REVIEW

プロミシング・ヤング・ウーマン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』キャリー・マリガン

タイトルにある“プロミシング・ヤング・ウーマン”とは、前途有望な若い女性という意味です。それが何を意味するのか、そのことにどんな重みがあるのかは、物語が進行するにつれ明かされていきます。どんなストーリーなのかは敢えて具体的に書かないでおきますが、泥酔した主人公のキャシーが冒頭で登場してからの展開は驚くべきものがあります。これは、ある出来事を機に運命を狂わされた女性の復讐劇ですが、個人間の恨みだけではなく、社会に対する復讐と言えて、女性なら誰もが少なからず経験することを描いている点で他人事としては観られません。そして、ここで描かれる問題の根が深いことは物語を通して痛感させられ、それは必ずしも女性が皆女性の味方とは限らないこと、どんな人でも加害者側になり得ることも示されているだけに、一層自分事として感情移入して観られると思います。
復讐劇の末路も衝撃的で、それくらい強烈なものに昇華した根本の怒りの大きさが比例していると解釈できます。とてもスタイリッシュに描かれていて、エンタテインメント性も感じられますが、きちんとこの物語が伝えたいメッセージが観る方々に伝わると良いなと思える重みのある内容です。

デート向き映画判定
映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』キャリー・マリガン

カップルで観るには気まずい展開もありますが、ぜひ共有して欲しい内容ではあります。女性は日常で何かしらこういう状況にさらされていることをパートナーに知ってもらうだけでも、安心感が持てて、信頼関係も深まるのではないかと思います。説教的な意味ではなく、身近な人物から理解を深めてもらい、意識を向けてもらう働きかけをする意味でも、好きな人と一緒に観ていろいろと話し合うのも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』キャリー・マリガン

女子の皆さんは中学生、高校生くらいになると、残念ながらだんだん映画と似たような状況を感じることが増えると思います。そして、自分で自分の身を守ることも必要だというのは正直あります。悪い人に見えなくても、罪の意識がなく、映画のような言動をしてしまう人はいます。こういう現実があるんだなということが知られるストーリーなので、エンタテインメントとして楽しみながらも、参考になる部分が大いにあると思います。

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』キャリー・マリガン

『プロミシング・ヤング・ウーマン』
2021年7月9日より一部先行公開/7月16日より全国公開
PG-12
パルコ、ユニバーサル映画
公式サイト

© Universal Pictures
©2020 Focus Features, LLC.
©Focus Features

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  2. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  3. Netflixドラマ『マスクガール』
  4. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  5. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP