REVIEW

フィリップ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア

REVIEW

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンド(1920-1985)の自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止となり、2022年にようやくオリジナル版が出版されました(映画公式サイトより)。小説は、1942年、フランクフルトに滞在していたティルマンド自身の実体験に基づいています。本作は、こうした背景を持つ「Filip」を原作としています。

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア/ヴィクトール・ムーテレ

物語の始まりは、1941年のポーランド、ワルシャワ。ゲットーで暮らしていたポーランド系ユダヤ人のフィリップ(エリック・クルム・ジュニア)は、ナチスの銃撃によって恋人と家族を奪われてしまいます。それから2年後、フィリップはフランス人になりすまし、ドイツのフランクフルトにある高級ホテルでウエイターとして働き、ある方法でナチスへの復讐を果たしていました。でも、ある女性との出会いがフィリップに変化をもたらします。

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア/カロリーネ・ハルティヒ

目の前で恋人と家族を殺されるという壮絶な過去を持つフィリップは、フランス人になりすまして生きながらえているとはいえ、どこか自暴自棄なところがあり、観ていてハラハラします。一方で、ナチスに対する復讐心と死んでたまるかという反骨精神が、身の危険があっても枠に囚われずに生きようとするフィリップの生命力になっているとも見えて、本能的な強さも感じます。さらに、彼の本性にある優しさが、理不尽な出来事を機に大きな反動となって爆発する様子から、ナチスドイツによる蛮行がいかに非人道的で、人間を狂わせるのかを見てとれます。

映画『フィリップ』

そして、クライマックスで流れる当時のドイツ国歌「ドイツ人の歌」の第一節の歌詞が意味深に響きます。ちなみに、ドイツ連邦共和国大使館のWEBサイトでは、第二次世界大戦後のドイツの事情の変化に伴い、「『ドイツ人の歌』は、成立当時その歌詞の意味するところは違っていましたが、『すべてを越えたドイツ』との歌詞や、殊にマース川、メーメル川、エッチュ川、ベルト海峡まで当時の領土全てを含めた一つの統一国家の成立を願う箇所があり、ドイツの国歌としては適切ではありませんでした」と説明されており、「ドイツ人の歌」の第一節がナチスドイツに悪用されたことに遺憾を示しています。ちなみに現在は第三節がドイツの国歌とされているようですが、正規の法律では策定されていないとのことです(詳しくはドイツ連邦共和国大使館のWEBサイトをご覧ください)。
とにかく、たった1人の男性の実体験だとしても、ポーランド、ドイツの国の立場にも影響を与えるインパクトがある内容です。ラストで描かれるフィリップの衝撃的な行動の裏で、彼がどんな心理状態にあったのか、考えずにはいられません。

デート向き映画判定

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア

セクシャルなシーンが何度か出てくるので、デートで観ると気まずいと感じる方もいるかもしれません。また、ナチスドイツの支配下で苦しめられた人達の姿が描かれているシリアスな内容なので、ふらっと映画館に入って観るようなテンションには合わないでしょう。本作はどちらかというと、1人でじっくり観るほうが良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア

大人向けの内容ではありつつも、映画から世界史に興味が湧くこともあると思います。15歳以上のティーンの皆さんは、本作を観て、ナチスドイツとポーランドとの関係などを調べてみると、世界史について一層詳しくなれるでしょう。ただし、刺激の強いシーンも出てくるので、いろいろな映画を観て、耐性がついてから観れば良いと思います。

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア

『フィリップ』
2024年6月21日より全国公開
R-15+
彩プロ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© TELEWIZJA POLSKA S.A. AKSON STUDIO SP. Z.O.O. 2022

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年6月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP