イイ俳優セレクション

木野花(きの はな)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『波紋』木野花

1948年1月8日生まれ。青森県出身。弘前大学教育学部美術学科を卒業後、中学校の美術教師を経て、演劇の世界を目指す。1974年、東京演劇アンサンブル養成所時代の仲間と劇団「青い鳥」を結成する。翌年には旗揚げ公演を行い、1980年代小劇場ブームの先駆者的存在となる。退団後から現在に至るまで俳優、演出家として活躍中。2019年、映画『愛しのアイリーン』で第92回キネマ旬報助演女優賞を受賞。2023年、舞台“阿修羅のごと”」で第30回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した。 (引用:事務所公式サイト『波紋』公式サイト

イイ男セレクション/出演作

『会社物語』『北京的西瓜』『病院へ行こう2』『告別』『Laundry』『フィラメント』『ばかのハコ船』『スウィングガールズ』『ヴィタール』『手を握る泥棒の物語』『トニー滝谷』『理由』『いいこ。』『明日の記憶』『嫌われ松子の一生』『世界はときどき美しい』『バウムクーヘン』『素敵な夜、ボクにください』『K-20 怪人20面相伝』『魔法遣いに大切なこと』『ハッピーフライト』『童貞放浪記』『必死剣 鳥刺し』『シェアハウス』『はやぶさ/HAYABUSA』『極道めし』『うさぎドロップ』『PANORAMA』『ホームカミング』『鍵泥棒のメソッド』『ヒミズ』『さよなら渓谷』『ラブクラフト・ガール』『さよならとマシュマロを』『そして父になる』『世界はときどき美しい』『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』『エイトレンジャー2』『恋人たち』『猫侍 南の島へ行く』『娚の一生』『ハローグッバイ』『愛しのアイリーン』『十年 Ten Years Japan』『母さんがどんなに僕を嫌いでも』『ユンヒへ』『閉鎖病棟—それぞれの朝—』『MOTHER マザー』『そして、バトンは渡された』『砕け散るところを見せてあげる』『凪の島』『劇場版 おいしい給食 卒業』『ヴィレッジ』『波紋』など

ドラマ:『THE LIMIT』(Huluオリジナル)など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

日本映画界を支えるバイプレーヤーですよね。役の幅が本当に広い方ですが、個人的には、怖い役や意地悪な役でドキッとさせられたり、ゾッとさせられるのが好きです。(2023/6/12)

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『波紋』
2023年5月26日より全国公開

映画『波紋』筒井真理子

『ヴィレッジ』
2023年4月21日より全国公開

映画『ヴィレッジ』横浜流星/黒木華/一ノ瀬ワタル/奥平大兼/作間龍斗/西田尚美/木野花/中村獅童/古田新太

Huluオリジナル『THE LIMIT』
Huluにて全話独占配信中
Huluで観る

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『会社物語』

『北京的西瓜』

『スウィングガールズ』

『ヴィタール』

『嫌われ松子の一生』

『K-20 怪人20面相伝』

『ハッピーフライト』

『はやぶさ/HAYABUSA』

『シェアハウス』

『うさぎドロップ』

『鍵泥棒のメソッド』

『ヒミズ』

『さよなら渓谷』

『そして父になる』

『恋人たち』

『猫侍 南の島へ行く』

『娚の一生』

『ハローグッバイ』

『愛しのアイリーン』

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

『ユンヒへ』

『閉鎖病棟—それぞれの朝—』

『MOTHER マザー』

『そして、バトンは渡された』

『砕け散るところを見せてあげる』

『凪の島』

『劇場版 おいしい給食 卒業』

©2011「シェアハウス」製作委員会
©2016 Sony Music Artists Inc.
© 2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ
©2018 「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
©︎ HJホールディングス
© 2023「ヴィレッジ」製作委員会
©2022 映画「波紋」フィルムパートナーズ

from 2023/7/4


上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  2. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  3. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  4. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  5. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP