取材&インタビュー

『ブリット=マリー幸せなひとりだち』ツヴァ・ノヴォトニー監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ブリット=マリー幸せなひとりだち』インタビュー:ツヴァ・ノヴォトニー監督

結婚してから40年間、毎日完璧に家事をこなしてきた63歳の主婦が、突然家出!この63歳の女性の“冒険”を描いたベストセラーを映画化したツヴァ・ノヴォトニー監督に、メールインタビューをさせて頂きました。誰でもいつからだって人生をやり直せることを教えてくれる本作を撮った監督はどんな価値観をもっていらっしゃるのでしょうか。

<PROFILE>
ツヴァ・ノヴォトニー:監督
1979年12月21日、スウェーデン、ストックホルム生まれ。映画監督の父とアーティストの母を持つ。幼い頃から女優を目指し、1996年からスウェーデンのテレビドラマに出演し、キャリアをスタートした後、主にスウェーデンの映画、テレビドラマを中心に活躍。映画出演作に、『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』(2005)、 『ある戦争』(2015)、『ヒトラーに屈しなかった国王』(2016)、 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』(2017)などがある。初監督・脚本を務め、全編ワンカットで制作した“Blindsone(原題)”(2018)は、 2018年のトロント国際映画祭でプレミア上映、コンペティション部門に出品されたサン・セバスチャン国際映画祭では、主演女優が最優秀女優賞を受賞した。また、ヨーテボリ国際映画祭でも国際批評家連盟賞を受賞するなど、監督としても高い評価を得ている。

いつか叶えたい夢はない。今、この瞬間を生きたい

マイソン:
主人公は、監督ご自身よりもだいぶ年代が上ですが、この物語に惹かれた一番のポイントは何でしょうか?

ツヴァ・ノヴォトニー監督:
63歳の女性が、自分の人生を一新しようとする姿に深く感銘と刺激を受けました。これは、敢えて一歩踏み出す勇気を持ち、何かを新しく始めることについての物語です。

マイソン:
スウェーデンでは、原作者フレデリック・バックマンさんの『幸せなひとりぼっち』の映画化作品や、本作が大ヒットしたと聞いています。若い方もたくさん鑑賞されたと思いますが、スウェーデンの若者の老年期への関心は高いのでしょうか?スウェーデンでは若者が持つ高齢者へのイメージはどういったものでしょうか?

ツヴァ・ノヴォトニー監督:
世代間のギャップは狭まってきているように思います。というのも現代のシニアは、彼らが若かった60年代に人権の平等や公民権を求めて戦ってきた世代です。そのことが世代間の理解を深めることに役立っている気がしますし、違う世代同士が互いに興味を持つことに繋がっていると良いなと思います。

マイソン:
本作への若者の反応で印象に残っていること、意外だった反応があれば教えてください。

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト

ツヴァ・ノヴォトニー監督:
1番若いお客さん達は、映画の中の子ども達に、また彼らがサッカーチームのために立ち上がる姿に共感を覚えたようです。一方で、あらゆる世代の多くの人達がブリット=マリーに共感していたことに驚きました。裏切りや喪失、希望、そして変化、というのは世界共通のテーマなのでしょう。

マイソン:
監督ご自身は、老後についてどんなイメージ(楽しみであるor 不安である等)、プランがありますか?

ツヴァ・ノヴォトニー監督:
人によっては全く歳をとらない人もいるように思えます。私にとって加齢とは経験を重ねることです。歳をとっても、好奇心を持ち、生き生きとしオープンマインドでいることはできます。私自身、リタイアするかどうかはわかりません。だって人生そのものが永遠に終わることのない作品のようなものですから。

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト

マイソン:
ブリット=マリーは夫の浮気に長年目をつむり、発覚後も怒りをぶつけるわけでもなく、別の部分で不満を抱えていたことを明かしましたが、このブリット=マリーの反応、対応について女性として監督はどう感じましたか?

ツヴァ・ノヴォトニー監督:
ブリット=マリーは長い間夫の不倫に気付いていたと思いますが、私は彼女のようにそんなに長い間見て見ぬふりをすることはできないと思います。すべての人間関係は誠実さとコミュニケーションで成り立っていると信じていますが、ブリット=マリーとケントの間にはそのどちらもありませんでした。その結果、ブリット=マリーの反応はコミュニケーションを取ろうとせず、家出に至ったのだと思います。個人的にはお互いの話に耳を傾けるオープンなコミュニケーションを普段から心がけることによって多くの問題が解決できると思っています。

映画『ブリット=マリー幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト

マイソン:
少し話題が変わりますが、昨今日本で北欧映画の人気が高まりつつあります。ハリウッド映画などと比べて、北欧映画の大きな特徴と魅力はどんなところだと思いますか?

ツヴァ・ノヴォトニー監督:
それは嬉しいです!日本とスウェーデンでは、人の在り方について共通の感覚を持っているのかもしれません。スウェーデン人はとても礼儀正しく注意深い国民で、共通のルールや団結への信念に基づく、基本的な民主主義を教えられています。スウェーデン映画でも描かれるそういう根本的なところに、もしかしたら日本の観客の皆さんも自己投影することがあるのではないでしょうか?

マイソン:
監督が、映画監督、俳優として、大きく影響を受けた作品があれば教えてください。

ツヴァ・ノヴォトニー監督:
私は日本の篠田正浩監督をはじめ、フェデリコ・フェリーニ監督やエミール・クストリッツァ監督、最近だとスパイク・ジョーンズ監督など多くの映画監督から刺激を受けています。彼らの共通点は、物語がどれも現実的(時に論理的でないこともあるが)で、人間性の理解をさらに深めることを常に追求している点です。これは私が映画を撮る理由でもあります。

映画『ブリット=マリー幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト

マイソン:
本作では夢を持つことや行動することの大切さや、それはいつでも遅いということはないと教えてくれるストーリーでしたが、監督がこれから果たしたい夢は何でしょうか?

ツヴァ・ノヴォトニー監督:
私は20年間俳優をやり続けた後、ようやく、ありったけの勇気を出して、脚本を書き監督をやり始めました。数年をかけてゼロから始めること、それには多くの不安が伴いました。ですが、それは新しいことを学び、人生をやり直すチャンスだと考えたのです。それ以来、私はより頻繁に新しいことにチャレンジするようになりました。例えばモーターバイクに乗れるようになるとか、一番最近では氷浴を初体験しました。いつか叶えたい夢、というのはありません。今、この瞬間を生きたいと考えています。

2020年7月取材 TEXT by Myson

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト

『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』
2020年7月17日(金)より、新宿ピカデリー、YEBIS GARDEN CINEMA、ヒューマント ラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
監督:ツヴァ・ノヴォトニー
出演:ペルニラ・アウグスト/アンデシュ・モッスリング/ペーター・ハーパー/マーリン・レヴァノン
配給:松竹

63歳の専業主婦ブリット=マリーは、40年の結婚生活のなかで完璧に家事をこなしてきたが、ある日夫と愛人がいるところに遭遇し、家出を決意する。でも長年専業主婦だったブリット=マリーは、年齢的にも職を見つけるのが困難。そんななか、1つだけ紹介された仕事は、小さな村の荒れ果てたユースセンターの管理と、子ども達の弱小サッカーチームのコーチだった…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© AB Svensk Filmindustri, All rights reserved
Photo credit: Hans Alm

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ 「自分らしく、闘う。」学生限定・勝負服デザイン画コンテスト結果発表!『パピチャ 未来へのランウェイ』

『パピチャ 未来へのランウェイ』は、“ファッションデザイナーになる”という夢を胸に、抑圧に抗い、自分達の手で未来を切り拓いていこうと奮闘する主人公ネジュマの物語。この度、この主人公にちなんで、勝負服デザイン画コンテストが実施されました。

映画『博士と狂人』メル・ギブソン メル・ギブソン

1956年1月3日アメリカ、ニューヨーク生まれ。ジョージ・ミラー監督作『マッドマックス』(79)の…

映画『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー 『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー

モデル、女優として大活躍中の三吉彩花さんにインタビューをさせていただきました!『十二単衣を着た悪魔』では、『源氏物語』の世界で恐れられる存在、弘徽殿女御を好演。インタビューのお話からは三吉さんの新たな一面も。

映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎 おらおらでひとりいぐも

独り暮らしをする75歳の桃子の日常と、彼女の中の葛藤を描いた物語…

映画『きみの瞳が問いかけている』やべきょうすけ やべきょうすけ

1973年11月12日生まれ、大阪府出身。主な出演作に『Kids Return キッズ・リターン』『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』…

映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑 461個のおべんとう

父子で暮らすことになった一樹と虹輝が主人公の物語…

映画『PLAY 25年分のラストシーン』マックス・ブーブリル PLAY 25年分のラストシーン

「25年分のラストシーン」ってどういう意味なんだろうと思いながら観てみたら…

映画『異端の鳥』ハーヴェイ・カイテル ハーヴェイ・カイテル

1939年5月13日アメリカ、ニューヨーク生まれ。オフ・ブロードウェイの舞台に立っている頃に…

映画『ザ・ハント』ベティ・ギルピン ザ・ハント

本作は、富裕層が娯楽として人間狩りを楽しむという…

Netflix映画『シカゴ7裁判』アレックス・シャープ アレックス・シャープ

1989年2月2日イギリス、ロンドン生まれ。2014年にジュリアード音楽院を卒業し…

おすすめ記事

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎
  2. 映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑
  3. 映画『PLAY 25年分のラストシーン』マックス・ブーブリル
  4. 映画『ザ・ハント』ベティ・ギルピン
    ザ・ハント

  5. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ
  6. 映画『罪の声』小栗旬/星野源
    罪の声

  7. 映画『とんかつDJアゲ太郎』北村匠海/山本舞香/伊藤健太郎
  8. 映画『キーパー ある兵士の奇跡』デヴィッド・クロス/フレイア・メーバー
  9. 映画『おもかげ』マルタ・ニエト/ジュール・ポリエ
    おもかげ

  10. 映画『きみの瞳が問いかけている』吉高由里子/横浜流星

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP