イイ俳優セレクション

木野花(きの はな)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『波紋』木野花

1948年1月8日生まれ。青森県出身。弘前大学教育学部美術学科を卒業後、中学校の美術教師を経て、演劇の世界を目指す。1974年、東京演劇アンサンブル養成所時代の仲間と劇団「青い鳥」を結成する。翌年には旗揚げ公演を行い、1980年代小劇場ブームの先駆者的存在となる。退団後から現在に至るまで俳優、演出家として活躍中。2019年、映画『愛しのアイリーン』で第92回キネマ旬報助演女優賞を受賞。2023年、舞台“阿修羅のごと”」で第30回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した。 (引用:事務所公式サイト『波紋』公式サイト

イイ男セレクション/出演作

『会社物語』『北京的西瓜』『病院へ行こう2』『告別』『Laundry』『フィラメント』『ばかのハコ船』『スウィングガールズ』『ヴィタール』『手を握る泥棒の物語』『トニー滝谷』『理由』『いいこ。』『明日の記憶』『嫌われ松子の一生』『世界はときどき美しい』『バウムクーヘン』『素敵な夜、ボクにください』『K-20 怪人20面相伝』『魔法遣いに大切なこと』『ハッピーフライト』『童貞放浪記』『必死剣 鳥刺し』『シェアハウス』『はやぶさ/HAYABUSA』『極道めし』『うさぎドロップ』『PANORAMA』『ホームカミング』『鍵泥棒のメソッド』『ヒミズ』『さよなら渓谷』『ラブクラフト・ガール』『さよならとマシュマロを』『そして父になる』『世界はときどき美しい』『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』『エイトレンジャー2』『恋人たち』『猫侍 南の島へ行く』『娚の一生』『ハローグッバイ』『愛しのアイリーン』『十年 Ten Years Japan』『母さんがどんなに僕を嫌いでも』『ユンヒへ』『閉鎖病棟—それぞれの朝—』『MOTHER マザー』『そして、バトンは渡された』『砕け散るところを見せてあげる』『凪の島』『劇場版 おいしい給食 卒業』『ヴィレッジ』『波紋』など

ドラマ:『THE LIMIT』(Huluオリジナル)など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

日本映画界を支えるバイプレーヤーですよね。役の幅が本当に広い方ですが、個人的には、怖い役や意地悪な役でドキッとさせられたり、ゾッとさせられるのが好きです。(2023/6/12)

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『波紋』
2023年5月26日より全国公開

映画『波紋』筒井真理子

『ヴィレッジ』
2023年4月21日より全国公開

映画『ヴィレッジ』横浜流星/黒木華/一ノ瀬ワタル/奥平大兼/作間龍斗/西田尚美/木野花/中村獅童/古田新太

Huluオリジナル『THE LIMIT』
Huluにて全話独占配信中
Huluで観る

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『会社物語』

『北京的西瓜』

『スウィングガールズ』

『ヴィタール』

『嫌われ松子の一生』

『K-20 怪人20面相伝』

『ハッピーフライト』

『はやぶさ/HAYABUSA』

『シェアハウス』

『うさぎドロップ』

『鍵泥棒のメソッド』

『ヒミズ』

『さよなら渓谷』

『そして父になる』

『恋人たち』

『猫侍 南の島へ行く』

『娚の一生』

『ハローグッバイ』

『愛しのアイリーン』

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

『ユンヒへ』

『閉鎖病棟—それぞれの朝—』

『MOTHER マザー』

『そして、バトンは渡された』

『砕け散るところを見せてあげる』

『凪の島』

『劇場版 おいしい給食 卒業』

©2011「シェアハウス」製作委員会
©2016 Sony Music Artists Inc.
© 2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ
©2018 「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
©︎ HJホールディングス
© 2023「ヴィレッジ」製作委員会
©2022 映画「波紋」フィルムパートナーズ

from 2023/7/4


上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  2. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  3. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  4. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  5. 映画『蛇の道』柴咲コウ

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP