REVIEW

MEN 同じ顔の男たち【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー

これは、闇鍋のような作品です(笑)。観る人を選ぶ要素がかなりあります。自分でさまざまな解釈をするのが好きな映画ヘビーユーザーは、存分に楽しめると思う一方、可愛いドレスを着た主人公ハーパー(ジェシー・バックリー)が映るアーティスティックなビジュアルに惹かれて、何となくのノリで観ると「ギョエ〜〜〜〜!!!」となってしまうでしょう。もうクライマックスなんて、「何を見せられてるんだろう…」と、ある意味劇中のハーパーと同じく固まってしまうかもしれません。
とはいえ、嚙めば嚙むほど味が出てくるのが本作の魅力です。クライマックスのあまりに強烈なビジュアルに「オイオイオイオイオイ」となってしまうものの、その描写が何を意味するのかを考えずにいられなくなります。だからこそ、最後のハーパーの反応、表情をどう読み取るかがとっても重要!直前まで目を背けたくなるシーンが続きますが、どうか頑張って目をしっかり開けてキャラクターのやり取りに最後まで注目してください。

この後は、私なりの解釈をなるべくネタバレがないように書きますが、何も知らずに観たい方は鑑賞後に読んでいただければと思います。

ハーパーは、冒頭で記憶から消せない出来事を経験します。ハーパー自身、その出来事から一生逃れられないだろうと覚悟していることはセリフから伝わってきます。ただ、彼女の記憶から消えない理由が複数あることが、その時彼女に何が起こったかがストーリーの中で徐々に明かされていく度に見えてきます。“同じ顔の男たち”は、彼女が何をしていてもふと現れますが、それは彼女のトラウマの象徴であるように読み取れます。そして、彼等が口々に話す言葉は男性社会で女性達が異論を唱えた際や助けを求めた際に返される理不尽な言葉であり、女性達自身も受け容れてはいないながらも脳に擦り込まれてきた社会通念を代弁しているものだと考えられます。少年や聖職者さえ“同じ顔の男たち”である点で、いかに逃げ場がないか、おかしな社会通念が蔓延っているかを表しているとも受け取れます。自分の意志を主張したハーパーが責めを負う必要はさらさらないはずですが、なぜかハーパーが身の危険を感じ、自分が崩壊する恐怖怯える状況に陥ってしまっているという理不尽さが、本作で本当に怖いポイントなのではないでしょうか。ラストのハーパーの表情をどう読み取るかは皆さんそれぞれ異なると思いますが、私は「何言ってんだ、こいつ」と世の女性達の本心を表現しているように思いました。女性を尊重できない男性達がいかに稚拙であり、愛という上っ面な言葉で片付けようとする姿勢をもろともしないハーパーの反応に私は賛成です。
最後に、海外ドラマ『ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~』を観ていたファンとしては、あのキャラクターを彷彿とさせる部分もあり、ロリー・キニアを起用している点で「ナイス・キャスティング!」とニンマリしてしまいました。七色の顔を出せるロリー・キニアが素晴らしい!そして、主人公のか弱さと強さを同時に体現したジェシー・バックリーにも拍手を贈ります。

デート向き映画判定
映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー

絶対デートで観ないほうが良いでしょうね(笑)。観終わった後は何を話していいんだか…となりそうです。いや、でもこれを観た後にいろいろ開けっぴろげに話ができるなら、二人の心の距離はかなり近いと胸を張れるかもしれません。とはいえ、交際が浅いと「どういうつもりで誘ったの?」というところから、いろいろな疑念を持たれる恐れがあります。一人で観るか、仲の良い友達と観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー/ロリー・キニア

15歳以上は一応観られますが、いろいろな意味で、たくさん映画を観て免疫ができてから観るほうが良いと思います。というのも、映像が強烈なだけにそれだけで終わって欲しくない部分があるからです。ここまでの描写をすることにどんな意味が込められているのか、ぜひ考えながら観て欲しいと思います。

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー

『MEN 同じ顔の男たち』
2022年12月9日より全国公開
R-15+
ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト

© 2022 MEN FILM RIGHTS LLC. ALL RIGHTS RESERVED

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  2. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  3. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  4. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  5. 映画『蛇の道』柴咲コウ

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP