REVIEW

関心領域【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『関心領域』

REVIEW

ユダヤ人虐殺を取り上げた作品はこれまでにたくさんあるなかで、本作のような角度から取り上げた作品はなかったのではないでしょうか。本作の登場人物は、1945年、ユダヤ人の大量虐殺が行われていたアウシュビッツ収容所のすぐ隣で暮らす家族と使用人達です。アウシュビッツ収容所はセリフの中には登場しつつ、収容所の様子はほとんど音だけで表現されている点も印象的です。音だけだからこそ余計にそこで行われている恐ろしい出来事が生々しく伝わってくるように感じます。
本作は『関心領域』というタイトルそのままに、人の関心がいかに違っていて、それが何を意味するのかを訴えかけてきます。すぐ隣で多くの人が殺されているにもかかわらず、キャラクター達の日々の過ごし方はまちまちです。その環境が“快適”と捉えている者もいれば、耐えられない者、その場にいながら自分ができることをやろうとする者、それぞれの日常の様子が淡々と描かれています。一見平然としているようでいて内心はそうとはいえない者、完全に自分中心の価値観で生きている者、そうした違いも言葉ではなく、ふとした描写で示している点も本作が秀逸な点だといえます。

映画『関心領域』

虐殺が罪深いのはもちろん、無関心であることもとても罪深いと訴えかけてくる内容です。戦争映画、ユダヤ人虐殺の映画というジャンルを超えて、本作は時代や場所を問わず、人間が常に抱えている問題を提起しています。これこそ本当に怖い物語です。誰にでも日常で見て見ぬ振りをしてしまうことはあり、何にでも関心を持つというのは不可能です。ただ、無関心であってはいけない領域があると、本作は教えてくれます。

デート向き映画判定

映画『関心領域』クリスティアン・フリーデル

デートムービーとはいえないものの、本作に登場する夫婦を観て何を感じるかを話し合うと、お互いの価値観を知る機会になりそうです。致命的といえるほどの感覚の異常さ、“極度の無関心”について描かれていて、現代社会にも通じる部分が大いにあります。自戒の機会にもなるので、一緒に観るのも有意義だと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『関心領域』ザンドラ・ヒュラー

露骨な描写は出てこないとはいえ、かなりむごい状況が描かれています。幸せに暮らしているように見える家族の周辺で何が起きているのか、想像力、観察力を働かせながら観てください。無関心でいることがいかに残酷か、客観視する機会をくれる作品です。同時に、どんな人間でありたいか、考える機会にもなると思います。

映画『関心領域』

『関心領域』
2024年5月24日より全国公開
ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© Two Wolves Films Limited, Extreme Emotions BIS Limited, Soft Money LLC and Channel Four Television Corporation 2023. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年5月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP