REVIEW

幻滅【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『幻滅』バンジャマン・ヴォワザン

19世紀フランスの文豪オノレ・ド・バルザックによって書かれた「人間喜劇」の一編「幻滅——メディア戦記」を原作として映画化された本作は、マスメディアの実態を描いています。美しい詩を書いたリュシアン(バンジャマン・ヴォワザン)は、貴族で人妻のルイーズ(セシル・ド・フランス)に気に入られ、深い関係に。でも、2人の関係がルイーズの夫にばれてしまい、2人はパリに駆け落ちをします。でも、田舎者で平民のリュシアンは社交界に属するルイーズの日常に馴染めず、路頭に迷うことになります。
この後、リュシアンは自活するために職を探し、やがて新聞社で記事を書く仕事を得ます。そのなかで、マスメディアの実態が描かれていくわけですが、人も社会もマスメディアに踊らされている実態は現代のマスメディアとさほど変わらないことに驚きます。また、芸術にも大きな影響(むしろ打撃のほうが強い)を与えていて、作品の良し悪しや、アーティストの実力は、吟味されることなく、“誰かの都合”に合わせてマスメディアが流す情報によってコントロールされている実態が描かれています。本作を観ていると、マスメディアの在り方について考えさせられると同時に、マスメディアに潰されていく才能があると考えると恐ろしくなります。
本作は、魅力的なキャストが揃っている点も見どころです。主演のバンジャマン・ヴォワザンは、純粋無垢な一面と美しさで女性達を魅了するリュシアンにピッタリ。ヴァンサン・ラコストは、キーマンとして登場するエティエンヌを好演しています。グザヴィエ・ドランは圧倒的な存在感を放っていて、物語の風向きを変えるナタンというキャラクターにはとある仕掛けもあり、再度観直したくなると思います。他にも、セシル・ド・フランス、ジェラール・ドパルデューといった実力派が脇を固めていて贅沢な作品となっています。
1人の青年がたどる希望と絶望の物語はどんな結末を迎えるのか。現代にも通じる要素がたくさんあるので、ぜひご覧ください。

デート向き映画判定
映画『幻滅』バンジャマン・ヴォワザン/セシル・ド・フランス

恋愛関係のもつれが描かれていたり、セクシャルなシーンやヌードも出てくるので、初デートだと少し気まずいかもしれません。軸は、リュシアンが田舎からパリに出てきてどんな運命をたどるかという物語なので、地元を出て都会暮らしに苦労してきた方なら共感する部分も多く、鑑賞後に話したくなることもいろいろ出てきそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『幻滅』バンジャマン・ヴォワザン

主人公のリュシアンは20歳で田舎から都会のパリに出てきます。彼はさまざまな経験をするので、もうすぐ社会に出ようとするティーンの皆さんにとっては、リハーサルのような感覚で観られるところがあるでしょう。若気の至りで危機的状況を招く展開もあるので、反面教師としても観られます。

映画『幻滅』バンジャマン・ヴォワザン

『幻滅』
2023年4月14日より全国公開
R-15+
ハーク
公式サイト

© 2021 CURIOSA FILMS – GAUMONT – FRANCE 3 CINÉMA – GABRIEL INC. – UMEDIA

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー お隣さんはヒトラー?【レビュー】

タイトルは『お隣さんはヒトラー?』で、物語の舞台は1960年のコロンビア…。「むむむ?アドルフ・ヒトラーって…

映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック ロイヤルホテル【レビュー】

『アシスタント』のキティ・グリーン監督と、主演を務めたジュリア・ガーナーが再びタッグを組んだ本作は…

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー
  2. 映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック
  3. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  4. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  5. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP