REVIEW

ブルックリンでオペラを【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ブルックリンでオペラを』アン・ハサウェイ/ピーター・ディンクレイジ

REVIEW

スランプ中のオペラ作曲家、スティーブン(ピーター・ディンクレイジ)は、人気精神科医の妻パトリシア(アン・ハサウェイ)の勧めで散歩に出かけ、ひょんな出来事に遭遇します。本作は、そんな日常のちょっとしたことがきっかけで、家族の運命がガラリと変わっていく様を描いています。伏線の回収も楽しい構成となっていて、登場人物達の関係性もどんどん複雑に絡んでいきます。何も知らずに観たほうが先が読めない展開を何倍も楽しめるので、ぜひハラハラドキドキを味わってください。
本作はある家族の一見何でもない日常を映しているだけに見えて、突如緊張感のある展開が何度も勃発します。キャラクターそれぞれの第一印象を良い意味で裏切る展開も魅力です。そういう意味で、何も引っかかりがないように思えたところにも伏線が隠されていて、巧妙なキャラクター設定となっています。
本作の監督、脚本、プロデューサーは『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』のレベッカ・ミラーが務めています。個人的に『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』はすごく好きな作品の1つで、本作にもあの“何ともいえない苦味と甘み”があります。そして、豪華キャストも魅力です。プロデューサーも兼任しているアン・ハサウェイをはじめ、ピーター・ディンクレイジ、マリッサ・トメイ、ブライアン・ダーシー・ジェームズといった名優が揃っています。
映画好きの方はもちろん、気分を変えたい方、ネガティブな出来事をポジティブに捉え直したい方は、ぜひご覧ください。

デート向き映画判定

映画『ブルックリンでオペラを』ピーター・ディンクレイジ/マリサ・トメイ

デートで観るのも良さそうなムードが漂っていながら、状況によっては良くも悪くも2人の関係に何らかの影響を及ぼす可能性がなきにしもあらずです。ネタバレになるので詳細は控えますね(苦笑)。個人的には仲の良い友達と観るか、1人で気楽に観るのが良いのではないかと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ブルックリンでオペラを』アン・ハサウェイ/ピーター・ディンクレイジ

ティーンのキャラクターも重要な役割で登場します。2つの家族の物語が描かれていて、皆さんは子どもの目線で親達を観たり、自分の家族と比較しながら観たりできるのではないでしょうか。若い頃の恋愛、大人になってからの恋愛と、両方を眺めることができるので、未来像を思い描きながら自分の恋愛観を探る機会にもできそうです。

映画『ブルックリンでオペラを』アン・ハサウェイ/ピーター・ディンクレイジ/マリサ・トメイ

『ブルックリンでオペラを』
2024年4月5日より全国公開
松竹
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2023. AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年3月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP