イイ俳優セレクション

アン・ハサウェイ【プロフィールと出演作一覧】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ブルックリンでオペラを』アン・ハサウェイ

1982年11月12日アメリカ、ニューヨーク州ブルックリン生まれ。2001年『プリティ・プリンセス』で映画デビューを飾る。2006年『プラダを着た悪魔』で大ブレイクし、一躍人気となる。2008年『レイチェルの結婚』で、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、映画俳優組合賞にノミネートされた他、全米批評家協会、シカゴ映画非批評家協会、ブロードキャスト映画批評家協会の主演女優賞を獲得。2012年『レ・ミゼラブル』でファンテーヌ役を演じ、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、映画俳優組合賞、そして英国アカデミー賞の主演女優賞を受賞した。近年の主な出演作には、『インターステラー』『マイ・インターン』『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』『オーシャンズ8』『セレニティー:平穏の海』『魔女がいっぱい』Netflixオリジナル『マクマホン・ファイル』などがある。また、テレビ番組のアフレコも担当し、『ファミリー・ガイ』や『シンプソンズ』でエミー賞を受賞した。2016年には、国連女性機関の親善大使に任命され、女性のための職場における平等を構築しサポートするため、ポジティブな思考と現実的な取り決めを促進するために尽力している。その他にも慢性疾患や命に係わる病に苦しむ子ども達のために、病院で映画を上映する活動をしているロリポップ・シアター・ネットワークの諮問委員も務めている。さらに、ナイキ基金の<ガール・エフェクト>の活動も始めた。

イイ男セレクション/出演作

『プリティ・プリンセス』『ディケンズのニコラス・ニックルビー』『アン・ハサウェイ 魔法の国のプリンセス』『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』『アン・ハサウェイ/裸の天使』『ブロークバック・マウンテン』『プラダを着た悪魔』『ジェイン・オースティン 秘められた恋』『ゲット スマート』『レイチェルの結婚』『パッセンジャーズ』『ブライダル・ウォーズ』『バレンタインデー』『アリス・イン・ワンダーランド』『ラブ&ドラッグ』『ワン・デイ 23年のラブストーリー』『ダークナイト ライジング』『レ・ミゼラブル』『ブルックリンの恋人たち』『インターステラー』『マイ・インターン』『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』『シンクロナイズドモンスター』『オーシャンズ8』『セレニティー:平穏の海』(Netflix映画)『ザ・ハッスル』『マクマホン・ファイル』(Netflix映画)『魔女がいっぱい』『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』『ロックダウン』『アルマゲドン・タイム ある日々の肖像』『ブルックリンでオペラを』『アイデア・オブ・ユー ~大人の愛が叶うまで~』など

ドラマ:『モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~』など

Amazonプライムビデオで観る

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

『プリティ・プリンセス』の時は本当に可愛らしくて驚いた記憶があります。その後も着実にキャリアを積み重ね、今では立派な演技派俳優に!今後のさらなる活躍にも期待しています。(2022/3/2)

Recommended by Shamy

出演作を観てみよう!

アイデア・オブ・ユー ~大人の愛が叶うまで~
2024年5月2日よりAmazon Prime Videoにて独占配信開始
Amazonプライムビデオで観る

映画『アイデア・オブ・ユー ~大人の愛が叶うまで~』アン・ハサウェイ/ニコラス・ガリツィン

ブルックリンでオペラを
2024年4月5日より全国公開

映画『ブルックリンでオペラを』アン・ハサウェイ/ピーター・ディンクレイジ/マリサ・トメイ

©2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
©2011 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
© 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC
©Universal Pictures
© 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.
© 2014 Song One Funding LLC All Rights Reserved
© 2015 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
© 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
© 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
© 2023. AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年5月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事

from 2022/3/2

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『関心領域』 関心領域【レビュー】

ユダヤ人虐殺を取り上げた作品はこれまでにたくさんあるなかで、本作のような角度から取り上げた作品は…

映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン 告白 コンフェッション【レビュー】

福本伸行(原作)と、かわぐちかいじ(作画)による「告白 コンフェッション」(講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、まず設定の巧さが…

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  2. 映画『関心領域』
  3. 映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン
  4. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  5. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP