REVIEW

コレット

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『コレット』キーラ・ナイトレイ

フランス文学界を代表する女性作家シドニー=ガブリエル・コレットの半生を描いた本作。私はコレットという名前は聞いたことがありましたが、彼女の著書は読んだことがなく、本作でどういう人物だったのか知りました。女性として、妻として、作家としての苦悩が映し出されているわけですが、あからさまにフェミニズムを押しつけるような内容ではありません。情熱のある勇ましい性格でありつつ、彼女がいかに奥ゆかしい女性であったかが伝わってくるストーリーで、だからこそ女性目線だと、彼女の夫ウィリーに対して「こんちくしょう」と思ってしまう人もいるはず。そして、尽くしても尽くしても、どうしようもない男はどうしようもないけれど、それでも愛してしまう女の性(さが)って、万国共通、時代を問わずなんだなと切なくなります。何より自分が書いた小説を夫の作品として世に出され、自分の才能まで横取りされるなんて言語道断。他にも同じようなシチュエーションで苦しんだ女性の実話がいくつかありますが、やっぱり世界はずっと男性社会なんだなと実感しますね。とにもかくにも強い女性の多面性を丁寧に描いた作品なので、女性はもちろん、ぜひ男性にも観て欲しいです。

デート向き映画判定
映画『コレット』キーラ・ナイトレイ

できる女性と、ダメな男という構図なので、男性は気まずく思うかも知れませんが、敢えて一緒に観て、お互いの価値観を話し合うのも良いと思います。男尊女卑だと意識していなくても、そこに悪意はなくても、気付かずに抱いている男性もいるはず。感想を言い合うだけで正せるとは思えませんが、お互いの心理を理解し合うという前向きな気持ちで会話すると、本作の鑑賞も有意義な共同作業になるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『コレット』キーラ・ナイトレイ

PG-12ということもありますが、内容的に大人になってから観るほうが、よりリアルな感覚でキャラクター達の心情に寄り添えると思います。恋心が芽生えた人が本作を観ると複雑な気持ちになるかも知れませんが、男女関係にはこういうこともあるのだとちらっと知っているだけで、恋に盲目的にならず、自分のことも大事にする気持ちを保てるのではないでしょうか。

映画『コレット』キーラ・ナイトレイ

『コレット』
2019年5月17日より全国公開
PG-12
公式サイト

© 2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン マルコム&マリー

本作はジョン・デヴィッド・ワシントンが演じるマルコムと、ゼンデイヤが演じるマリーの2人芝居。物語は…

映画『ステージ・マザー』エイドリアン・グレニアー エイドリアン・グレニアー

1976年7月10日アメリカ、ニューメキシコ生まれ。俳優、映画監督、ミュージシャン。1997年、バード・カレッジ在学中に…

映画『あのこは貴族』門脇麦/高良健吾 映画に隠された恋愛哲学とヒント集64:条件を付ければ、自分も条件に縛られる

今回は『あのこは貴族』を題材に考えてみました。

映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ DAU. ナターシャ

まず作品の背景や詳細を入れずに、なるべく前情報なしに観てみてください…

Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ 時の面影

物語の舞台は、第二次世界大戦直前のイギリス。未亡人のエディス・プリティ(キャリー・マリガン)は、自らが所有する土地にある墳丘墓を発掘するため…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ジョー・マンテロ ジョー・マンテロ

1962年12月27日アメリカ生まれ。俳優、監督として活躍中。“ The Normal Heart(原題)”など…

映画『ミナリ』スティーヴン・ユァン 『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥 ターコイズの空の下で

裕福な家庭で甘やかされて育った日本人青年のタケシは、ある日、実業家の祖父により外モンゴルの草原へ送り込まれ…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ディラン・マクダーモット ディラン・マクダーモット

1961年10月26日アメリカ生まれ。ゴールデン・グローブ賞やエミー賞に…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  2. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  3. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  4. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  5. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  6. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
  7. 海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス
  8. 映画『MISS ミス・フランスになりたい!』アレクサンドル・ヴェテール
  9. 映画『あのこは貴族』門脇麦/水原希子
    あのこは貴族

  10. 映画『カポネ』トム・ハーディ
    カポネ

PAGE TOP