REVIEW

ヴィレッジ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ヴィレッジ』横浜流星

小さな村に住む主人公の片山優(横浜流星)が、幼い頃に父が起こした事件により、長らく批判の目に晒されながら、わずかな希望にすがりついて生きていく様を描いた本作を観ていると、強いテーマが浮かび上がってきます。それは、臭いものには蓋をする文化です。本作の舞台となる閉鎖的な村には、異様な統率感が存在し、おかしなことに疑問を抱かない、投げかけないのが当たり前で、問題が起きても簡単にうやむやにされる状況になっています。この状況は、村の産業の中核となっているゴミ処理場に象徴されています。集められる不要なものと同様に、社会から阻害された人達はゴミ処理場で働かざるをえず、ないがしろにされている状況が比喩されているといえるでしょう。
テーマの2つ目は、臭いものに蓋をするにも限界があるということです。不法投棄は、捨てられてもなお害を与えるものの象徴に見えます。たとえ揉み消された過去でも、何かしらの形でいつまでも人々のその後の人生に付きまといます。
ゴミ処理場とゴミ、不法投棄物、それがそのまま、この村社会を比喩していて、さらには大きな括りとして、社会全体の縮図として描かれているとも捉えられます。閉鎖的な村社会を描く作品は多くあり、短絡的に観れば「嫌なら村を出ればいい」といって終わるかもしれません。ただ本作のとある登場人物もそうであったように、村を出たからといって幸せになれるかといえばそうでもありません。結局人間はどこにいても何かしらのコミュニティに属さずに生きることは難しく、居場所が必要です。ただ、誰でも容易に自分に合う居場所を見つけられるわけではありません。人が軸であるべき社会が、人ではなく見せかけの社会を守ることを重視する本末転倒な状況はこの世に蔓延しています。本作はそんな現代社会の姿を映し出しているのではないでしょうか。

デート向き映画判定
映画『ヴィレッジ』横浜流星/黒木華

お互いに支え合うカップルの姿が映し出されていて、共感できる要素はあるものの、重い内容なのでロマンチックなムードはそれほど期待できません。ただ、自分の価値観、人生観を振り返るきっかけになりそうな内容なので、一緒に観て感想を語り合うことでお互いを理解できる部分が増えるかもしれません。2人とも興味があれば一緒に観てみてはどうでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ヴィレッジ』黒木華/一ノ瀬ワタル

いろいろな人生経験を経てから観るほうが一層心に刺さりそうな内容です。とはいえ、進路を考えたり、自立した後の将来イメージがだんだん具体的になってくる中学生、高校生の皆さんは、興味があれば観てみてください。大人になってくると、良くも悪くも周囲に合わせて”器用”に生きる術を知っていきます。そのなかで、自分はどんな人生を歩みたいか、本作を観て客観的に考えてみるのも良さそうです。

映画『ヴィレッジ』横浜流星/黒木華/一ノ瀬ワタル/奥平大兼/作間龍斗/西田尚美/木野花/中村獅童/古田新太

『ヴィレッジ』
2023年4月21日より全国公開
PG-12
KADOKAWA、スターサンズ
公式サイト

© 2023「ヴィレッジ」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP