暮らしに疲れ、母の三回忌を機に故郷に帰ることに。実家に着くと、父が亡き母の服を着て、おいしいご飯を作り待っていた。さらに、見知らぬ居候も登場し、父は「父さん、みんなで家族になろうと思う」と突然の報告をする…。

©2019「おいしい家族」製作委員会

2019.7.31 event

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ ブラックボックス:音声分析捜査

本作は、航空機事故の真相を明かすために1人の音声分析官が奔走するサスペンスで…

映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑 真夜中乙女戦争

本作は、平凡で退屈な日々を送る青年が、ある出会いをきっかけに自分自身と東京の街を破壊…

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン ライダーズ・オブ・ジャスティス

主人公は列車事故で妻を亡くした軍人のマーカス(マッツ・ミケルセン)で、彼は残された娘のマチルデ(アンドレア・ハイク・ガデベルグ)と…

映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン コーダ あいのうた

本作は、2015年に日本で公開されたフランス映画『エール!』のハリウッドリメイク版で、タイトルの“CODA(コーダ)”には…

映画『こんにちは、私のお母さん』ジア・リン ジア・リン

1982年4月29日生まれ。中国、湖北省出身。1982年、母のリ・ホワンインと父のジア・ウェンティエンの娘として…

映画『ハザードランプ』安田顕/山田裕貴 『ハザードランプ』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ハザードランプ』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ポプラン』上田慎一郎監督&皆川暢二さんインタビュー 『ポプラン』上田慎一郎監督&皆川暢二さんインタビュー

本作はインパクトのある設定から、おバカ映画、色物映画と見られかねないというところで、宣伝ではどういう風に伝えていけばよいか最初は手探りな部分もあったそうです(上田監督談)。今回は、そんな本作の背景や作品への思いについて、上田慎一郎監督と皆川暢二さんにお話を伺いました。

映画『無聲 The Silent Forest』 無聲 The Silent Forest

これはあまりにショックな内容で、こんなことが実際にあったなんて…

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世 コンフィデンスマンJP 英雄編

今回も見事に騙されました(笑)。それなりにどこから計画されているかは予想しながら観るのですが…

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

REVIEW

  1. 映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ
  2. 映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑
  3. 映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン
  4. 映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン
  5. 映画『無聲 The Silent Forest』
  6. 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世
  7. 映画『スティルウォーター』マット・デイモン
  8. 映画『三度目の、正直』川村りら
  9. 映画『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』ダン・スティーヴンス/マレン・エッゲルト
  10. 映画『ハウス・オブ・グッチ』レディー・ガガ
PAGE TOP