REVIEW

ブリット=マリーの幸せなひとりだち

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト

具体的に何がと言い表すのは難しいですが、スウェーデン映画独特の空気感がとても心地良く感じられる作品。原作者は『幸せなひとりぼっち』のフレドリック・バックマンで、本作も高齢の主人公の物語です。63歳のブリット=マリーは、結婚してから40年間、毎日掃除や洗濯、料理をきっちりして、夫に尽くしてきました。彼女は毎日リストを書き、几帳面に1つずつやり終えたことを消していきます。そんな彼女は冒険をしないタイプでしたが、ひょんなことから夫の長年のが浮気相手と遭遇してしまい、家を飛び出します。40年間専業主婦だったブリット=マリーが63歳で職を得るのは難しく、紹介されたのは都会から離れた小さな村の期間限定の仕事1件だけ。さらにそれは子ども達が集うユースセンターの管理人兼サッカーチームのコーチで、彼女はやったこともなく、知識もないことに取り組むことになりました。さて、彼女にコーチが務まるのかというところがまず気になるところですが、それは本編で観て頂くとして、これは10歳の頃に経験した悲しい出来事から時間が止まってしまっていた彼女の物語が、ちょうど10歳くらいの子ども達と触れあうことで、動き出すというストーリーです。この手の設定だと、弱かったチームが奇跡的にめちゃくちゃ強くなって…というような展開がありがちですが、スポ根ではありません。正直地味と言えば地味なお話ではありますが、リアリティに沿っているというほうが適切かなと思います。大事なものを失うのを恐れて冒険しなかったブリット=マリーが、大切にしてきたはずのパートナーと生活を失って何に目覚めるのか。彼女の姿を観ていると、いつ冒険をスタートしても良いなと勇気をもらえます。あと、主演のペルニラ・アウグストは『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』でアナキンの母親シミ・スカイウォーカー役として出演していた俳優さんですので、観た方はちょっとテンションが上がると思います(笑)。

デート向き映画判定
映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト

夫の浮気というカップルで観るには一見気まずい要素がありますが、そこは話の軸ではないので、思ったほど気まずくなることはないでしょう。ただ、夫に長年尽くしてきた妻を裏切ったらそう簡単に元には戻せないという現実は突きつけられるので、相手にお灸を据えておきたい人は一緒に観るのも良いかも知れません(笑)。また、家事をやってもらって当たり前になっているパートナーに対してもの申したい人も、相手に感謝の気持ちに気付かせるきっかけにできるでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト

主人公目線だと、60代の人生はまだまだ先のことなのでピンとこない部分もあると思いますが、子どもや若者も登場するので、自分に近い年齢や状況のキャラクターの目線で観ることはできると思います。スポーツや習い事などをやっている人は、勝つことや賞をもらうなどといったことではなく、結果はどうであれ全力で今の自分の力を出すことが、その後の自信に繋がるということを感じられると思います。

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト

『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』
2020年7月17日より全国公開
松竹
公式サイト

© AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP